February 25, 2008

香港再び!其の二 〜帰国日の朝飲茶〜

特に深い考えも計画性もなしに「香港で喰ったもんの話をベタにひととおり」というコンセプト(?)で、本当にべったらべったら延々と年明けから続いてしまった。
書いてる本人が既に飽きているので、読む側はもっとツマランのだろうな
などと思ってみたりする。
しかしなんだかここまで来ちゃったし、もうこの日で日本に帰るんで・・・
あと二回だけ・・・スミマセン。
まだ喰ってたのかよって・・・そうなんです、スミマセン。

香港発15:20のフライトなので、当然まだ食事ができる。
本来ならば、この前夜あたりにドカンと一発死ぬまで喰って、もう思い残すことなく香港を去るはずだったが、この夜は体調の関係で麺粥薬膳スイーツに抑えた。

薬効霊験あらたかに、朝起きると健康にアタリマエに空腹だ。
よぉし!と気合を入れて、滞在中は無理にきまっとるワイと諦めていた「朝飲茶」に出かける。怪我の功名だな。

まったく、朝から晩まで何かしらうまいもんにありつけるから嬉しい街だ。
るんるん。

看板最初の晩に出かけた『鳳城酒家』へ。
夜はそこそこのレストランだが
昼間は飲茶をやっている。
夜に食べた限りでは悪くないし
表に張ってある値段が安い。

いわゆる「オーダーシート方式」というやつで、卓上に置いてあるメニュー表にチェックを入れて注文する。
12ドルのものが9ドル、といった具合に同じメニューが朝は安い。
出発日に至って初めて「香港の早起きは三文以上の得」と学習する。
遅かったがなあ・・・。

腸粉またかい!という
声が飛ぶかな叉焼腸粉。
どこで食べようとソコソコうまい。
横浜中華街でも同じ(呆)
しかしまあ名残を惜しみたいわけだ。

叉焼パイ蝦餃



お腹にたまりそうなので、なんとなく避けていた叉焼パイ(左)。
無難な一品だがサクサクしていい感じだ。
蝦餃(右)ももう一度。どうも我が家的には「エビはもういいや」な気分なのだが、でもまあ無難に食べ納めというやつ(?)

粥皮蛋瘦肉粥。
お茶碗一杯分ほどの量だが
これがHK$9=150円ほど。
高いか安いかよくわからんが
出汁がきいてウマイ!

薬膳スープきのこと魚の薬膳スープ。
この漢方風味は既に病み付き。
体調の悪い朝はこれに限ると思う。
帰国後二日酔いの朝、特にそう思う。
日本のコンビニあたりで売ってくれないだろうか・・・?

鶏のパー「・・・すっかり具合はよいようだな・・・」と
オットがうんざりした声を出す。
鶏のモミジだって中華街にあるが
だから香港で一度も喰わない
理由にはなりませんって・・・。

デザートなんだかきらびやかな寒天寄せ(?)
薄い飴色の部分には
金木犀の花で香りがついている。
白い部分はココナッツミルクに小豆入り。
上品でステキだ。
それにしても、どうも食後のデザートが欠かせない体になりつつあるな。

未練たらしく他のものを追加で指差点呼しかけていると、オットの目つきが険しくなるのだった。
だってまだ食べられそうだけど・・・
「この期に及んで絶対に具合が悪くならないと誓えるか」って・・・

そういわれると、どうも弱気なワタシ。
メニューも広東語のみだから、ロシアンルーレット状態でヨクワカランものをコールして残すのもイヤだ。

しくしくブチブチ言いながら、ホテルに戻って荷造りをした。

こうしてみると、まだもうちょっと喰えたに違いない・・・と、イマサラに恨みがましい気分になる自分が悲しい。


ランキングバナー人気blogランキングへ
スミマセン、あと一回なんで・・・。



金木犀のお茶。
桂花は鎮静安眠、冷え性予防に低血圧対策南下の薬効があるそうで・・・。

超級食香港 (コロナ・ブックス (22))

次回は是非とも超級食三昧したひ・・・(憧)

arima0831 at 05:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック