冬瓜

August 16, 2006

再び『大珍楼別館』・・・冬瓜だ〜うにゃ〜うにゃ〜

大珍樓
最寄駅:石川町 / 日本大通り / 元町・中華街
料理:広東料理 / 飲茶・点心
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:夕食


ここの料理には、なにかヤバイ中毒性のある薬草でも入っているのか、とにかく唐突に行きたくなってしまう。

行く前に「今日こそアレとコレとそれから・・・」とシミュレーションして行くが、ムダだ。
始終変わる壁メニューに、レギュラーメニューをみているうち、確実に理性を失ってしまうのだ。

今日はオットもつれて三名の予定が、高校野球見たさに家に居残り、ワタクシとオトモダチの女子二名となった。この店では厳しい人数だ。
だって、食いたいモノを相当厳選しなければいけないから…(泣)。

さて、今回のテーマは「冬瓜をもう一度」と「基本メニュー」。
特に、特に単品で頼もうと思うはずのない「チャーシュー」を、いっちょ頼んでみっか、と心に決めていたのだ。

前回食べた「冬瓜五目煮込み」にはいっていたチャーシューが、あまりに美味かったので、今回は単品オーダー!とコレは決めていた。

今回は、イ・ヌワン大珍奉行様を悔しがらせるべく、写真入りです・・・が、毎度のコトながらヘタレ携帯カメラなので、ご参考程度、で・・・。

本当は実況で携帯メールをドカスカ送りつけてやろう!と思っていたが、食べるのが忙しくてそんなイヤガラセをしている暇はなかった。
たぶん「丸玉食堂実況返し」が来て、日本の西と東で携帯電話というハイテク機器を用いた危険な内戦が勃発する危機をはらんでいた。
西は神戸の「消化器妖怪ベロリンワン」vs東は横浜の「アラブ帰りの消化器(あくまで他称)」と「四次元胃袋女子」の、ニ対一の熾烈な戦いである。

でも、美味は世界を平和にする。
写真は撮ったが、あまりに旨くてそんなことは念頭にも上らぬまま、ひたすら食べた。

チャーシュー前回食べた『冬瓜五目煮』にはいっていたチャーシューが、実になんとも美味かったので、もしやよもやと「チャーシュー」を単品注文。

なんと、しっかりと温められ、タレと香ばしく炒めた皮つきピーナッツを下に敷いて登場。

見事な三枚肉。
はっきりいって脂肪の塊だが「ニクヅキに旨いと書いて『脂』と読むのだ」と言うだれかの至言を思い出す(確か、よしながふみだ)。

イキナリ「おねーサン、香菜くださいっ!」と挙手し立ちあがるワタシ。
香菜と炒めたアーモンドをのっけて、タレに浸すと・・・初手から目が逝く。
そもそも香菜と肉の脂というのは、どうしてこんなに相性がいいんだろう?

茄子海老味噌次、茄子の海老味噌和え。

チャーシュー同様、特に壁にはってあるワケでもない、単なるレギュラーメニュー。
しかし、テーブルに置かれたとたん、類なき海老味噌の香がたちこめる。
二人はしばらく匂いだけで涎を流しておった。


「アリーマさん、食べましょうっ」
「おおっ!」

口にいれれば、瞬殺である。
旬の茄子が海老味噌の官能的なねっとり感を、爽やかに夏向けに柔らかく抱きしめているやうだ。

「んんん〜〜ん」
「いやぁぁ〜〜ん」
と、しばし旨さに悶える。
傍から見たらどうであるか、などという発想は、すでに消えうせている。
このヨロコビを全身で感じるには・・・と、もうそれだけだ。

例湯も登場。
ひとつ勘違いしてたが、どうやら「今月の例湯」は「冬瓜と鶏のスープ」だったのだ。
前回5分も悩むことはなく、どっちを頼もうが同じもんが出てきたのである。

でも、壷にとっぷりと入ってくる湯は、熱いうちはさっぱりと五臓六腑にしみ、ぬるくなるにつれ不可思議なほどに滋味と旨みを増していく。
酒のない人生など考えられないワタシだが、酒のかわりに例湯をチビチビ啜りながらお料理でいいぞ!と思う(イ・ヌワン様はよくご存知なので、写真なし)。

センマイこれもレギュラー・メニューの「センマイの葱生姜和え」。
タレがうまい。
山盛りてんこ盛りの葱の下に、センマイ。
その下は、シャキシャキのモヤシ。

まあ、最初の時ほどの感動はないにせよ、香菜をタレに浸したりして食べる。
美味しゅうございます!

ここの場合、タレがいちいち旨いので、とりあえず御飯やら香菜やらを横に置くと、一品が二度美味しくなる。茄子の海老味噌など、キャベツ千切りを別オーダーして、皿をキレイさっぱり拭ったらさぞや・・・と思ったが、他のものでトランス常態に入っているうちに皿は下げられていた。

意地汚いが、ここまでやるとお店の人も笑っている。

冬瓜あんかけスープがあまり「ドーンとトウガーン」な感じでなかったので、『冬瓜の蟹肉あんかけ』を追加。

濃厚ながらさっぱりと、しかし旨みが沁みる・・・なんて、月並みなことしか言えない自分が悲しい。

「夏はやっぱり冬瓜だねえ」
「冬瓜ですよねえ」

と、二人むせび泣きつつ遠くを見る(・・・ていうか、壁メニューに見落しがないか、若干残っている理性を駆使しているだけのことではある)。

二人ではしょせんこのくらいが限界ではあるのだが、やはり「御飯もの」はほしい!
と、いうわけで、『干し魚と広東風挽肉の炊き込みご飯』をオーダー。

炊き込みご飯1これがなんと、コンロにのって、こんな土鍋で登場する。

蓋を開けると、薄いハンバーグ状の「広東風挽肉」をメインに、諸々の具がのっている(写真なし。これだけで十分旨そうだった)。

運んできたお姉さんは、オモムロにコンロに火をつけ、醤油色のタレをザーッとかけまわし、全てをかき混ぜてから「チョットマッテクダサイ」といって立ち去るのだった。

炊き込みご飯2しばしの後、蓋を開けると、飴色の炊き込みご飯が出来上がっている。

「香菜もう一皿下さいっ!」と、立ち去ろうとするお姉さんに呼びかけると、振り向いてにっこり笑った(マッタクもう・・・と、呆れていた可能性もあるが、ここまで来ると全ては自分の都合のよいようにしか考えられない)。



炊き込みご飯3やっぱり香菜があう。
食べても食べても、いくらでも入って行くのが不可思議でさえある。
色は濃いが、意外にあっさりした味付けだ。





炊き込みご飯 おこげこういうのもので、楽しみなのは「おコゲ」の部分。

ああ、香ばしい・・・。
こげたものは発がん性があるとか何とかいうトリビアは、もうトリビア以下の枝葉末節である。
リビアだって最近は平和路線に向かっているから、いいんだわい。


そこまでにもちろん、チャーシューとそのタレは残してあった。
自分のお茶碗の底に、チャーシューを一切れとピーナツを入れ、あっため直しながら食べる。

やっぱり、ゴハン、香菜、ピーナツにチャーシューの組み合わせは、下世話だがスバラシイ。

かくして、また二人だけで馬鹿食いしてしまった。
でも、やっぱりここは二人では悲しい。

ああ、カエルがあった・・・。
豚バラ南乳揚げを食べ損なった。
海老が食べられなかった。
あ〜〜、今日こそ「マテ貝」と思ってたのにっ!!

あーだ、こうだっ・・・と、お腹をさすりながら未練たらたら。

四名・・・出来れば8名くらいでいきたい・・・。

25日夜か26日昼・・・と、予定はしているんですがね・・・。

尚、ここはなぜか決して並ばないが、夏休みという季節柄か6時ごろ混みはじめて、7時ごろはほぼ満席に近かった。
8時ごろには一段落していたけれど、20日までの午後通し営業中は夜10時で終わるらしいので、7時前後の場合はやはり予約が無難。

ただし、予約は4名様から。

え?
わたしたち??

5時過ぎにはいって、10時近くまで食い続けていました・・・。
こうなると、食事も格闘技に近くなる。

帰り道・・・

「アスファルトが、沈んでる〜」
「重いです〜」
「あ〜〜うまかった〜〜」
「おいしかった〜〜〜」
「くるし〜〜」
「くるしいですね〜〜〜〜〜」

という、すでに思考回路は遠くに負いやられた状態で、ちょいと腹ごなしに歩いたが、歩くのも辛くなって、飲みにいってしまったのであった。

「自堕落」という三文字が脳裏を掠めたが、あまり深く考えないことにした。


ランキングバナー人気blogランキングへ
カエルを食べたいのに、いつも忘れる。
でも今回は、イソップ童話の「空気を吸い過ぎてお腹がパァンと弾けてしまいました」のカエルをつい思い出してしまった。

そういう時、カエルを食べていたら、カエルのお腹がパァンとはじけて、カエルのホネが・・・とかつい考えたワタシは、単にトランス常態に入ってただけです。


shao 中華鍋
お洒落な中華なべ。食卓に出せます。

【送料無料】モロッコ・タジン鍋(大)
全然関係ない、モロッコのタジン鍋。


arima0831 at 01:01|PermalinkComments(15)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 05, 2006

『大珍樓 別館』再び・・・! 冬瓜の季節です!!

大珍樓
最寄駅:石川町 / 日本大通り / 元町・中華街
料理:広東料理 / 飲茶・点心
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


考えてみたら、今日から週末。
意外と知られておりませんが、ここのお店は週末だけは「午後から通し」で営業してます。
皆様、ご参考までに。

さてそれで・・・

某ハマのジャニーさん(?)の命で、にわか結成された中年ユニット『中華街アミーゴ』の相方と、

「あ〜冬瓜の季節・・・」
「大珍いって、くわなくっちゃあ!」

と、いうやり取りがあった晩、ワタシは裏切りにあった。
勝手にいって喰ってきくさったのである。
許せんな。

「例のやつら」に追われなくなったとたん、身内の裏切り・・・。
裏社会の掟を破る不届きな行動の罰として、アリゾナの砂漠のど真ん中に飛ばして毎日「今日は鰻重」「今日はオムライス」「今日は天ざる」などというメールを日々書き送ってやっている今日この頃である(単なるいぢわる)。

ワタクシゴトはともかく、衝動的にお友達と大珍楼再訪。
今回は二名だが、とにかく「冬瓜」をいち早く食べねば気がすまない。

壁メニューは一新されており、冬瓜もいろいろ。

中でも目を引く「冬瓜と鶏のスープ」には「夏バテ、糖尿病予防、肝機能強化云々」と、
「きょうのあなたのために」と言わんばかりの「注」まで書いてある・・・が、

ここは心を鬼にして「冬瓜と叉焼とアヒル卵の旨煮」に決めた。
だって、例湯も頼みたかったんだもん。

軽く肩ならしには「空芯菜の腐乳炒め」。
「ふにゃぁん」
「いやぁん」
と、二人身をくねらせる。

たまりません。
ここの炒めもんは、ドウシテ何故いつもこんなに美味しいの?
当たり前のような顔をして出てくるんだけれども・・・。

腐乳の臭みが空芯菜と炒めた結果「旨み」に化けてる。

まだまだ、これからよぉ〜、と出てきました冬瓜の旨煮。
ああ、旨煮・・・うまく煮るから旨煮。当たり前だ。
でもこれは、ウマーウマーウマー煮。

なにしろ、ごっそり入ってる叉焼がただものでない。
脂身多目の叉焼から染み出すパワーを、優しく冬瓜がすべて受け止めて包み込んで、そんでもってアヒルの卵がアクセントになって、その辺のとこをこっそり「干ししいたけ」がじんわり滋味に・・・タマリマセンワ。

お待ちかね、お楽しみの例湯も、今夜は鶏と冬瓜に大麦が山ほど。
熱いうちはサッパリと五臓六腑にしみてゆき、ぬるくなったらなったで別の味わいがうまれ、冷えてしまうと何故かトロリンと軽いとろみが。

「コラーゲンだわ〜」
「コラーゲンですね〜」

と、二人最後の一滴まで、鍋をひっくり返して啜りこむのだった。

当然、香菜は無料サービス。
お料理の残った汁に、香菜を混ぜくって食べるのです。

さて、大珍ではもう決して忘れてはいけないメニューとなった「酢系」。
本日は「家鴨五杯酢」。

ううむ、前回の鴨のほうが肉自体は美味しかったかも・・・と内心思いつつ、下のほうに転がってた茶色い塊をつつくと…なんとジャガイモ。
この芋が、五杯酢タレを全身吸い込んで、煮崩れもせずにしかしホックリ・・・。

「芋ってえらいですね」
「うん、芋って、えらい!」

尚、二人とも一品目の空芯菜からトランス状態に突入して、顔はエヘラエヘラ白痴状態。

お口直しに順序は違うが、冷菜の「砂肝香菜和え」と「しめじの香菜炒め」。

砂肝はひんやりとして気持ちよい。
ものすごく丁寧な下処理をした上に、ちょうどよく茹でて、しかも本当にちょうどよい食感になる厚さに切りそろえてある。
こういうのが「普通です」という顔で出てくる。
しかも山盛り・・・1千円くらいだったか?

炒めもののうまさはいうまでもない。

さてここで、こういうときだけ神が下りたように正気になる、大珍奉行イヌワン様の声が聞こえる・・・
「ごはん類を喰わずに大珍を去るなど許されんっ!」

オトモダチはさすが28歳。
可愛いお顔にひそやかな決意をにじませて「食べられますっ!」といっている。
で、干し魚のチャーハン・・・ああ、何故まだ入っていってしまうの・・・??

ちなみに彼女は、元人類学専攻でモロッコが専門、と判明。
(喰うのに夢中で、互いの身の上はあまり突っ込んでなかったのでした)
お話も大変美味しい。

かくして夜はあっという間に更けて行ったのでありました。

尚、ご参考までに、その日の料金は一人5千円程度、でした・・・二人で1万ちょっと。
でも、やっぱりここは4人はほしい・・・せめて三人いればあと2品は・・・と、思う。


ランキングバナー人気blogランキングへ
例湯の出汁にしてあげるから、いぬわんクンは早く帰っていらっしゃいね。
でも、できるのは「犬も喰わないいぬわん例湯」か・・・?
しかも『犬喰い』ブログは閉鎖・・・シャレになりませんね・・・。


☆青島皮蛋5ヶ入チンタオピータン

台湾松花ピ―タン12個セット
考えて見たら、ここのお店では、ピータンとかチャーシュ−みたいな「普通のもの」を軽くスルーしていたけど・・・次回は基本に立ち返ろうか?!
(写真は楽天のお取り寄せです、単なる・・・)



arima0831 at 00:20|PermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック