慶興

September 15, 2006

またまた『慶興』・・・いぬわん氏と雨の伊勢佐木散歩

慶興
最寄駅:黄金町 / 阪東橋
料理:台湾料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:デート


用途「デート」だって・・・いや、単なる洒落です。
一度、ここをクリックしてみたかっただけです。

だって、用途「イヌの散歩」とか、ないんですよライブドアグルメ(あるもんか)。

「野毛で『犬喰い』するんや」ということで、桜木町の改札で待ち合わせ。

リードを持って行くべきか考えたが、そういうのは趣味でないのでやめておくことにする。
相手はイヌを自称する妖怪である。
リードなど出したら案外喜ぶかもしれないけれど、つないだ端を持って歩くのは
「自分」だし・・・。

改札を出てくると、既に酒臭く「酔っ払い犬」化しつつある。
しかし、なぜか「例のヤツラ」との戦いの名残(???)である、妊婦のようなポッコリ腹が消えている。

「ご出産あそばしたのかー?」
「おー、時節柄なあ」
と、不敬極まりない挨拶から始まる。

どこで何を生んだのかは、とりあえず薄気味悪いので関知しないことにした。

さてどこに行こうか、と水を向けると、突然「酔っ払い鶏」に変容して「ケイコー、ケイコー!」と鳴くので、そんなに調理されたいのかい・・・と、地下鉄に乗る。
一本紹興酒を流し込んで、マスターに預けておいたらどうかしら・・・などと、内心考えているのだった(嘘です。冗談です。信じてください)。

本当は関内辺りから伊勢佐木モールを散歩したい、と彼は言っていたのだが、生憎の雨。
どちらか、又は両方の日頃の行いが悪いのだ。
しかし、雨でも散歩したそうな辺り、さすがはイヌ妖怪。
猫族のワタクシは、傘を持って散歩する習慣などない。

最寄地下鉄駅で降りて、地図を見たら、近くに「伊勢佐木長者町」の交差点が出ていた。
おかしい、ナゼ阪東橋の近隣に伊勢佐木長者町の交差点が・・・?!
この地図は間違っているぞ!!
と、文句を言っていたら「オマエ、ここ阪東橋やないで」とやけに理性的な判断が・・・
あ、ほんとーだー・・・ははははは、と笑ってごまかしながら、駅員さんにすばやく笑顔でお願いして、もう一駅乗せてもらった。

「出るときはどうするんですか?」と、不安げなイヌワン。
「阪東橋の改札に電話しておきますから」

やるな、横浜市。
親切だぞ、市営地下鉄!

阪東橋駅で地図をみて、唸っているワタシを尻目に「こっちや」と、スタスタ移動しだすイヌワン。
さすがプロのデザイナー、画像把握力は抜群である、と感心する。

「それって、オマエが地図読めんだけやろー」

ハイ、それもおっしゃる通り。
もともとフェミニンさが売りもんだけど、特にこと道と機械に関しちゃ、果てしなく女らしいんだよ、ワタシは!

そして「伊勢佐木町7丁目」を目指すが、実は店は「6丁目」だった。
ナゼ「7丁目」という間違った刷り込みがなされたのかは不明。
ダレだよ、そういう間違った情報インプットしたの?!
自分だろう、自分!!と、内なる言い争いを秘めて『慶興』到着。

かくのごとくして、店に着くまでにかなり二人ともヨレた状態になっている。
座る。
ビール!
ふう・・・。

画像や内容は、とりあえず相変わらず人任せ。
イ・ヌワン先生様の記事参照・・・(手抜き)。

http://inu1.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_11fa.html

二人とも悲しいかな元陸上部で、ブロックサインで打ち合わせなどという団体競技的な行動がダメなので、軽くミスったりもした。
「コレはダメって合図してんのに、なんで大きな声でオーダーすんのさー」
「え、オレはてっきり『コレにしろ』という意味かと」
「指でバッテン出したろーが!」(関西圏ではこの合図はちがう意味があるんだろうか?)

でも、紹興酒に大好物の豚足(見た瞬間「フン」と言いたげな顔をしていたが、一口食べて奇声を上げるイヌワン。ふふん、美味かろう美味かろう→別にワタシの手柄ではないんですがね)、蜆(今日はちょっと口の堅いのが多かったが、トロリンと紹興酒にあう)、空芯菜の炒め(ナゼにただの葉っぱ炒めが、こんなに美味しくなってしまうのー、と泣く。イヌワンもワフッワフッと鳴く)、などなど。

とりあえず、そのへんで切り上げて、次に行くかと立ち上がる。
少しばかり残った紹興酒は、当然のようにワタシの名前を大書してキープする。

外に出れば、雨の伊勢佐木町。
イヌワンは、あのタイ料理、この台湾料理、そしてこっちの「セーラー服どうした系」と、ふらつきながらユビを加えてジグザグするのだった。

やっぱりリードが必要だったか・・・と内心思う、暗い夜道。
次なる行く先は、実は決めてあるが、まあ滅多にないことだろうから、と、とりあえず遊ばせておく。

産後の肥立ちが悪いのか、はたまた単なる飲みすぎか、足元が怪しい。

「どこむかっとんねん」
「日ノ出町」
「ちゃうでー、こっちは関内方面やでー」
「うるさい、黙ってついておいで!」

ワタシは地元民だっ、という主張は、既に200%信憑性を失っているのだけれど、
とりあえずオツカレ気味の彼を蹴飛ばして、前に進ませるのであった。

(日ノ出町に続く・・・)


ランキングバナー人気blogランキングへ
はぁ、うっふん・・・(マッスグ歩かんかコラ!)。


RE-MASTER VOICE 青江三奈


〈COLEZO!〉ビクター流行歌・名盤・貴重盤コレクション(4)青江三奈ブルースを唄う


arima0831 at 06:02|PermalinkComments(11)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 09, 2006

伊勢佐木町『慶興』 さらば、憧れの冷やし中華・・・(泣)

慶興
最寄駅:黄金町 / 阪東橋
料理:台湾料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


外で冷やし中華を食べて、ほとんど美味いと思ったことがない。

具はケチ臭く少なく、どうでもいいようなものばかり載っている
その代表は「紅生姜」だ。ナンデあれ、あれが載ってくると食欲が一割がた落ちる。
理由?
キライなだけです!
どーしてあんな不気味で不自然に真っ赤な色をした、薬くさくてスッパショッパイもんを喰わされねばいけないのだ、と、むっときてしまうのだ。
丁寧に取り外しても、下品なオンナの口紅のあとのように、料理の一部が紅く染まる。

で、タレは妙に酸っぱく変に甘く、食べるとなんだか具合が悪くなる代物が多い。

先日の『清華楼』は、具がしっかりしていて結構よかったし、世にも珍しい「紅生姜抜き」だったが、タレが甘かった。

まあ、好みの問題だ。

本当は自分で作るのが一番美味い。
鶏を茹でた出汁、醤油、黒酢、甘味は少々で、レモン汁少々。
擦りごまとごま油。
具はその日あるもので決めるが、卵、トマト、キュウリ、長ネギ千切り、キクラゲの煮つけ(黒酢と醤油に唐辛子一本放り込んで煮る)、白キクラゲ(さっと茹でる)、干ししいたけの煮つけ、茹で鶏、茹でモヤシ、さっと湯通ししたワカメ・・・と、とりあえず手当たり次第盛ってしまう。
麺はとりあえず腰のしっかりしたものを(別に冷やし中華専用でなくていい)、ぐらぐら茹でてからしっかり水でもむ。

これらを、大皿にドカンと盛ってオットと二人ワシワシ行くのである。

ちなみに「甘味」は、フラクトオリゴ糖というのを愛用している。
普通の砂糖と違って、甘味が柔らかなのだ。お腹にもいいらしい。

不思議なことに、我が家の台所には「氷砂糖、黒砂糖、三温糖、蜂蜜・・・」と各種一応スタンバイしているのだが「白砂糖」だけはない。
一応来客用にスティックシュガーだけ少し置いてある(ドトール、スターバックスなどなどのブランド物揃いだ・・・ふふん)。

これはある日、来客にコーヒーを出したら「お砂糖ちょーだい!」と言われて
「ふが?!」と焦って気がついた。
なぜか、無い。
あれ、ウチには普通の砂糖がないぞ、とそのときまで気がつかなかったのだ。

何故だろう、としみじみ考えたが、結局「なんとなく好きじゃない」ということなのである。
なんだか甘味がきつくて苦手なのだ。
深い意味は無い。
これも好みの問題。

さて、冷やし中華。
前も書いたけど、ただでさえ暑くてバテ気味のとき、これをやろうとすると全身汗みどろになるので「やるぞ!」という決心が必要。

やっぱり「冷やし中華」の本来の目的は「涼しく栄養補給」というところにあるので、
誰かの作ったものを食べるのが一番だ。

前置きが長くなったが、この夏の憧れは『慶興』の冷やし中華だった。
こんな記事を載せる某人がいたのだ。
罪作りな記事だ。
この日以来「慶興の〜〜冷やし中華ぁぁぁ〜〜〜」と思い続けていたのだが、いつの間にか九月になってしまった。

なにしろ、我が家からここの店に行くには「30分強ほど歩くかタクシー」という二択。
このころは丁度、左肩を傷めて歩ける体調でなかったし(二週間近く、片手で完食できるものしか食べられなかったのだ)、その後一回リピートしたときは、冷やし中華まで辿り着けぬほどの量を食べてしまった。

「アイ・シャル・リターン」と呟きながら店を出るも、その後「今日は!」と思うと、雨が降ったり、紫外線が放射能のように伊勢佐木モールを溶かしていたり、友人とお昼を食べたら、もう5時ごろだったり・・・という調子で、ついつい行きそびれていたのだ。

でも、今日こそは!と意気込んで、歩いた。
理性も食欲コビトも「ヒヤシー、チュウカー、ケイコーイコーイコー」と、珍しく歩調を合わせて歌っている
(メロディーは、Disney『白雪姫』の「ハイホー」でおねがいします)。

そして、一人カウンターに腰を据えたとたん、イヤ〜〜な予感が心をよぎる。

「あの・・・まさかと思うんですけど、ひょっとして・・・」
「ナニ?」
「冷やし中華、は・・・」
「あ、もう終わっちゃった。だって9月じゃない、もう・・・」

急に目つきがどんよりとしたワタシに、軽く同情してくれたか、それとも「いい加減にしろよ」と思ったのかわからないが、マスターは「押し豆腐、食べる?」と、とりあえず「一番近そうなやつ」を出してはくれたのだった。

「冬瓜は〜?」
「あ、ゴメン・・・今日は切らしてる・・・」

しくしく。

押し豆腐を山盛り食べて、鶏のとさかの醤油付け(コリコリした食感が面白い。ビールにあう)、スナップえんどうの炒め(えんどうは甘く、シャクシャクして美味い。炒めただけなのに、何故こう美味いのか?)・・・といただいて、その間ヤケッパチ気味に生ビールをガバガバ飲む。
ショウロンポウも、結構いける。
ワンタンとどっちにするかかなり迷ったけど。

「豚足は?」「ピータンは?」と、食欲コビトが小さくささやくが、この日はどうも「紹興酒」な気分ではなかったので聞こえなかったことにする。

帰り道、某所にとぐろを巻いてジンライムを飲み(たくさん・・・)、そのあと別の店で焼酎飲みなおして、帰宅。

冷やし中華にフラレて、自棄酒である。

ああ、来年の夏は、あまりに遠い・・・と、また急に強さを増した陽射しを感じつつ、まだ未練タラタラな気分。

そう、もう秋なのね・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
秋だから〜お別れでぇすぅかぁぁ〜〜、とブチブチ歌いながら日の出町方面へ飲みに向かった。人目が少ない道を選んだのは言うまでもないですが。


おなかに優しい【フラクトオリゴ糖】
私の使ってるのと、ブランド違うんですが。

☆フラクトオリゴ糖(小)☆5本買うと1本プレゼント!!送料も無料!!
五本買うと一本サービス。送料無料。



arima0831 at 12:28|PermalinkComments(11)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 28, 2006

豚足・・・それは『慶興』 嗚呼、豚の砦な一日!!

慶興
最寄駅:黄金町 / 阪東橋
料理:台湾料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


『たじま』の絶品スペアリブで、欲望の全てを吐き出した満足感に浸っていた。

と、こうしているうち、なにとはなしに伊勢佐木町あたりを散歩した。
お天気もよいことだし、日劇の様子を見てこようかな。
そうそう、こういうときは腹ごなしに歩くと健康的よねっ!

食欲コビトはどうも妙な知恵がついてきたらしい。

かくして、ワタシの売り物である「理性」は完全に猫だましにあった。
そう、夢にまで出た豚足が食べられる『慶興』は、すぐ目と鼻の先・・・。

「豚は山ほど食べたでしょうっ!」と、猫だましに立腹気味の理性に
「でも、この辺まではあんまり来ないよねぇ・・・」と囁くコビト。
「金曜日に山ほど『広東家常菜』の祭典があるんじゃないのっ?!」
「でも、アレは広東。こちらは台湾ですねぇ・・・」

と、自分同士でかなり激しく言い争う間に店についてしまった。

なにしろ、体調を崩して禁酒自宅謹慎中にseikoSTDさんが、あんな記事をのせるからいけないんです(あくまで人のせい)。

ピータン、豚足、香菜つけて!
キープ済みの紹興酒をチビチビしながら、夢にまで見た豚足を味わう。

んんんん〜〜〜〜ふにゃあん。

ピータンはマスターによると、産地は厳選しているけれど熟成度は割るまでわからない、との由。
本日、中吉。でも美味しい。

切り昆布の漬物も、口がさっぱりして、これはビールに合います。

そこでマスター
「うちの蜆食べた?」

数分前に奥のテーブル用に盛っていた「蜆」をついつい凝視していたのが、
わかってしまったのかしらん・・・。

ちょこっともらうと、これはもう、紹興酒がもう一杯です!
蜆は肝臓にいいんだよねぇ…と、瞬く間に食べてしまう。
大振りの蜆に肉厚の中身。
うまく染みた味は奥深い。

うっとり。

伊勢佐木町界隈は、ほとんど魔窟だ、と最近思います。


追伸:
ところで、ブタ話のついでになんですが(関連性・・・なし)、ほんまサンのブログにワタシが密着しているうちに、なんだか「ふたつセット」という勘違いが・・・。
あの〜、私はほんまサンの足跡をたどっているだけでして、格が違うの。
実を言うと、尊敬しているの。多分メイビー、インシャアッラー、とってもステキな人だと思うの。

いや、人格とかそういうことではなくて「ブログの内容と充実度」ということですけれど。
ほんまサンはね、えらいの。
彼がメインディッシュなら、ワタシはただの「オマケ」ですので・・・。

ちなみに、ワタシのところへのアクセス元ナンバーワンはtaputapu・・・。

ほんまサン、コテイベーカリーのメロンパンとハクライ屋のコロッケパンくらい、いつでもご馳走しますからっ!

ランキングバナー人気blogランキングへ
日劇は、帰りに前によってみた。
ここに賑わいが戻る様子を、また見たい。


ブタの絵本

なんとなく、可愛い・・・。


arima0831 at 06:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 08, 2006

再び伊勢佐木町『慶興』へ

慶興
最寄駅:黄金町 / 阪東橋
料理:台湾料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円?5,000円
用途:夕食


前回食べた、あの豚足がたいそう美味しかったのが忘れられず、実は数日後にまた一人で行ってたワタシ。(http://honyarara.livedoor.biz/archives/50461851.html

「え、また行く気?!」
「だって、あの豚足を肴に紹興酒が飲みたい・・・」
と、軽く口論する自分と自分だが、
今日はわりとすんなり「まあいいか」と、理性が引っ込む。
そのくらいあそこの豚足が好き(好みの問題ですから、あくまで)。 

今度は本格的に、白もつとねぎの揚げ物、大きなハマグリの新生姜蒸し、豚の新生姜炒め、豚耳の和え物に汁ビーフン、と、オススメをいただく。
 
どれも味はしっかりしているのに、後味よし。
山ほど食べたのに(一人でした・・・)、胃にももたれずスイスイ入ってしまう。

大きなハマグリはぴったり丁度の火通りで、プリプリ汁気たっぷり。
新ショウガが山ほど入った残りのおつゆを香菜とともに皿ごとすすってしまう。

かりっと外側が揚がった白モツは芯の長ネギといいハーモニー。
豚も新ショウガで爽やか。
豚耳もビーフンも、紹興酒とともにするすると入ってしまった。

人数・・・一名。

しかし、胃ももたれないし、後口さっぱり。
 
でもまだまだ色々と美味しそうなものがありそうなお店。

その後、seikoMTDさんが「ピータンと冷麺」を記事UPしていた。
ああっ!このピータンはあんまりにうまそうっ!
http://seikomtd.cocolog-nifty.com/seikomtd/2006/06/post_aae2.html

マスターは、無口ですが、実は気さくな人です。
最初いったときの「強面」の理由は、
「目が悪いから、つい」と「土地柄、開店の時間は妙なセールスが多い」
ということでありました。

でも、豚足を食べ損ねた。
また行かねば・・・。
次回はピータン、豚足、豚の血のスープ・・・(うるるる)。

7年前に、中華街から今の場所に移転。
現マスターは二代目だそうです。

慶興の魚2慶興の魚1トイレには変な魚がいて、"Don't worry, be happy !"と歌ってくれます。






人気blogランキングへ
Don't worry! Be happy! One click !

 


こちらの本でレシピ提供&紹介されてます。
でも『家庭画報』なマダムがランチしてる・・・ということはないと思う・・・。 
アジアの麺&ご飯―人気エスニック料理店のシェフが手ほどきする




arima0831 at 07:51|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 29, 2006

伊勢佐木町『慶興』で豚足ご飯

慶興
最寄駅:黄金町 / 阪東橋
料理:台湾料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円?3,000円
用途:夕食


二日前にあれほど豚三昧したくせに、突然「豚足ご飯が食べたい」と体内の食欲コビトがつぶやき始めた。

「豚、あんなにたべたでしょ」
「でもあれは洋風。台湾のはまた別!」
と、せめぎあう自分と自分。

結局「理論派食欲コビト」が勝って、散歩がてらテクテク歩いてでかけた。
夕方近いけど、いいお天気。

店の引き戸を開けると、強面なマスターが「ナンダ、お前は?」と言いたげな厳しい目を向ける。
いらっしゃいませ、とか言わない。
でも、開店中のようなので、ヘラヘラとカウンターに座る。

「お飲み物は?」
「あ?、水かできればお茶が・・・」

返事はなかったが、ちゃんとポットでお茶が出てきた。
しかも、ガラスのお洒落なポットだ。

豚足ご飯と水餃子をオーダーするも、メニューを見ると「お一人様」が実に口惜しい。
せめてもう一人引きずってこないといけない。
そのくらい、いかにも美味そうなものが並んでいる。

メニュー以外にも色々あるようで、ホームページに載っていた「豚の血のスープ」もオーダーしようとしたが「結構量があるから、食べきれないよ」と諭されて断念。
無念だわ、と女一人の無力さに唇をかむ(こら、だれ?そこで「けっ!」とか言ったのは??)。
 
豚足は、程よく脂が抜けて柔らかく煮込まれていい感じ。
水餃子はさっぱり系。
この豚足が美味い。全然くどくなくて、つるりんとろりんとしてる。
できれば、あともう一個、ご飯に載っていれば言うことはなかった。

この店は、本格メニューで勝負をかけるべきだ、と感じる。
 
誰か連れて、またくるべし!と思いつつ店を出た。
アイ・シャル・リターン。 

お店のHPは以下。
http://www.keikou.net/

マスターは無愛想ですが、勘定のときは微笑んでました。
笑えば結構ハンサムな人なのではあります。


人気blogランキングへ
愛のワンクリックを、どうぞ!


こちらのお店のレシピも載ってます(なんと『家庭画報』の本・・・)。
アジアの麺&ご飯―人気エスニック料理店のシェフが手ほどきする





無駄な抵抗はやめろ、と一応思う(でも、カレーダイエットは良いかもしれない)。

arima0831 at 22:59|PermalinkComments(8)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote