吉田町

December 16, 2007

吉田町『隠れた名店』で魚を喰う

「魚が魚が魚が食べたい!」と、オットが言い出した。
突然言われても困るが、確かにワタシも魚が食べたい。
しかし、あれだこれだをすべて家で用意しようとなると、事前の仕込みが必要なのだよ。急にそう言われてもねえ。

「どっかないのか」

おお、お出かけですか〜♪

れれれのれ・・・といっても、寿司屋だ料理屋だに出かけるのも面倒だ。

お、そういえば、あそこの魚屋の上に直営の居酒屋があったな・・・

隠れた名店
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:刺身 / 寿司 / 居酒屋
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


吉田橋を野毛から渡って、吉田町側にある三角角地の魚屋二階。
店は確かに隠れ気味だが、店名がスゴイ。
この際、ネーミングの真意は問わないことにしよう。

お通しお通しの煮蛸。
蛸が柔らかくてウマイ。
蛸だけもっとほしくなるが
今日のお品書きにも定番の肴がいろいろ。
一品600円〜800円くらいと値段も安い。


あんきもぶり煮付け





あんきもと鰤の煮付け。
大きく切ったあんきもに、思わずビールが酒に変わる。
煮付けはかなり甘いが、量は大盛り。

酒酒はこんな風に
大振りのロックグラスで出てくる。
種類もいろいろ。
厳しくこだわっている感じはないが
そのほうが気楽でいい時もありますね。

カキフライ下の店をのぞいたら
大振りのいい牡蠣を山ほど売っていた。
この牡蠣も大きい。子供の握りこぶしほど。
衣がちょっと硬いものの
噛めばジュゥゥと汁が溢れる。

700円ならスバラシイと言える。
カキフライは衣や揚げの技術も大事だが、やっぱり牡蠣自体が主役。
生食できる牡蠣に敢えてちょっと火が入りました、なんていうのが最高だ。
ワフワフと瞬間で食い尽くしてゆく。
カリカリした衣もこれはこれで悪くないのだった。

刺し盛り刺し盛りへの期待が盛り上がるが・・・
魚屋さん直営にしてはちょいと寂しい。
量か質のどちらか頑張ってほしい。
「オマカセ」で刺し盛りよりは
単品がよろしいようで。

あなご穴子の煮つけ。
やっぱりちょっと甘い。
この店の煮付け系は甘口らしい。
煮魚は甘味が薄いほうが好きだが
これは好みの問題だろうなあ。

巨大な脂の乗ったホッケの干物600円などなど、他にも数品食べて日本酒数杯飲んで帰路につく。
勢いよく結構食べたような気がする。
何しろブラックホール同伴だしなあ。

表の雰囲気から「いかにも大衆居酒屋」な店を想像していたが、中は意外や落ち着いた雰囲気。
別に店内が小奇麗でなくてもワタシラはかまいませんがね。
質より量と値段の店だけれど、こういう気楽に魚が食べられる店はありがたい。

結構固定客も付いているようで、店を出るころには店内盛況だった。
ちょっとした一人鍋系もあるらしい。
また気楽に魚が食べたくなったら来ようと思う。

夕方4時開店だから、遅い昼食兼軽く一杯にも使えそう。
なんといっても、ダレてるときに他の人が作ってくれたもんはウマイのだよ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
嗚呼、カキフライ!



広島産焼き牡蠣&穴子セット!


牡蠣礼讃 (文春新書)

真面目な牡蠣の本。


クリスマス・ソング集

探すと案外ない、クラシックなクリスマスの歌。
やっぱりいいものです。

arima0831 at 21:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 03, 2007

吉田町『焼き鳥 安兵衛』 普通に和める焼き鳥屋

焼き鳥 安兵衛
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:居酒屋 / 焼き鳥 / 串焼き
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:デート


吉田町というのはなんだか不思議なところだ。
もともと横浜の人間でないワタシにすると、なんだか野毛の延長のような気分なのだが、
エリア的には独立している。
伊勢佐木町ともつながっているようでいて、空気感がどこか違う(混じっているけど)。
実は「横浜のモンマルトルを目指す!」という理念(?)もあったりするそうだ。

HPもあって(こちらをどうぞ)、こうしてこの区画だけ改めて眺めていると、確かにモンマルトルかどうかは別として独特の空気はあるかなあと思う。
ちなみに、ワタシの食生活になくてはならぬコテイベーカリーも、先代は吉田町で修行をされたとやら(こちら参照)。

と、しみじみした様子だが、この日はなんのこたない、焼き鳥食べに行ったのである。
焼き鳥は好きだけれど、何故かそうしょっちゅうは出かけないので、この『安兵衛』に寄るのも年数回程度。
野毛辺りは、焼き鳥事情はかなり充実しているので、よい店が山ほどあるのだが、
たまに出かけるとなると慣れたところに足が向く。
この店だと串に刺した肉ばかり食べ続けなくても、他の肴も色々あるので長居しやすい。
煮込みも旨い。
今日つき合わせたオットは、一人で抱え込んでオカワリしていた。
おいおい。
ついでに三丁めの冷奴を頼もうとするので、豆腐サラダにさせた。
こらこら。

もちろん焼き鳥だって旨い。
もっと旨いところが・・・と言われれば、まあそうかもしれないなあと思うけれど、
ここのトマト巻きなどを、プシュ、アチチなどとやっていると和むのだ。
季節外れだろうが構うものか。
トマトに鶏が巻いてあって、噛むと汁が飛び出す。

なにより、ここのカウンターが好きだ。
単に肌があう、ということなのだろうけれど、妙に落ち着く。
家族経営で、つかず離れずのんびりした接客も気ぜわしくない。
けれど、決して空いているわけではなくて、いつも結構混んでいる。
活気はあるけれど、ぎゃあぎゃあうるさいリーマンの3〜4名などは不思議といないのだ。

それにしても、スーツのオトコが三名以上寄り集まると、どうして独特のフシギな
テンションになるのかね、と思う。
なにしろ声がでかくて話が丸聞こえだし、その話がこれまた判で押したようにオンナジ
「XX君がドウシタ」「OO部長がナンダ」「いやいやキミは素晴らしいな」的な、
オバサンのご近所井戸端会議の社会人版だ。
あくまで三人以上のときに限る。二人だとお静か。老若問わず。
これをワタシは勝手に「サンリーの法則」と呼んでいるけど、別に何の足しにも
なりません、ハイ。

お勘定をして出るとき、ご主人に「強いんですね」と言われた。
「ん?」と思ったら、ビール数本のあと焼酎のボトルが空いていた。
夫婦二人で、特にテンションの高い会話をするわけでもないのに、いつの間にか
腰を落ち着けてしっかり飲んでいたらしい。

この軒の低い一角も再開発の魔の手が迫っていて、どうもそう遠くない将来に移転か、
という話だ。
たまにしか行かないくせに、こういう話を聞くとたいそう寂しい。


ランキングバナー人気blogランキングへ
冬の焼き鳥はやっぱりいいなあ。






arima0831 at 10:04|PermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック