海鮮

March 05, 2007

続 カニコロの乱@武蔵中原『とんかつ武蔵』 〜エビコロ、カニコロ、ちらし寿司〜

とんかつ武蔵
最寄駅:武蔵中原
料理:とんかつ / 焼酎 / 魚料理 / 居酒屋
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):10,000円〜15,000円
用途:夕食


いきなり続き

キャベツのベーコン炒めサラダが出てくる。
ホウレンソウにカリッとほどよく焦がした
黒豚のベーコンを和えたもの
大人気ない大人の群れ、ベーコンを奪い合う
「オレのベーコンはいっとらんやん〜」と
いぬわんが泣く。泣くな、そんなことで・・・!


天麩羅春野菜の天麩羅。
本日のテーマは「春の先取り」らしい。
独活、蕗の薹、菜花、うるい、茗荷、こごみ・・・
ほろ苦さが体に沁みるよう。
独特の香味は毒消しの作用があるそうだけれど、
「酒毒」に効くのでしょうかね。

海老コロ残念ながら、前回いただいた
「ホタテクリームコロッケ」は、
ホタテのいいのが入荷せず・・・
代わりになんと「活き車海老」を丸ごと!



海老コロ2ウマウマな身の回りの衣を破れば
とろりんと流れるベシャメル・・・
身だけで酒が飲める旨さが贅沢だー。
頭も尻尾もちょうどよく揚がって
バリバリ喰ってしまう。


ここに至るまでに、日本酒も焼酎も乱れ飛び状態。
みんなよく飲むなあ、と互いに内心呆れているのだ。
ワタシも・・・協調性高く、がっぱがっぱ飲んでます。
揚げ物ならば、腰の強い日本酒を・・・などとご店主が色々見繕ってくれる。

ロースかつここは「とんかつ屋さん」だ、と改めて・・・
本日はヒレでなくて、初めてのロース。
ううううう・・・
上質の脂がサシのように入って蕩けてる。
これだけ飲んで喰って、さらに脂の効いたロースでも
全然苦にならない。うはうはうはは。



カニコロ1そしてお待ちかねのカニコロ登場!
こぶし大のコロッケは
色合いから輝いてるが・・・




カニコロ2割れば中には、
やっぱり蕩けるベシャメル。
蟹身が贅沢に入って、ベシャメルと熱々に・・・
はふはふ、ほへほへ。
蟹だけだって十分旨いから、
ここのカニコロは絶品になるのだよ。

「ところで皆さんよく言ってる『〆炭』ってなあに?」と、この日尋ねてみた。
語源を改めて額を寄せ合って(口は忙しく動かしながら)考えたところ、誰かが
「〆の炭水化物」という絶妙な解釈を!
あ〜〜、ナルホド〜〜〜!と、口は忙しく動かしながら皆うなづく。
一般に、飲んだ後のラーメンとかのこと、らしいんですけど・・・。

そしてこの日の「〆炭」は・・・

ちらし寿司
これだ!

ちょうど雛祭り直前ということで、
ご店主心づくしの豪華ちらし寿司。



ちらし寿司2
くふふ。
寄ってみました。
海老、いくら、トロなどで彩り華やかにも贅沢です。

さすがに、ちょっと多かったけど・・・

春の訪れを感じるコース。
この量が全部食べられるとは、我ながら恐ろしいが。
でもまあ、実にマコトに美味しく楽しい。

ただ、無闇に高級な酒を爆飲したので、ちょいと予算オーバー気味だったけれど。
まあ、たまにはいいや、こういうのもね。

ふう、喰ったクッタ!

食卓の風景、ワタシのヘタレ写真以外の映像は、以下も併せてドウゾ・・・

武蔵中原、とんかつ武蔵(犬悔い)

「とんかつ武蔵」でオフ会(第1章:ここって何屋?)(乙な細道)
「とんかつ武蔵」でオフ会(第2章:てんぷら武蔵?)(乙な細道)

かに・コロ・後編♪(濱のおいしい小径)


ランキングバナー人気blogランキングへ
ああ、もう春だなあ・・・。


 桜の花束。自宅で一足早くお花見?

チューリップと桜の花束も素敵。

arima0831 at 14:24|PermalinkComments(19)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote