焼き餃子

January 07, 2007

人吉の焼き餃子 〜熊本日記 其の二〜

到着翌日、早速出かけた。
どこに?
温泉に。
この辺りは出湯の里なのだ。
実家のある山の麓辺りにも、ふんわり湯気が上がっているところがあるので、掘ったら湧いてきそうだけれど、そう簡単なものではないらしい・・・夢だけれどなあ、自宅で温泉・・・。

いつも同じところばかりだけど、今回は行ったことのない所を覗いてみよう、と出かける。

『紅取山泉 和楽の里』へ。

調べたところでは、なんだかいろいろ派手な施設が書いてあるけれど、ロビーに暖房も
入っていないところをみると、えらく暇そう・・・。
人吉魚市場直営だとか。

露天風呂が外にあるらしいが、お湯が抜かれていた。
まあ、ワタシはお湯に浸かれればいいんだけれどもね。
ええ、十分ですともさ。
だって、巨大なお風呂を独り占めだもの。
つい伸び伸びと平泳ぎ。
へへへ。

源泉かけ流しの単純アルカリ泉、だそうな。
泉質云々にはさっぱり疎いので「単純アルカリ泉」などと言われると、どうもシンプルすぎて
ご利益(?)薄いような気がするが、お湯はとろりんとして肌に柔らかい。
いいお湯だなあ、と、湯船のふちにアゴをのせて体を伸ばしてまったり。
極楽極楽。
温泉には、いいお湯だけあれば十分なのだ。
それが空いているのだから、文句ないです、はい。

お風呂を上がって、街中へ。

思いつきの店
最寄駅:人吉
料理:餃子
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


人吉地元で人気の店らしい。
店の雰囲気は、今はなき『どんたく』旧店舗といい勝負だ。
言ってみれば、レトロってヤツでしょうか?

年末の帰省時のせいだか、持ち帰り用の注文が立て込んでいるらしい。
お爺さんとお婆さんが、無言だが真剣に餃子製作中。
あまりの気迫にこちらも無言になる。

「あ〜、ちょっと待ってね」と言われて、デコラ張りのテーブルでぼんやり待つこと暫し、
ようやく注文を聞いてくれる。

「何人前?」

ここは、焼き餃子一本勝負のお店なんである。
一人前210円。
五人前で大皿一杯に盛られる格好になるので、五人前を注文するのが普通らしい。
こういうの、結構好きそうな人がいるなあ・・・と、あのヒトこのヒトのことを思い出す。 

焼き餃子どかんと大皿が出る。
このルックスは、なかなかいいですね。
これが五人前。
お持帰り用は、ががっと新聞紙で巻いて輪ゴムかけて渡している。


見るからにすごい量なので、半分持って帰ろうかと言ってたのに、全部食べてしまった。
お土産分が消えたが、追加五人前などとは到底いえない切迫感が漂っていたので、
素直に(?)手ぶらで帰ることにする。

量と手間と値段を考えると良心的な店だ。
昔はこの辺りで看護師をしていた義姉に後で聞いたら、当時よく出前で食べたものね、と
とても懐かしそうだった。
お土産分を食べてしまったことは言わずに、喰いすぎを反省する。
 
持ち帰りの予約が多くて、店内で食べる人はむしろ少ないらしい。
できれば事前に電話で予約しておくのがよさそうだ。
いや、ここの読者で本当に行く人は、まずほとんどいなさそうだけれど
(あ、こちらが地元の某A氏は、きっとご存知ですね)。
 
餃子自体は、特にひねったところのない、よく言えば素朴、悪く言えばアタリマエな
焼き餃子。
 
帰るとそろそろ酒宴開始。
義姉にお任せで、実はお気楽この上ない「嫁」なのだった。

ははは。

(つづく)

ランキングバナー人気blogランキングへ
ワタシが「嫁」と聞いてぎょっとした皆さん、実態はこんなものです・・・。


るるぶ決定版!温泉&宿九州 (’07)

こんな本もあったのか・・・(ナゼ出発前に見つからなかったのであろう)。





arima0831 at 14:45|PermalinkComments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 20, 2006

ヤメロといわれても『華隆餐館』 焼き餃子は・・・

華隆餐館
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:四川料理 / 担々麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


「辛いものは控えて」と、言われ続けている。
たいしたことはないけど、アトピー気味なんで。
酒も駄目ですけどね。
ははははは。

だから、この店で坦々刀削麺なんて、もってのほか。
でも、ここの刀削麺は中毒性がある。こまりものだよ。

しかも、ここでもこっちでも、当然こちらでも、しまいにはこんな人までも、これでもかばかりに、ワタシの食欲を揺さぶって、過敏で脆弱な胃腸をいじめやうとする・・・わ〜ん。

ここは開店当時「いつまで持つか・・・」と危ぶんだ向きもあったようだが、日本人の趣向をきっぱり無視した、清々しいまでの「現地味」が逆に支持されたようで、常にいつでも中国系のお客さんに混じって日本人が・・・という、フシギな店になっている。
「恐怖の壁メニュー」は、見事に「辣」で「川味(四川味)」なものばかり。
辛くないのは「空芯菜炒め」くらい。

一度、興味本位で「毛血旺」にタックルかけたら、すごく美味いけど二口くらいでギヴ。
なにしろ、キャッチが「川味一絶」だ。
「一絶」っていうか「気絶」じゃないのー?、と突っ込みたくなるくらい素晴らしいぞ。

以来「壁への挑戦」は、胃腸の屈強な人員が同席するときに限ろうとココロに決めて、いつもみてるだけ・・・つまんないの。

それにしてもここの刀削麺、単に辛いだけではなくて、不思議な独特の甘味や酸味や各種のスパイスが混じりあったスープに、ピロピロもっちりの刀削麺がいい組み合わせで、ついつい足が向いてしまう。
ランチならば、夜は850円の刀削麺が、650円で小ライスに辛い漬物付き。
この漬物がまた違う味わいでオイシ。
ご飯に合うんです。

麺の量も多いから、ライスなど・・・と思うけど、スープとライスも合うもんだから、つい気がつくとライスも食べてしまってるし。
ワタシみたいな、胃の小さなオンナの体質までをも変える。
怖い店だわ。

前回行ったとき、中国系のお客さんが焼き餃子にドボドボ黒酢をかけてたのを横目でみて、
「餃子も食べたいよー」と思っていたので、この日は焼き餃子追加。380円。
安いじゃないか。

出てきた餃子は、かなり大振り。
焼き目もきれいで美味そうだ・・・けど、食べてみて「んにゃ?」と思う。
大きくて安くてルックスもいいんだけど、特に手をかけたものではないなあ。
好みの問題だろうけど、どうして水餃子を出してないのかわかった気がする。
このお店、餃子には情熱ない様子。
あ、そうですか。

ちょうど昼時も終わりごろ、賄いを見たら、みごと紅蓮の炎が燃え立つようなマッカッカな汁に、目にしみるほど青い香菜がてんこ盛り。
そうそう、このお店は、頼むと香菜をたくさん入れてくれるけど、黙っていると香菜抜き。
帰り際に気がついて「しまった」と、思ったが遅かった。

次からは「たーーーくさん、いれてください!」と、お姉さんにお願いしよう・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
頼んだら、ホイッと一掴みは入れてくれたんですけどね。


dancyu (ダンチュウ) 2006年 10月号 [雑誌]





中国語できたら、こういう時もっと面白い話が聞けるのだろうなあ、といつも思います・・・。

arima0831 at 00:00|PermalinkComments(15)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 17, 2006

渋谷『すずらん』よ・・・嗚呼、何故なんだ、この豚角煮っ!!

中華そば すずらん
最寄駅:渋谷
料理:ラーメン一般
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


>わざわざ横浜から通いたいとも思わないけど、近くにきたらまた寄ろうっと。

などと五月ごろ書いて以来、4ヶ月の間に、まあなんとなく「ついで」に「なんとなく」近くにいることが何度もあった。

近くにきたら寄る、というよりも、近くに行く用をそのために作っているような気さえしてきた・・・まあ、渋谷に出る用は、あるのだ。
だから、ついでなのだ。あくまで「ついで」なのだ!

挙句に「こんな記事」とか「あんな記事」で、ワタシの食欲中枢をむやみと刺激する困ったものがおる。

その日は所用で秋葉原にいた。
さて、と夜7時ごろ、京浜東北線横浜方面に乗り込んだつもりが、何故か渋谷方面行き山手線に乗っていた。
フ、と我に帰ったら「五反田」とかを通り過ぎていたのである。
単なる乗り間違いだから、ついでに「すずらん」に行こう、と思いついた。
まあ「ついで」ということだ。
そういうことなのだ(「渋谷方面」ていう緑の看板確認してから電車に乗ってなかった、アンタ?、とウルサイ突っ込みを入れるどこかの自分)。

ここの場合、麺がうますぎる。
汁はワタシにはちょいとショッパイのだが、でもついつい全部すすってしまう。
 
なんだか妙にくせになる。
ナニカ特殊なハーブ類でも入れてるのか?!

しかも、ここの餃子はそんじょそこらの餃子専門店が泣いてひれ伏すくらいオイシイ。
ここはつけ麺屋だろうがっ!
なんでこんな旨い餃子が出るんだっ!!
と、文句のひとつも言いたくなる。

「餃子は水餃子」というのは、満州育ちの亡父の遺言にして我が家の家訓。
焼き餃子は「邪道」なのだ。
しかし、親の遺言と一家の家訓に背いてまでも、一人つい

「あ〜、ヤキギョウザくださぁい」

なんということを、ここのカウンターに座るとつい口走ってしまう
(だって、この餃子が目当てで行ってるんだから、オーダーするのは当然でしょアンタ、呟くどこかの自分)。

程よい歯ごたえに、むっちりと食感のよい皮も、中の汁気たっぷりの餡も、文句ない。
焼き餃子で「オツユがプシュ」なんて、許されることだろうか(ユルスユルス、と呟くどこかの自分)。
 
ついでのついでで「豚角煮」もオーダー。
エビスビール、焼き餃子、豚角煮。
「至福」という言葉が心をよぎる。
うふふふのフ。

「自分には正直に生きましょうね」
「うん」
と、食べ物が目の前に出ると急に素直になる自分。

さすが壁に額入り筆書きで堂々と大書してあるだけあって「豚角煮」は素晴らしい。
いかにも旨そうな、いぬわん氏の写真が脳裏からはなれずにここまで着ちゃったが、
素直に予想を超えてる。

もう、テリッテリと輝く「お姿」が現れた瞬間、単に「豚角煮」などと呼んでしまった自分を恥じるほどだ。
「豚角煮様」と呼ぶべき、神々しさ・・・(アンタ、ちょっと大げさよ。トランス状態入ってない?、という声がどこかで聞こえる。ちょっとやばい)。
箸を入れればほろほろと崩れるほど柔らかいのに、じんわり旨みがしみて、脂身は蕩ける。

あああ、もうだめ。
つまらない理屈をこねたワタシを許してくださいアナタ、と、目の前で真剣に麺を茹でるオヤジサンに突然語りかけたくなるが、それではただの変な人なので、やめておいた。
 
ただ、ここの場合、細い「中華そば」の麺はたまに茹ですぎちゃうことはあるらしい。
まあ、おかげで正気に戻れましたがね。

やっぱ、つけ麺でしょ、と思いつつ、次はいつ頃渋谷に「ついで」ができるか考えていた。

その数日後、伊勢佐木町『慶興』のカウンターで、声を押し殺して
「豚角煮ブタカクニ」「ブタカクニなー」「そうなの、すずらんブタカクニ」と語り合う
怪しい男女は、つまるところワタシとイヌワンなのだった。


ランキングバナー人気blogランキングへ
鈴蘭の花言葉は「意識しない美しさ、純粋」
でも、実はこっそり花には毒性があったりする。
花はどうあれ、渋谷の「すずらん」に「中毒性」は間違いなくある。

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
ついでにお花でもいかがですカー?



arima0831 at 22:23|PermalinkComments(5)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 11, 2006

渋谷『すずらん』の焼き餃子

中華そば すずらん
最寄駅:渋谷
料理:ラーメン一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


1時ちょっと前という、最悪と思える時間帯だったけど、意外に8人待ちくらい。
並ぶ。餃子食べたさ。

行列と混雑はありとあらゆる手段を駆使して避け、逃げ、よけて回るワタシだけど、
Mr.いぬわんがあんな美味そうな餃子の写真をUPするからいけない(人のせい)。
http://inu1.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_acc4.html

ここはお昼は水餃子をやっていないので、前回「なんだ、焼き餃子か」とパスしたけど、オーダー。

我が実家は、満州育ちの父の遺言にて「餃子とは水餃子である」という厳しい家訓があるが、亡父の遺志に背いてまでも、並んでまで焼き餃子食べに行くなんて・・・しかも「すずらん」に。
パパ、ごめんなさい・・・って、生きてりゃ一緒にくっついてきてたと思う、この人。
で、きっと5分で並び疲れて「帰る!」とか言い出してたかなあ、などとしばし亡父を思う。

で、いぬわんサマサマと申し上げませう。

皮は歯ごたえしっかりもっちり。焼いてあるのにジューシー。
この餡は、ヘタな「餃子の名店」よりも、じんわり味わい深い。
おいしーよ、これ。

いきなりビール頼みたくなるけど(そういう味です)、ふと外を見たら、さっきまで「ちょっと並んでる」程度だった列が膨れ上がってる・・・
そもそも、諸般の事情で主治医に「向こう数日絶対禁酒令」を発令されたばかり。

ち、と思いつつやめた。

しかしそうか「焼き餃子はあるけど水餃子はない」っていうことは、
水餃子はまた別の逸品の可能性があるわけだね・・・
ああ、これはまた来なければ、夜に!

ついでですが、といっちゃ悪いが、太打ち麺で醤油つけ麺も頼みましたが、こっちは普通だった。ナメクジなワタシには、ちょっと塩気が強いの・・・。
でも、麺は美味しい。
これは「焼きそば」とかでも美味しいのではなかろうか。
冷麺とか、夏に出ないのかなあ・・・と、つい思う。

平打ちとは違う食感が面白いです。

しかし平日と違って、土曜のすずらんは、いかにも午前中で授業の終わった近隣大学の学生さん風カップルが主体。
近隣の男性サラリーマンが主体の週日より回転は悪いかも。

もうひとつ、ここはお店の人が実に感じが良くて、自然にてきぱき動き回っているから、あんなごった返したカウンターでも居心地の悪さを感じさせない。
並ぶ店って、すぐエバリだすから、この姿勢は貴重だと思う。

一応申し添えておきますが、私はこの日、どうしても渋谷に行かねばならない用件があったのです。
すずらんは「ついで」です。

本当です。


ランキングバナー人気blogランキングへ

arima0831 at 03:36|PermalinkComments(7)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote