大根パイ

January 18, 2008

香港ほにゃらら記 其の六 〜再び飲茶・・・ほどほどに・・・〜

三日目。スターフェリーに乗って九龍側に渡る。
どこを目指すわけでもないが、まあどっかで「ほどほどの飲茶」をしたい。

フェリー乗り場の辺りは、香港島側も九龍側も軒並み「みなとみらい化」しているので驚いた。コンクリートでお洒落に人工整形された小奇麗なショッピングセンターやエンタテイメント・コンプレックスなどが立ち並ぶ。
まあ好みの問題だから文句を言うのも妙な話だが、はっきり言って面白くもなんともない。

でも、ネイザン・ロードに入ると少し「面白い匂い」がする。
そういえば、20年前は九龍側の尖沙咀(チムサツォイ)辺りのホテルに泊まったのだった。当時はもうちょっとばかり「ぴりっと危なげな空気」があったように思うが、昼間のせいだか至って平和な雰囲気。

香港島側よりも、何故かこちらのほうが神経が休まるような気がする。
なぜだろう?

で、ぶらぶらモードに入りかけたら、カラータイマーが鳴り出した。
そう、実はここまで書かなかったが、香港行きの飛行機の中でオットは腰をおかしくしていたのである。だから到着以来、一応動けるけれど制限付きなのだった。
ピコピコと赤い光が点滅し始めるのを感じたら、即座にどこか落ち着き先を探さねばならない。
それでもあくまで仲良く二人で出かけるのは、一人じゃあ食べられるものの量と種類が限られてくるからだ。この場合やむをえない。

お腹も空いたし、どこか・・・と思ったら、ミラマー・ホテルの前に来た。
ここの飲茶は「少油少甜(油分糖分控えめ)」とどこかで読んだっけ。
でもホテル内の飲茶じゃツマンナイから、どこか面白そうな店を探そうなあ、とは思っていたのだけれど・・・

しかも店名の『翠亨邨茶寮』というのが微妙。中華街にも同じ名前の店があって、昔入ってげんなりしたことがあるのだ。
中華街のはショボい店だから、まさか系列ではないはずだが・・・ううむ。

でも、他を探すのも面倒だし、ピコピコ点滅頻度が加速しているので入る。
ホテルではなくて、ショッピングセンターのほうの一階にある。

中に入ると、なんだかホテルの巨大宴会場のようなレストランだ。
飲茶メニューはやけに数が少ない。
前日の『誉満坊』の三分の一くらい。
ぶつくさ文句を言うワタシに「ほどほどを心がけるのだろうが」と
オットのジャブが抉るように入ってくる。
確かに品数が少なくても、端から端まで全部食うわけじゃないのだ。
選びやすくてよろしいですわね、と喜ぶべきなのであろう。
そーですわ、そーですともっ!

モスラちびモスラ集合
・・・ではなく「大根パイ」だ。
うっすら甘い大根を煮た餡が
サクサクのパイ皮に包まれて出てくる。
中のブチュッとした餡もモスラっぽい(?)

でも、これが結構ウマイ・・・♪

まあ中華街でも同じようなものを食べたけれどね。
大根の餡というのがなかなかイケる。
温めてあるので、サクサクしたパイ皮とねっとりした餡の食感がいい感じに増すのだ。うふふ。

中華街こっちは中華街『京華楼』の大根パイ。
ご参考までに。
味はミラマーのほうが薄くて
パイ皮も軽かった。
餡の味も薄めでいい感じ。

店の雰囲気からはまるで期待薄だったが、店の構えにしてはそう高くないし(前日の店より安い。あそこは結構高いほうらしい)、ちょっと期待が高まってくる。

揚げ豆腐揚げ豆腐のタレかけ。
豆腐がうまい。
味が濃厚なのだ。
醤油ダレが大豆の味に
しっかり絡む。

結構量はあったが、するするとイケた。
香菜の追加を頼むと、お姐さんが「?」となりつつ持ってきてくれた。
季節外れだからかもしれないが、意外に店で香菜を見かけない。
香港だから香菜まみれ、というのは間違ったイメージだったらしい。
根拠、なかったがな。うにゃ。

腸粉小龍包





オットこだわりの一品「叉焼腸粉」。やっとありつけて嬉しそうだ。
蝦の入ったやつが人気らしいが、うっすら甘味のある叉焼のほうが腸粉と合うような気がする。
その隣にあるものは・・・別にわざわざ香港まできて喰わなくてよいと思う。
もうやめなさいよ!と理性は命ずるのだが、いつの間にか卓上にある。

水餃子水餃子2





ついでについつい反応してしまう「水餃」の二文字。
もうこうなると「性(サガ)」だな。
やけに大きな水餃子がスープにどっぷり浸って出てくる。
中は挽肉など。
「なんだ・・・」と思うが・・・っ!
このスープがサッパリ薄味で結構うまい。
水餃子の固定イメージを捨てれば面白い点心だなあ。
ここは香港なんだから、水餃子にこだわるのはやめよう。
ましてや飲茶の店では。
似たようなことを日本でも繰り返しているのではあるが。

以上である。
こんだけー?
ホントにこんだけーー!
・・・だが・・・デザート分は別なので、セカンドコール(?)に入る。
こういうオーダー方式飲茶の場合、セカンドコールをかけると決まって不思議そうな顔をされるのだが、妙なことをやっているのだろうか?
甘くない点心とデザート点心をいっしょくたに頼むのも、どうも不自然な感じがするのだけれど。
香港の人がどうしているか知りたかったが、夢中で喰ってる間は周囲に目など行かないので未確認。

エッグタルト亀ゼリー





かわいらしいミニ・エッグタルト。上にプヨプヨ載っているのは燕の巣。
タルト自体も上品で、路面のものとはまた違う味わいなのだが、この一見どうでもよさそうな燕の巣で食感に一捻りはいる感じ。
うっしっし。

温製亀ゼリーも。
蜜が添えられて出てくる。
不思議な漢方系のほろ苦味が体に沁みる。
そして、胃がさっぱりする。

モウチョットタベタイ・・・と未練たらしくオーダー用紙を見つめるが、オットににらまれてスゴスゴと席を立つ。
まあ実際、このくらいにしておくのがよいのだろうと思う。

しかし、予想外にくどさがなくて旨い点心だった。
量もね、このくらいがちょうどいいんですよ・・・。

そうそう、ここは店の人もテキパキ動いているのに嫌味がなくて、テーブルについたお姐さんは大変優しくて親切。
クイスギで苦しむこともなく、気分よく出てくる。

香港はどこもサービスが荒いとよく聞くのだけれど、ワタシラが呆けているのかなんだか、特に不愉快な思いはまるでしなかった。
まあ熱烈歓迎的密着サービスではなくて、そっけないといえばそっけないのだけれど、路面の店でもそこそこいい店でも特に不快感を覚えるほどのことはない。

やっぱり呆けてるだけだろか?
たぶんそうなんだろな。

呆けついでに付け加えると、この店の支店は泊まってたホテルの辺りにもあったらしい。美味しかったからまあいいがねえ。

ランキングバナー人気blogランキングへ
そして、夜にはずぶずぶとスイーツの沼に嵌っていくのだった・・・。



亀ゼリー。中華街でも売ってます。実は「身体に蓄積された余分な熱や毒素を排出する働きがあり、他にも整腸作用、コラーゲンたっぷりで美肌をサポートするなどの効果がある」そうだ。


香港路面電車の旅―トラムには香港のすべてがみえる窓がある

なんだか面白そうな写真集。

arima0831 at 19:38|PermalinkComments(16)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote