焼肉

December 16, 2006

日ノ出町『がま親分』でモツ焼き(煙よケムリ〜傾向と対策?)

がま親分
最寄駅:日ノ出町 / 黄金町
料理:ホルモン焼き
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


モツ焼きブームがしばらく前に起きて、女子がモツ焼き喰らう姿が市民権をえた。
まあ、そうオオゲサなもんでもないだろうが、一昔前は「モツ焼き」って、なんとなく
「女性の食べるもんではない」という空気があったような気がする。
気にしてなかったけど(ははは)。

モツ焼きブームはいいことだと思うのだけれど、どうもなんだかなにかが足りないような
気がしていた。
なにかが消えた。
ナンダロウ?

ふと思いついてしみじみ考えて「店内にもうもうと立ちこめる煙」がなくなったんだ、
と気がついた。

確かにちょっと前まで(ほんの5〜6年前くらいの話)、モツ焼き屋に行くとなったら覚悟しなければいけないのは「服に染み付く匂い」だったっけ。
だからなるべく洗える服で行くものだった。

仕事の帰りなど、そういうわけにも行かない場合は、以下の選択肢があった。

.皀直討、焼肉を諦める(だから女性が寄りつかなかったのだ。でも、ワタシには論外)
帰宅して着替える(物理的に無理)
そういう「いざモツ焼き」のために、職場に着替えを用意しておく(面倒くさい)

そういうわけで、編み出した「秘策」があった。

いまわずそのまま突入する

これだ。

でも、女性のスーツの類というのは、お洒落で美しくなければいけないがために、
案外と生地や造りがチャチなのだ。
「え〜い、クリーニングに出せばいいわい!」と腹をくくるのもたまにはいいけれど、
しょっちゅうやっていると確実に服の寿命を縮める。
結婚して初めて、オットのスーツをためつすがめつ眺めて「いいなぁ」とぶちったものだ
(眺めるのはいいけど、その辺に放り出さないでオクレ、と文句を言われたっけな)。

まあそういうわけで、考えなしに突入を繰り返すと、貴重な「戦闘服」が確実に駄目になるから、一応色々と考えた結果が、秘策の続き。

大きなビニール袋を持って行って、ジャケットだけきっちり密封する。
それで、足元(カウンターやテーブル下など)に置く。
ビニール袋が無ければ、裏返してカウンターの下などに突っ込むだけでかなり違う。


モツ焼き屋によっては上着だけ預かってくれるところもあるが、阿呆と煙は上にあがる。
「火よりも上」にある限りムダってものだ。

まさか全部脱ぐわけにも行かないし、そんなことをしても誰一人喜びはしないので、ボトムは諦める。でも、案外そう匂いがつかないものではある。
爾後の消臭剤散布&陰干で風当てくらいで、どうにかなる。

インナー?
これもまさか脱ぐわけにはいかない(再々ながら、決して誰も喜ばない行為でもある)。
でも、お洒落な女性には申し訳ないが、ワタシのスーツ用インナー選びの「最重要点」は「家で洗える」と、ここに尽きたので(ついでに恥をしのんで告白すると「アイロンいらず」が次に来た)、洗えばよい。

最近はスーツをほとんど着ない生活になったので「今日は焼肉!」となれば、しっかり「洗える服」で出撃するのだけれど、なんとなく拍子抜けすることがある。
皆に嫌われ抜いた挙句、焼肉屋やモツ焼き屋から、煙がほとんど消えてしまったのだ。

どこもかしこも、コンロの上に強力な換気扇を回して、これでもかコレデモカと
煙放逐運動(?)に励んでいる。

確かに男性だって、女性同様にスーツが匂うのはいただけないだろうし、うっかりいいスーツでモツ焼き突入して、帰宅後奥さんに叱られることもあるのだろう。

でも、それにしても、やっぱりモツ焼き屋の煙って、ある種「旨さのうち」のように
最近しみじみ思ってみたりする。
煙と共に、ジュワ〜ッと肉が焼ける匂いまでが消えてしまうようで、ちょっと寂しい。

そういう寂しい気分が、先日出かけた『がま親分』ではそれなりに解消はできる。
・・・もう少し、肉が旨くて安ければ言うことないんだけれどもなあ・・・。
ちょっと期待過剰だったかしらん。

普通のモツ焼きだけど、いい飲み屋さん、というところでしょうか?


ランキングバナー人気blogランキングへ
炭火恋しい今日この頃・・・。





新品と古本を併せて買えるのが、ここのメリット。
品揃え薄いけど、一応要チェックではあるのです。




各種ご相談承り、だそうです。


arima0831 at 02:02|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 18, 2006

野毛『焼肉 大衆』 日本ハム必勝祈念一人ジンギスカン

焼肉 大衆
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:ホルモン焼き / ジンギスカン
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


遅まきながら、やはり嬉しい日本ハム優勝。
北海道に新天地を求めて、よかったねえ、としみじみ思う。

以前優勝したときは『後楽園球場』で巨人と日本シリーズだった。
当時ジャイアンツは圧倒的人気だったから、悲しくも球場の9割以上は
巨人ファンが埋めた。
なんだか気の毒なくらいの悲しい決戦だったのを覚えている・・・が、よくよく聞くと
「あれ以来初めての優勝」なんだとか。

実は学生時代は札幌にいたので、第二の故郷でもある。
いまだに遊びに行くと、お世話になった先生たちが飲みに連れていってくれる。
いいトシなんだから「先生、今夜はワタクシめが是非一席・・・」と、いきたいところだが、そういう甲斐性のないのが悲しい。
でも「おお、よくきたねえ」とおおらかに歓待してもらうたび、楽しかった学生時代を思い出して、しみじみと嬉しい。

そして、この街が歓びに湧くと思うと、やはり胸が熱くなる。

故に、がんばれファイターズ!→懐かしの札幌→ジンギスカン喰いたい、という思考回路は
実に自然なものだろう。そうだろう。そうに違いない。当然ですね。

しかも、
秋深まる頃→冬に備える体力づくり→ホルモン焼き喰いたい、という思考も、
正しくシンクロする。
当然の自然の摂理なのだ。そうですね。そうなんですよ。

単純に「羊肉」ということならば、お馴染みの『だんだん』に行くのだが、気分は郷愁に駆られて「品良くラムより、がっつりマトン」だ。
(*注: 『だんだん』二号店は、現在海鮮炙り焼きがメインになってます)。

看板そういうわけで前を通るたびにユビを咥えて眺めていた、こちらのお店にフラフラと入ってしまった。
なにしろここは、この辺の焼肉専門店には珍しく閉店は夜10時と早い。
昼の営業も週末を除いてない。
日曜は昼からやってるようだが、店から首を出すとWINSが見えそうな位置なのだ。客層は推して知るべし。


大衆まあとりあえず、いきなり一人では入りにくい構えなのではある。






おすすめでも、唯一手がかりとなる「この値段」は、相当そそられるものがある。


ガラッと引き戸をあけると、中は特段特殊なこともない、町場の庶民的な焼肉店。
あまりの安さにあまり期待していなかったが、意外やマトンは下処理がよいのか柔らかく食べやすく、臭みも薄い。
「がっつりマトンのジンギスカーーーン!」という猛々しいイメージではなく、実に普通の「羊焼肉」だ。
タレも甘すぎず、素直に食べやすい。

ホルモンはもっと期待値が薄かったが、柔らかく、脂がのって、臭みもない。

サンチュ(350円)にくるんで、ワシワシと食べる。
サンチュの場合、水きりしていない水滴まみれの葉が出てくることが多いのだけれど、ここはちゃんと乾いている。

この値段でこれだけのものが出るならば、まったく文句はない。
量も値段に合わせて少なめなので、一人焼き肉にはいい場所だ。
 
まあ、ガス焼きではあるけれど、炭焼きなのに炭をケチって火力が弱く、焦げ目がつく前に旨みが抜けるような、近年突然変質した近隣のホルモン系チェーン店より遥かに満足感高い。

お店の人も、静かに放っておいてくれる。
こういうとき、なまじ女性客だと気を使って話かけてくれたりして、逆に気疲れするのだけれど、黙々と一人で焼いて食べてさっと帰れるのは、正直言ってありがたい。

店を出て、野毛の路地裏をふらふらしながら「がんばれ、ファイターズ!」と
必勝祈念しつつ、飲み直しに向かったら、そこのバーのママが、なんと母校の先輩だったことが判明した。
幸先のよいことである。


ランキングバナー人気blogランキングへ
昨日記事の状況を考えると、圧倒的に北海道有利なのだ(?!)



2着以上で送料無料【訳あり】日本ハムファイターズ/ZIPパーカー黒/S【0610p_大特価】 今ならお買い得?!

プレイヤーズTシャツ(ホーム選手名) 新庄Tシャツは売り切れ間近!

北海道日本ハムファイターズ公式応援歌〜Go!Go!ファイターズ公式応援歌CD!


arima0831 at 02:29|PermalinkComments(15)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote