及第粥

February 14, 2008

香港再び!〜正斗粥麺専家で絶品皮蛋及第粥など〜

結局、一泊のマカオ滞在「ファラオの復讐対策の復習」で半分消えた。
なかなか面白そうな街なので未練たらたらだが、いいところだとわかったのだから、また来ればよいことだよ、と自分を慰める。

アタリを引いたにせよ引かなかったにせよ、一泊ではせわしいだけだ。
今回それを改めて痛感した。
二泊しなくちゃね、やっぱり。

香港に戻って、ホテルに夕方チェックイン。
まだ本調子とは言いがたいが、昼に多少胃腸に優しいものを食べられたのが良かったらしくて、前の晩や朝方と比べればかなり元気だ。

夜はやっぱり「麺粥だろうなあ」と、再びハッピーバレー地区を目指す。
ホテルから車ですぐなのだ。
特段何の変哲もない住宅地だが、落ち着いていて動きやすい。

正斗正斗粥麺専家。
店内は粥麺屋というよりはレストラン。
そこそこ大きな店が
9時過ぎに行ったら満席だったので
店内でちょっとだけ待つ。

香港の夕食時間は、日本より遅めらしい。
そのせいだか、ありがたいことに店の営業終了も全体に遅い。
ここも深夜まで営業との由。
構えでわかるとおり、麺粥専門店としては結構な高級店らしい。

麺ワンタンメーーーン!
と、思わず叫んでしまった。
スープが一瞬結構「海老クサイ」が
啜ると全然コクが違う。
奥行きのある上品な優しい味。

こりゃ、ウマイぞ。
けっして安い店ではないのだが、その価値はあるみたい。

オット「朝喰ったのと同じくらいウマイ」とのたまわる。
面倒くさいので突っ込みは入れずに黙って麺を啜る。
ワタシは病み上がりなのだ。

及第粥皮蛋及第粥。
モツが山ほど粥の池の底に沈んでいる。
ピータンもごっそり。
数日前に食べた及第麺
モツの処理が悪くて生臭かったのだが・・・

・・・ここのモツは、きちんと処理されていて食感も味も上々だー(喜)
ワンタンメンの倍近い値段で、たかが粥がHK$50。
どうかなあと思ったが、高いだけのことはある。
中華街の粥屋と大差ない値段だ、とか無粋なことは言わぬが花だよ。
量もかなりしっかりとある。
うまいぞウマイ。

カイラン腸粉





すっかりクセになったカイラン菜の蛎油あえ。
ついでに腸粉も頼む。
昨夜海老と化した恨みをこめて「海老入り」にした。
モッチリした腸粉に包まれて、大ぶりの海老がプリプリ口で弾ける。
やっぱり叉焼入りのほうが好きだが、これはこれで悪くないのだ(嬉)。

もやし河麺もやし河麺





もやしと肉の炒め河麺。
河麺は米粉でできたきしめん風の幅広麺で、意外にモッチリした食感。
見たところ地味なのだけれど、モヤシと細切りの豚肉にちょうどいい具合に餡が絡んで、かなりの量なのに箸が進む。

ここまで料理にハズレがなければ、なんかもうちょっと食べたくなるぞ。
ふふ、スイーツ行ってみよう!

スイーツ2スイーツ3





左は蓮の実入り小豆のお汁粉。
右は黒胡麻のお汁粉。
どちらも温かい。

蓮の実がホクホクして、小豆の食感と相性よい。
これは体に沁み込むような気さえしたのだけれど、後で調べたら蓮の実にはお腹を温めたり傷んだ胃を治したりする薬効が、小豆には毒だし作用があるそうで、ウマイと思うものは体が求めるものなんだなあ、と実感した。
黒胡麻も美味しいのだけれど、このときの胃腸にはやや重い感じ。
でも、どちらも甘さ控えめでウマイのだった。

この店、なにを頼んでも味付けがくどくなくて、なかなか美味しい。
有名な店なのだそうで、次から次へと人が来て盛況だ。

なんだか人心地ついた感じで、ほっとした。
体調を崩して回復しようという時は、消化のいい美味しいものに限る。
これが普段の倍ウマく感じるから、嬉しい話だな。

なんだかんだと結構量が食べられた。
食べるごとにぐいぐい元気になってくる実感があるから不思議だ。
食べ物が体に合うのだろうか。

翌朝の「朝飲茶」に備えて早寝をした。


ランキングバナー人気blogランキングへ
体調が悪いときこそ旨いものってあるもんだ。



蓮の実。鎮静作用もあるそうです。

北京のやさしいおかゆ―やさしく作れて体に優しいおかゆレシピ


arima0831 at 14:20|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote