寿司

December 23, 2007

浅草『寿し処つばき』で口直し 〜泪の今月閉店!〜

寿し処つばき 
最寄駅:浅草 / 田原町
料理:寿司
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:夕食


のたりくたりと「う」な午後をすごした後、浅草に向かう。
同行アパ経がよく行くらしい、しっくり落ち着いたお酒も出す喫茶店で数時間をのんびり過ごした。ここは夜はかなりしっかりとお酒も出るらしいのだが、雰囲気にいわゆる「飲兵衛の集う柿臭さ」はない。
横浜ってこういうお店をあまり見かけない。
住んでる場所が悪いのかね?

などなどとぼんやり思いながら、シュナイダー・ヴァイセというドイツのビールを飲んだ。うまかった。

さてここで考えるのは「なにで〆ようか」なのであった。
アパ経は「やきとり?」などと言ってるし、彼女が進める店ならばさぞかし・・・とは思うものの、ナニカもっと違うものは・・・と思いつつビールを飲む。

うどん?
そば?

と言っているうち、お店の人もアパ経も懇意なお寿司屋さんが、今月いっぱいで閉店という話になる。

「スシ」と呟いたところ、なんとなくしばし後にはソッチに移動していた。
まあ、脂ののったものを山ほど食べたので、口直しにはよかろうよ・・・。

お店は実に普通な「街のお寿司屋さん」の構え。
ご近所ご用達の庶民的なお店、という感じ。

お通しお通しは、いかげそと里芋の煮物。
地味なルックスだが
いかを噛むとジュワァと旨みが溢れる。
ううう、これオカワリ・・・と
口走りかける。


刺し盛り刺し盛り。
いつぞやウチの近所で食べたもの
比べるのは酷というものだろうが
どうも値段は大差ないのだ。
しかし・・・


ホッキ貝は甘い。口に甘味が溢れるのだ。
煮蛸は生とは段違いの風味。
サヨリの酢締め・・・サヨリって、こんなに旨い魚でしたっけ?
トロは蕩けるしなあ。

浅草、オソルベシ。
これが「庶民店」のレベル?

寿しお寿司をオマカセで二人前。
ほどよい酸味と甘味の酢飯が
見事にぴったりしっくりと
ネタに馴染んでいるのだ。
ごろごろろん、と喉がなる。


一個いっこ、それぞれに一仕事一手間かかっていて、魚を生のまま喰うのは無粋だ、とすら思えてくる。
さすがは江戸前の本場だねい。

一番素敵だったのは、甘いツメを塗ったイカ。
一見野暮ったいほど濃い色のツメの甘さとちょっと火の入ったイカの甘味に、ほどよい酢飯がよりそって、素朴なのにしみじみいつまでも噛んでいたいほどの旨み。
にゃおうん。

どれもこれも、一個一個がしみじみ口福だ。
ただのカッパ巻きまでが、なんともいい具合に口の中でほぐれて、胃の腑にするすると落ちる。

実は『尾花』以上に「絶対また来たい!」と思う店だったのだが、ああなんと悲しいことに、諸事情で今月いっぱいで閉店だそうな。
ああ、なんてこった。

最終営業日は31日。
それまで休みなし、との由。

それにしても、これが浅草庶民スタンダードならば、やはり浅草ってすごいところだなあ、としみじみ思った。

なんとかもう一回行けないかしらん・・・。
横浜から浅草って、実は京急から都営浅草線の一本ですんなり行けるのだ。
思ったほど遠いところではないのですよ。

するすると幸福に食べたものの、翌日は結構胃が重かったが。
クイスギのつけ、この頃はあまりに素早く胃腸に来るので困る。
やれやれ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
やめな〜い〜で〜〜(泪)





案外お役立ち。




クリスマスの次は・・・おせち?





arima0831 at 01:20|PermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 22, 2007

横浜東口『すし遊洛』@スカイビル 〜回らぬ回転すし〜

すし遊洛
最寄駅:横浜 / 新高島
料理:寿司
採点:★☆☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:昼食


休日、スカイスパでオットと骨休め。
車なのでビールは飲めないにせよ、風呂上りでお腹が空いた。
「あ、お店がある!」と、10階で降りて素直に喜ぶオット。
「ラーメン屋とかはあるのかなあ」

スカイビルあたりで食事をするのは初めてなのだが、まあこういうところに大きな
期待はない。
だから、さっくりラーメンが一番・・・と思ったら、長蛇の列だ。
10階までエレベーターに乗って、さらに並ぶ若者らに混じる気力が、まったり風呂上りの
中年夫婦にあるはずはない。

あたりを見回すと、どこも各種ランチセットが平均1500円ほど。
なんだってこんなに高いんだ?!と、最近すっかり川崎相場が染み付いているので驚く。
「物理的に高いところは値段も高い」という法則に支配されているのだろう。
まあ、そんなものなのだろう。
この調子で28階などに上がると、基本価格倍以上らしい。
実に数学的にバランスの取れた価格体系・・・っていうか、なんていうか・・・。

すると目の前に、そう混んでいない寿司屋が出てきた。
セットの料金がこの辺では一番安い。
寿司屋なのに、ラーメン屋並み(ラーメン屋も高いのでね)。
「カワハギ」などという文字が眼に入ったらもうイカン。
カウンターになんとなく二人並んでしまうのだった。

たけのこたけのこの田楽焼き。
味も香りも薄いタケノコに、べっとり甘い味噌が・・・
そもそも、これをオーダーするまでに結構時間がかかった。
誰も注文を取りに来ないのだ。
そして、出て来るまでにまた延々と待つ。
うにゃ、という萎えた気分が頭をもたげる。


テンプラタケノコと桜海老のてんぷら。
タケノコは普通の天麩羅になっていて、
タケノコの味がする。
でも、桜海老の掻き揚げ風は・・・
ご家庭でももうちょっとマシに出来そうな・・・
やれやれ。


かわはぎ萎えた気分が写真に現れています。
シャリは小さめで、ボロボロしないだけ
回転寿司で変なお握りみたいな寿司を食べるよりは
多少マシなんだろうが・・・ネタも萎えてる。
目の前の板前は、呼んでも返事をしない。
悪意はなくて、単に目の前に注意が向かないだけらしい。


タイラガイ萎えたタイラガイ。
一貫260円くらいだから、まあ要するに
「回ってない回転すし」なわけだなあ、
とやっと理解する。
理解、遅すぎ。
気づけば食べた寿司の皿が積み上げられてる。


下げる気配がないところを見ると、あとでこの枚数でも数えるんだろうか。
それならば最初から「回ってない回転寿司」のスタイルで徹底してほしいなあ。
やれやれ。

茶碗蒸しオイシイ茶碗蒸し。
イクラが乗っててキレイですね。
ご家庭でも・・・とか考えないことにしよう。
考えてもしょうがないしね。
お茶の差し替えはここまでに三度。
なぜわかるって・・・湯呑みがそのまま置いてあるからです。

「まさか、湯呑みの数を数えて料金がつくようなシステムもあるのかなあ」と、
オットが呟く。
「ううん、どうなのかなあ」と、目の前に並んだでかい湯呑み三つをじっと見つめる。
「でも、アナタの湯飲みは下げてあるから、そういうことはなさそうだよ」
「サービスかなあ」
「いや、ここまで手が届かないんじゃ・・・」

板前氏は耳が遠い(若いのだけれどね)ので、こんな会話をボソボソ交わしても、
場の空気が壊れることはない。
気楽でよろしいんじゃないでしょうか。

その他スシなんとなくその他いろいろ。
回転すしと思えば、それほど腹も立たないのだが、
横に積みあがるプラスチックの寿司下駄が
ちょっと目障りになってきたので
帰ることにする。



お勘定は一人3500円ほど。
まあ、回転すし価格だ。

こういうところで、寿司お好みなどという衝動に駆られた上、衝動のままに行動した
ワタシタチがいけないのだ。

出掛けに店先のパンフレットをのぞいたら、経営は『京樽』だったことが判明した。
かなり萎えた気分ではあったが、何かひとつ納得がいったのは嬉しいことだった。

この手のショウモナイ店って、必ずシンプルに納得がいくような資本が背景にある。
面白いですね。馬鹿馬鹿しいけど。


ランキングバナー人気blogランキングへ
寿司悔いね〜♪



お寿司キーホルダー、鉄火とカッパ巻き。
イクラだのマグロだの、シリーズで色々あります。外国の方のお土産にいかが?

すしの蘊蓄 旨さの秘密

スシを科学的に検証する?! でも、この本、なかなか面白いんです。

寿司おたく、ジバラ街道をゆく

寿司屋の頑固オヤジとうまく付き合うには・・・ある意味必要なノウハウ本かしら。

arima0831 at 18:03|PermalinkComments(17)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote