旺旺腸血羹

September 21, 2006

福富町『美紀』で、豚の血と内臓のスープ

美紀
最寄駅:馬車道 / 日本大通り
料理:台湾料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


ひたすら韓国系だった福富町界隈に、最近台湾料理系がぽつぽつと出てきている。
「南区の某氏」も同じお考えのようだが、この辺、要注目エリアだとおもう。
昔からそうだけど、特に最近は。
 
さて、ナンカ怪しげなスナックみたいな名前のこの店、実はれっきとした台湾料理店。
しかも、お値段ともども場末っぽさのない「高級系」。
ナゼ名前がこうなっちゃうのか?
不思議。
しかも、外にメニューが出ていないから、いまひとつ入りにくい。
でも、素通しで中を見る限りは、普通の店なので入ってみる。

台湾料理とは言っているが、メニューのバラエティーは広い。
ひとりなので、ナニをどう食べるか、予算と傾向の対策をネリネリ。

とりあえずの生ビール握って長考の末、鶏のモミジ(足先)の豆鼓蒸し(600円)、肉饅頭(小ぶりのものが五個で500円)、旺旺腸血羹(豚の血と内臓のスープ、1050円)をいただく(オーダー時、ウェイトレスのお姉さんがナニカを言いたげだが、表現できないので諦めているようなムードが伝わってくる)。
 
スープスープが意外とあっさりと淡白(豆腐と青菜なども入っている)で、丼一杯するりといけた。見た感じの通り。
モツや豚の血の塊が山ほど入っているとは思えない、淡白な美味しさ。
伊勢佐木長者町『華隆餐館』の「毛血旺」の世界の対極を行く
(アレは、忘れられまへん・・・)。
 
肉まん肉まんは、直径3〜4センチくらいの小ぶりなもので、まあ美味しい。
イマイチ感動がないのは、ワタシがそもそも「小龍包」や「水餃子」を偏愛しているからだ。
単なる個人的事情です。

中華街で人気の『皇朝』と同じもの、というから、何故かと思えば同じオーナーの経営なのだとやら。
 
モミジモミジもピリ辛だが見た目ほど味はきつくない。
要するに「鶏のパー」だから、見た目でドンと引く人はいるかもしれないが、ワタシは好物です。
コラーゲン豊富なのよ。


もうちょっとホックリくるまで煮込んであると、赤ん坊の指をしゃぶって、齧って、ペッと骨を吐いてる・・・なんていうホラーなイメージから逃れられるんですけれど・・・。
 
上記はそう高くないが、全体に値段は高めな強気設定。
ほぼ中華街並くらいではある。
全体にくどさのない、さっぱりした味付で、食べやすい。
ガツンと来る訴求力は若干薄いけれど。
ただ、よくある中華特有の「くどい味」はしない。

同じ額を中華街で出すなら、こっちがいいなー、と思う。
「台湾屋台料理」のような庶民的な空気は薄いが、料理自体は丁寧。
上品過ぎて物足りない、というヒトもいるかも知れない。
 
なお、食べてる間中ひっきりなしに、出前と思しき動きあり。
聞いて見たら、近所の台湾系クラブのホステスさん御用達なんだそうで。

日本語がいまひとつたどたどしいけれど、可愛いお姉さんの親切で丁寧な接客もいい感じ。

他にも色々な料理があるので、また食べてみたい。
やっぱり「お一人様中華」は、なんだかツマラン。

お勘定を頼んだら「オイシカッタデスカ?」とお姉さんに聞かれる。
「とっても美味しかったですよー」と、嘘偽りなくニコニコすると、ほっとした顔で裏の調理場に行って何やら言っている。

帰り際「アリガトゴザイマシター」と、調理場から一人出てきた料理人の声も、お姉さんに唱和した。いいお店だな、と思った。


ランキングバナー人気blogランキングへ
しかしナゼ『美紀』?


ないものねだり


だぁれも知らない

何の関連もない中谷美紀の著作・・・。

ミッキーマウス・マーチ(ファミリー・パラパラ・ヴァージョン)(DVD付)

キューティーマミーがパラパラ・・・DVD付きですと。
ファンだった方はどうぞ(ミッキーつながり・・・)。 


arima0831 at 21:48|PermalinkComments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック