新宿

November 05, 2007

新宿御苑『赤ちょうちん』で生モツ喰いまくり 〜秘技ナイアガラ、炸裂す!〜

赤ちょうちん
最寄駅:新宿三丁目 / 新宿御苑前
料理:ホルモン焼き / 焼肉
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


オットが出張で留守となる。
諜報エージェントでもあるアパート経営者(以下アパ経)より、速攻で「酒池肉林の夜」に誘われる。
半年振りの逢瀬。オット不在時の密やかな楽しみ・・・。

凄腕エージェントであるアパ経のおかげで、ワタシはオット本人より先に彼の旅程がわかる。
オット本人は「どうせ知ってるんだろう」と、これまた不精な態度になるのでちょっと困るがまあいいや。
やっぱり持つべき友は、優秀な「トラベル・エージェント」であろう。
うむ。

「酒の池」は当然文字通り。
「肉の林」については、前回以上にナマナマしく「生モツ喰らいまくり」だ。
うっひひひひ、と電話越しに交わす笑いもイヤラシサをエスカレートさせていく。

一年ほど前イヌ散歩して以来だ。
どれほど愛し焦がれても新宿は遠い。
なかなか行けない。
ああ、あのピチピチぷりぷり弾み輝く肉肌・・・へへへ、しゃぶりつくしてやるぜ、とヨダレが止まらないぞ。
をを、変態でなにが悪いんじゃあ!

ところが、前夜に予約の電話を入れたら「8時以降満席」だと!
えええええええええええ・・・と、半泣きでアパ経に話を振ると
「構わないざんす。そのあと『隋園別館』で喰いなおせばよろしい」と。

・・・・・あの、それ、一年前にいぬわんクンとお散歩したのと、まったく同じコースなんですがね・・・・・(呆)
なぜ、喰妖の類は、そろって考えることが同じなのであろうか。
ああ、やだやだ。

すると当日、イヌから別用でメール飛来。
ついでに本日的行動計画を自慢すると、なぜかその日は別のトモダチが新宿をお散歩させてくれるのだ、と。

モツは二人しか入れないけど、じゃあ8時に隋園別館な、と簡単に会合決定。
まったく、こういう決断だけはドーシテこうも早いのだろう。
だって中華に行くならば、二人よりも四人のほうが色々喰えて楽しいに決まっているではないか。
けっけけ。


赤ちょうちん何はともあれ、第一戦目。
会場入り口に「出世料理」と(・・・なぜ?)
6時45分からモツ喰い一時間一本勝負。
ゴングとともにアパ経登場。
生を一気にあおって戦闘開始だ。


マッコリいきなりマッコリ一本。
この店においてあるこのマッコリが
実にたいそう美味しいのだ。
とろりとうす甘くて軽く発泡していて
生モツによくあう。


モツ煮込みとりあえずモツ煮込み。
極上の生モツ装備の店のモツ煮込み。
ウマイに決まっているのだが、
それでも毎度毎度
「オイシイヨウ」とシアワセ溢れる。


モツ刺し盛り合わせ。
いつもながらピッチピチだなあ。
嬉し泣きしながらじっくりと
各部位ごとにそれぞれ違う
歯応え舌ざわり味わいを噛み締める。

じっくり・・・と、あれ・・・ヲイコラ!

アパ経、むっちゃくちゃに喰うのが早いのだ。
なまじの団塊世代ヲヤジも裸足で逃げ出すマッハの速度。
なぜ同じ年なのにアンタは戦中生まれなのだ?!
この妖怪がーーー!

「やーめーろーーーー!」と叫びながら必死にスピードを上げて追いすがる。
しかし、子供の頃から食べるのが遅くて親に叱られながら、結局そのまま中年になっちまったワタシ。
このオンナの皮をかぶったヲヤジと正面から戦おうなど初手から無理だ。


チレ玉このままでは悲しいのでチレ玉を投入。
ぴかぴかの牛の膵臓は
いかにも血の気たっぷりで美しい。
特製タレ、ごま油、ネギにニンニク
そして決まり手は玉子の黄身・・・

これをガッシガッシと掻き混ぜ合わせていただく。
単なる刺しでも十分うまいチレ。ねっちりと濃厚なレバ刺し、とでもいおうか。
これに玉子の黄身のこってり感が絡みつく。
ああ、もうたまらん。
たまりませんわ・・・

と、陶然となれば・・・ヲイッ、こらっ!!!

アパ経、思いっきり皿ごと持ち上げて、自分の取り皿に流し込みをかけているではないか!!

「必殺ナイアガラ!ざんすっ!!」

すかさず皿を強奪して、返し技はヴィクトリアっ!!
平和なはずのザンビア・ジンバブエ国境に内臓が降り乱れる。
ざーざーざーざー。

シビレ我に返って追加オーダー。
焼き物を一品、となるとかなり悩む。
悩んだ末の「シビレ焼き」
噛んだ瞬間、蕩けた。
肉も理性も。


マッコリはとっくになくなっているので、焼酎お湯割りを数杯オカワリしつつ。

このへんでゴングが鳴って、二人は次のリングへと向かうのだった。
次はタッグ戦である。

(つづく)


ランキングバナー人気blogランキングへ
やっぱりスバラシイ店なのであるよ。ああ横浜に支店を出してほしい。



そろそろ買い置きせにゃあ。ワンパック525円。



世界屠畜紀行

日本国内からアジア、果てはカイロまで。屠畜場イラストルポ(!)
版切れする前に買っとこう!な一冊。

arima0831 at 01:19|PermalinkComments(17)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 29, 2006

そして『隨園別館』へ・・・隋園水餃愛の行方について

隨園別館
最寄駅:新宿三丁目 / 新宿御苑前
料理:北京料理 / 中華料理一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夜食


生モツを堪能し、なんだか未練を残しつつ『赤ちょうちん』を後にした。
外にでると、味覚はぴたりと『隋園別館』に向いている。
リードがピンと張る勢いで、イヌワンが先を行く。
「まだヤルぜ、オレはイケルぜ、ガフッガフッ」と、鼻息が荒い。

なにしろ「隋園水餃の真実を探る」という大命題が、先日以来重たくのしかかっている
(要は喰いなおしたい)。

ところが、店に着いたら、あのケンランゴーカなキンキラ電飾は落とされ「準備中」の札。

「あーーーーーーー!!!!」と二人叫ぶ。

そして、入り口の会計にドンと座っているオーナーの張本氏に
「水餃子だけでもいいですぅぅぅ〜〜〜」と拝み倒しに入ろうとすると、
張本氏「む?」という顔をしたのち、奥に向かって何事か中国語で怒鳴り、返事を聞いて
莞爾微笑的仏陀の表情。
我々のために、火を落として作業ストップしかけていた厨房を、タッチの差で強引に止めてくれた様子。

「どーぞ。今キッチン待たせたから、入って下さい」
ああ、後光がさしているぞ。

「でも、ラストオーダーですけど」
「勿論でございまーーー!」
 
座って即、水餃子(山盛り700円だ!)、羊串(二本)、空芯菜炒めをスバヤク注文する。
 
羊串は、東北料理らしいスパイスが効いて美味。
ちょっと塩が強いが、肉は悪くない。

「延明のと違うわんわん」
「あれはマトンでこっちはラムだにゃぐるる」

どっちがどっちというのは好みであろう。
でも、羊好きは一度食べる価値あり。
串一本はちょっと大振りの焼き鳥のような量。
 
そしてすかさず、感動の空芯菜炒め。
注文してものの数分で出てきたが、完璧な炒め加減だ。
ここの湯類は総じてうまいが、炒め物も抜群だ、と改めて思う。
しかも、たまげるほど早い!
 
そして、問題的水餃子(?)。

以前と確かにスタイルがちょっと変わったが、今回は茹で上がり具合もよく、汁気もある。
昔のスタイルに未練は残るが、これはこれで十分美味しい。
黒酢を頼むと、即座に小皿に並々ついで出してくれる
余計なサービスを頼んでいるのに嬉しそうですらある。
 
どうも前回ランチの際は、茹でてからすぐ出ていなかった模様。

確かに、餡が団子状に大きくなった。
皮もそれを支えられるよう、変わった様に思える。

でも、茹でのタイミングさえきっちりしていれば、これはこれで結構なものだ。
前回ランチで出てきたものは、どうもナニカしくじったようだが、まあいいや。
20余年来愛したものとは、かなり姿を変えたが、これはこれで新たに愛せよう。

しばらく逢わないうちに、太ったね・・・くらいの感慨だろうか。
若いころのことは、もう言わないでおくよ(・・・自分のためにも・・・)。

さて、中華街の『大珍楼別館』同様に、ここのサービスが悪いという声をよく耳にする。
確かに20年前は、中国本土の味とサービスを同時体験できるようなところだった。
皿もプラスチックの「安食堂」風な時代もあった。

しかし、時は流れて「普通にして十分以上」になったなあと、お店に行くたび思う。

上記の出来事をみてもわかるけれど、基本的に親切だし、スタッフも愛想過剰ではないが
きちんと対応してくれる。
今回は怒涛の様なオーダーだったが、ゆっくり食べるときにメニューの内容など尋ねると、日本語が不自由なスタッフは誰か呼びにいってちゃんと説明してもらえる。

日本語の問題はあるかもしれないし、実にざっくばらんで、言い様によっては「雑」と感じる向きもあろうが、必要十分以上なのは、過去5年以上変わっていない。
『大珍楼別館』同様に、うっとおしいほど愛想過剰な店より、こちらのほうが
居心地よいとすら思う。
 
しかも安い。
中華街の2〜3割安。
かなり本格的な北京料理で、だ。

この日は、生ビールも飲んで3,000円しなかった(二人で、だ)。

とりあえず、行き場をなくしかけていた、ワタシの「隋園水餃愛」は幸いに穏やかな蜜月を
迎えることができた。
ほっとする。

怒涛のように喰い終わってから、イヌワン氏馴染みのバーで終電までウォッカを流し込み、終電めがけて二人四つ足で新宿駅に駆けた(ウソです。二本足で歩きました)。

あ〜、喰ったクッタ・・・と思いつつ、帰りの電車で「すっぽんのスープ」を
忘れたことに気付く・・・嗚呼!

あ、詳しくはイ先生様的記録を請参照。
写真もあります(いつも人任せ)。


ランキングバナー人気blogランキングへ
近日中に第三弾も予定されているのだ。
散歩は続く。そこになにか美味そうなもんがある限り・・・。


マンガ 日本の歴史〈5〉隋・唐帝国と大化の改新

無関連書籍。

dancyu (ダンチュウ) 2006年 10月号 [雑誌]

今月号は「四川・上海料理特集」。お買い上げはお早めに(ついでだかやはり無関連・・・)。
黒酢酢豚のレシピつき。


arima0831 at 20:19|PermalinkComments(6)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 28, 2006

新宿『赤ちょうちん』 激ウマ生モツ求めて、わんにゃん散歩第二弾!

赤ちょうちん
最寄駅:新宿三丁目 / 新宿御苑前
料理:ホルモン焼き / 焼肉
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


わんにゃん散歩第二弾。
今回は新宿二丁目突撃編。
場所は怪しげだが、なにやら旨そうな匂いのする店が山ほどあるのだ、この辺り。
横浜に移る前は、荻窪に実家があったので、20年以上前頃、よく徘徊していたエリアだ。

まず目指すは、激ウマなモツ刺しが看板の出世料理『赤ちょうちん』
移転後一度だけ行ったが、念願かなっての再訪だ。

ここはCPを考えても「御一人様」は辛い。
しかも新宿は遠い。湘南ライナーに乗っても遠い。
量や価格を考えると、やはり二人以上がいい人数なので「生モツ山盛り食い」をさせても
恨まれない誰かを、うまく騙して相方に連れて来なければならない。

と、いうわけで、いぬわんクンを引きずって出撃。
「オリは尿酸値が・・・」とかナントカ言っていたが、突然衝動に負けた様子だ。

前回は、何度も行ってる店に行くのに、道に迷いまくったため、道順に関する発言権は完全に剥奪されたワタシ。
散歩させるのはワタシのほうだが「こっちや」と持参したリードの先を得意げに行くイヌワン(モノの例えです。真に受けないで下さい)。

結構賢いところもあるのだニャア。
当たり前やワンワン。

要するに、犬性と猫性の違いである。
単にそういうことさ、と、気がつく。

「この辺だがワンワン」
「ちがうー」
「ちがワン」
「こっちだと思う・・・」

先の角を曲がると、左に「ほか弁」が見える。
右を見たら、大きな提灯が見える。

「ホレみろ、こっちだわい」と、威張り散らすほどのことはない。
前に行ってるのは、ワタシのほうだ。

かくのごとく、無事到着。

「モツ煮」と「モツ刺し盛り合わせ」をすかさずオーダーして生ビール。

モツ煮は塩味。
様々なモツが、こってりトロリンと煮込まれている。

「がるるるる(うめー!)」
「にゃうん(ふふん)」

別にここのモツ煮が抜群なのは、ワタシの手柄でもなんでもないのだが、軽く反り返る。

それにしてもさすがは人気店。
みるみるうちに満席になっていく。
一応予約をしていって正解だった。

そして、待ってましたの「モツ刺し盛り合わせ」登場。
スタンダードだとタレがかかって出てくるのだが、ワタシはタレ別の方がモツ自体の味が良くわかるので(前回はタレかけスタンダードの後、タレ別を再度頼んだりしている)
モツは下味のみ。

嗚呼、もう、どうしてドウシテ極めつけに旨いものというのは光り輝いているのであろう。
この輝きわたる「生モツ刺し盛り合わせ」の「お姿」よ・・・!
あまりの神々しさに、無言で二人、合掌する
(気持ちの上で、ということです。本当にやったら店に怪しまれますから・・・)。

相変わらず全部記憶できないが、チレ、ハラミ、ガツ、コブクロ、レバ、ハツ、ミノ、センマイなどが、数切れづつ盛り合わせで1500円。

まず、臙脂に輝くチレに箸が行く。
膵臓だ。血の滴るような色合いなのに、臭みはなく味は濃厚。
一番好きなのだ。
ハラミやレバは口の中で蕩け、ミノは旨みを凝縮させた歯ごたえ。
ほかの布陣もそれぞれに個性を主張する。

「たまらんわぁぁぁぁぁん、ガフッガフッ!!」と、いぬわんが千切れんばかりに
尻尾を振りまくる。
「ふふん、参ったかコラ!」と、さらに反り返るワタシ(別にワタシが威張るいわれはなく
ここの店が素晴らしい仕事をしているだけなんですが・・・)。

マッコリをオーダー。
ここのマッコリ『虎』は、辛口で軽く発泡性。
紙パックのイドン・マッコリでも、十分OKなワタシだが、やはり上物は違う。

この辺で、二人のアタマにα波が流れはじめる。

「オレは今、なにを喰っているのだろう?
味わいか、歯触りか、それとも・・・」と、宙に視線を浮かせてイヌワンがやけに哲学的に
なっている。
旨いものはイヌ、もといヒトを哲学的な心理状況に追い込むこともあるのだ。

「ん〜にゃぁぁ〜〜〜」と、いい加減な返事をしながら、ひたすら貪り食い続けるワタシ。

もう目に入るメニューが、ドレもコレもなにかを囁きかけているようだ。
カウンター隣の三名が注文した「ミックス焼き」がまた輝いており、いぬわんはユビを咥えて涎を流している。
「ウマそうですねー、それ」とか話しかけている
(ヲイっ、哲学はどこにいったっ?!)。

放っておくと隣の皿に箸を突っ込みかねん危険を感じて、ホルモン焼きもオーダー。

そう、ここの店のタレがまた絶妙なのだ。
個人的な好みでは「刺し」ならば、モノによってはタレの旨さにモツ自体の味が負けてしまう気がするので「タレ別」で頼むのだけど(あくまで好みの問題)、焼きならタレもいい。

プラス「ガツねぎ和え」に「チレ玉」も!

嗚呼、チレ玉!
ワタシはここのお店でなにが好きって「チレの刺し」が一番なのだが、コレが生卵と絡まりあいながら出てくる、などという一品は、想像しただけで涎が垂れる。
思い出すと、今すぐにでもまた走っていって、同じものをオーダーしたくなるくらいだ。

特製の甘辛タレとあえたチレ皿盛りに、卵の黄身が乗って登場。
即座にグシャマゼに走ろうとするワタシの尻尾を「待ていっ!」と左手で引っ張り、
右手で素早く撮影をするイヌワン。

「フゥー、シャアッ、はやく食わせろ喰わせろクワセロ!!」と猫パンチが鋭い爪を立てて飛ぶのを軽く避けて「混ぜな」と、急に冷静な指示を出すイヌワン。

ああ、マッコリにあう・・・(陶然)。
「濃厚X濃厚X旨いタレ」が、ただの刺しとはまた違う世界を作っている。
「おとーさーん! 美味しいよーー!!」と、モツ狂いだった亡父を呼んでみる
(ワタシの「生もの好き」は、父の遺伝と教育の賜物なのだ)。

「ウゥゥ、ワンワンッ(オマエ、飲みすぎやで!)」
「シャアッ!(おだまり!)」
という間に、マッコリ一本が空いた。

いぬわんクンは、実は尿酸値がヤバイのを心配して、お手洗いに立っている間に、
ガシガシ「チレ玉」を喰らいまくっていたら「こらっ!喰いすぎやっ!!」と叱られた。
ふん、ヒトの思いやりを理解しないやつだ・・・。

ガツねぎ和えは、千切り長ネギ山盛りと塩味のタレにガツ刺しが絡み合って、コレはビールだニャア、ワンワン、と、ビールを頼む。
瓶ビールは「大瓶」。

レストランなどはともかく、飲み屋で一番嬉しいのは、ビール大瓶が出たときであろう。
「大瓶を出す飲み屋はいい飲み屋」という信心(?)のようなものがあるのだ。
イヌワンも「その通りやっ!」と強くうなずく。
強力なシンパシーである(飲み意地が汚いだけじゃないの、という内なる声は無視する)。

さて、イヌワンはなぜここで微妙に「我に返って」いるのか・・・それは、放っておくとこの店にへばりついて離れられなくなる危険性を、素早く察知したからなのであった。

実はこの日「第二部」も予定されていたのだ。
次に目指す店は、近隣の『隋園別館』。

尚、一本2500円のマッコリも空けて、お勘定は一人5千円弱。
馬鹿げて安くはないが、実に良心的な値段。

そして、こういうウマい店の店主というのは、間違いなくいい顔をしている。
なんだか本当に、どこでもそうだよねえ、と二人しみじみ思いつつ店を後にした。

(二軒目につづく・・・)


ランキングバナー人気blogランキングへ
まだ喰うのか?
おお、まだ喰うぞ!


日本じゃ飲めない“本生”マッコリ「トンドン酒」1800mlフレッシュ&フルーティー 氷温貯蔵の...高級マッコリ。ペットボトル入り。

イドン米マッコリゴールド(紙パック)二東マッコリ。これはゴールド。
以前は箱買いすると1パック400円くらいだったけど、最近ないみたい・・・。
韓国食材店などでは、ワンパック700円ほどで買えます。

arima0831 at 23:46|PermalinkComments(11)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 09, 2006

新宿『隋園別館』〜嗚呼、水餃子!〜

隨園別館
最寄駅:新宿三丁目 / 新宿御苑前
料理:北京料理 / 中華料理一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


学生のころから通っているから、もう20年以上になる。
当時は一軒家で、本格中国大陸直輸入の味と、そして「サービス」が売り物(?)だった。

当時はウェイターだった若者は、実は二代目の張本氏だったのをその後知った。
そして、立派な二代目として、味もサービスもグレードアップ。
大して変わってないのは、値段ぐらい。いいことです。

この店の場合、ものによって当たり外れが結構あるのだけれど、個人的に水餃子とすっぽんのスープは外せない。
湯類は全体にいいと思う。スープや麺類など、量もあるから何人かで取り分けるといい。

あと、特筆すべきは宴会用コース。
張本氏にご相談したら、一人飲み物も入れて6千円位のコースで、もう山ほど出るわ出るわ。

値段と量も考えれば、立派なもの。
新宿界隈に行くと、つい水餃子だけでも食べて帰ります。


人気blogランキングへ

以下に紹介記事あり。

dancyu (ダンチュウ) 04月号 [雑誌]


arima0831 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック