平沼橋

November 16, 2006

平沼橋『キッチン・ミエール』 ステキなハンバーグ!(おお、なんとこんなところに)

キッチン ミエール
最寄駅:戸部 / 高島町 / 平沼橋
料理:フランス料理 / 欧風料理 / パスタ
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


カレーうどんに振られ、刀削麺に裏切られ、期待して行った中華街の店でメニューが変節。
そして、冷え切った心をKIKUYAの新作カレーで癒してもらった結果
「お食事は計画的に」
という貴重な教訓を得た。

どうも債務超過状態な気分の今日この頃だ。
だから今回は、大変計画的にランチをいただく。

カレーうどんの店と同じ平沼商店街にあった、この小さなビストロ。
あの日『グリルつくし』に向かう途中、なんだかいい感じだなあ、と気になっていたのだ。
ただ、あの日はどうもずいぶん混んでいるようだったし「カニクリームコロッケったらカニクリームコロッケ!」と斜眼帯をつけた馬のような心理(?)だったので
「ふうん」と店の前でユビを咥えるだけに留まった次第(まっすぐ走れよ!)。

これは、久々のヒット!
ホームランとまでは言わないが、新庄がタイムリーに放った二塁打くらいの価値はある。
そう、良かったんですよ!!
きゃっきゃっ。

店に入ったら、カウンターの向こうのシェフと目が合った。
「いらっしゃいませ!」と、満面の笑みが返ってきた。
マダムは「お好きなところへどうぞ!」と、明るい声。

店内は木造りで、気取っていないが落ち着いている。
気持ちが和む。

まったく、こういう所謂「ファースト・インプレッション」というもので、人の気分って
驚くほど違ってくるなあ、と改めて思う。
このところKIKUYA以外では、今ひとつ気持ちが浮き立たなかった理由が改めてわかる。
こういう前向きな気分の良さがなかったのだなあ。

まあ、過去の経験からしても、自分の行動を考えても、お客なんて勝手なものだ。
そういう「エゴの化け物」のような姿を、正面に思い切り出してくるか、密かに作り笑顔の
向こう側にかくしているかの違いはあっても、結局はお金を払う限り、
みんないい思いがしたいのである。
それが一人一万円であろうと、500円であろうと、カネはカネ。
もちろん、その日の気分やら天気やら、諸々の状況に無意識のうちに押し流されまくって
現れるわけなので、本当に接客というのは難しい。
難しいから結局は「その店の本音」がよく見える部分なのかもしれない。

メニューは日替わりで、黒板に書かれている。
この頃ちょっと視力が落ちたらしくて、読むのに少し難儀していたら、マダムがさらっと
笑顔で言ってくれた。

「田舎風ハンバーグと、豚のザウアークラウト煮込みに、魚のフライの盛りあわせです。
パスタもあります・・・」

当然即刻「ハンバーグ」に飛びつく自分が悲しい。850円也。
スープにライスかパン、そして食後のコーヒーも付く。

ちなみにその他ランチは900円也。

気分の良さで目がくらんだわけでもなく、このハンバーグは美味かった。
さっぱりしたトマトソースに、程よく荒挽きのハンバーグは、洋食とは一味違う手間がかかっていて、これが850円ならまるっきり文句ない。
じゅわっとジューシー。
さっぱり爽やかトマトソースが絡んで、かなりハッピーなものになってる。
この半年ばかりハンバーグを求めてあっちこっちウロウロしたが、これは極私的に
ベストスリーに入るなあ。
「ハンバーグ愛」が満たされていく。

うふふ、ふふ・・・と怪しく含み笑う。
ハンバーグが口に入っているから、口をあけられないのだ。
物理的理由なのだ。

ディナーにはポトフやら(日本のおでんのように一個売りで、220円から)、馬刺しの
カルパッチョやら、パテやらのちょっとした一品もの(600円〜900円くらい)もある。

セットが1600円から、コースは2700円からだそうだ。
ワインはボトルが2800円から。
 
外は、少しばかり風がひんやりしているけれど、いいお天気。
カレーうどんに振られたおかげで、思わぬ拾いものだわ。
今度はディナーで行くんだい、と思いながら店を出た。

ふっふふふ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
帰り道、カレーうどんの店の前で、軽く「ついでにこれもいけるか?」などと馬鹿げたことを
考えたけれど、当然やめておきました、とさ。


カレー・スパゲティ・ハンバーグ・グラタン―こどもが大好きな

子供が大好き、だそうです・・・(どうせコドモだ)。

 ボジョレーヌーボー!





年末のご予定は?

arima0831 at 20:35|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック