January 05, 2007

あけましておめでとうございます〜熊本日記 其の一〜

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年も引き続き、よろしくお願い申し上げます。

なにをって・・・情報提供を・・・(こらこら)。

昨年二月末に、うっかりできちゃって以来、なんとなく続けてきた拙ブログ。
おかげさまでワタシの食生活は、すっかり豊かになりました。
その為だけにでも意地でも継続するもんね、とあくまで自己中心的な決意を固めるワタシ。

年末年始は、中華街で買いこんだ月餅抱えて(オミヤゲ)、熊本の某山中で過ごしました。
ナニしてた?、って・・・オットの実家にいたんです。
基本的に「ナニもせんぐうたら嫁生活」だけど。
でもね、普段は上記から「嫁」が抜けるから、若干はアップグレードされていたかと・・・
あ、自慢にならん?
そうですね、そうでしょうそうでしょう(変に納得する)。

米焼酎の里。
だから、米焼酎浸り。
でも、義兄らお持ち寄りの芋も麦もたんとあった(嬉)。

え?
禁酒令??
帰郷とともに、自己責任のもと、自主解除いたしました。
せっかく手に手にいろんな焼酎を持って来てくれる、義兄さんたちに申し訳ないでしょう!

とりあえず毎日温泉通い。
オットの郷里は温泉の里。
山だからね。
追ってご報告します。

熊本に行く、というと、知らない人は「暖かい南で新年ですかぁ、いいなぁ」
などとおっしゃいますが、実は九州でも、山の中は結構寒い。
横浜よりも確実に寒い。

それにしても・・・「熊本空港の気温はマイナス三度」という機内放送が流れたときは、

「いったい何をふざけているのか・・・?!」

と思いましたが・・・機内放送は、ふざけません。
本当にマイナス三度。
借りた車の外気温表示に、キッパリそう出てた。
寒いよ、そりゃあ・・・ということは山の中に行くと・・・

翌朝はマイナス六度(地方全体の話だから、家の回りはもっと寒かったと思われる)。
16年ぶりだかの、異常寒波が迎えてくれた。
涙と鼻水がチョチョギレた、と思ったら氷柱になるほど、寒いったら寒い!
なぜだか毎年、到着初日と二日目に大寒波が襲うけれど、毎度驚き騒ぐワタシ。

昔から、どうも「悪天候低気圧」を背負って歩く体質らしくて、こういうことが起きると
「ああそうだっけ」と思い出す。
これが亡父からの遺伝。
こんなもんが本当に遺伝するのか?!、と思うけど、するらしいです。
いや、ホント。

ウチの父、逝った日に雪、密葬で雪、本葬で雪、初七日で雪、四十九日で雪ときて、
一周忌には三月というのに、記録的な大雪吹雪が東京近郊を襲ったものでした。
都内の交通網は全面ストップしましたっけね。
よく覚えてるよ、なにしろ悪天候下に都内某所に親族関係者が集まって、ゴクローにも
食事会なんかやったから。

集まった人が口を揃えて

「毎度雪だけど、食事が絡むと大雪ですなあ」
「あの人らしいですねえ」
「まさかと思ったら、やっぱりねえ」

などと、言っていたのを今でも思い出す・・・自分が異常気象に見舞われるたび。

ちなみに、悪食と喰い意地もセットで遺伝しました。
オトウサン、ありがとう。

と、亡父に感謝して(?)、本年始まりのご挨拶にかえさせていただきます。


ランキングバナー人気blogランキングへ
この本が結構「お役立ち」だった。
さすが熊本日日新聞、地元情報は細かい!

いい湯 日帰り 熊本の温泉と味ガイド



よみがえる日本の城 (12)

城もあります。

arima0831 at 16:36|PermalinkComments(21)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック