燕の巣

February 10, 2008

マカオをぶらぶら 其の二 〜散策、そして悲劇と嘆きの夜(?)〜

どうもイマイチなランチだったが、これならディナーでなにが来ても感動できるはず。なんだか懐かしい感じもしたし、よろしいんじゃないですか・・・。
ブツクサ言いながらオットとしばらく歩く。

店この日の朝の段階で
「燕の巣などの美肌効果」を実感したワタシ。
ついつい店をのぞきこんでしまう。
店の奥からお爺さんがニコヤカに
オイデオイデをする。

燕の巣以外にも煙草やら酒やら、あれこれ雑多に売っている。
不思議な店だな。   

入れ物高いのと安いの





テーブル用砂糖入れ位の大きさの壷。

「お肌にねえ、とってもいいよ」
「今すぐ食べられるんだよ、ほうら」

と、優しく囁くお爺さん・・・「いくら?」と聞いたらナンダカンダで一壷三千円くらいはする。
量があるといったって安いものでもない。
でもついつい「ん〜話の種に、なんちゃって」と呟くなり、オットの目つきが剣呑に。ワタシが口を半開きにしている間に、爺に冷徹なオコトワリ宣言を下した。ちぇ。

燕の巣看板写真だけ撮らせてもらって
スゴスゴと店をあとにする。
しかし辺りをちょっと歩くと
この類の店ってこの辺りに
山ほど軒を連ねているのだ。

行き当たりばったりではなくて、こういう類のものは要事前調査ではある。
フン、調べて一人で戻ってきてやる・・・などと心の中で呟いてみた。
呟いただけで終わったが。

オットはホテルに帰るというので、一人で散歩続行。
ディナーに向けて、腹ごなしが必要だ。

ディンタイフォンこんな店にも出くわす。
こんなところにもあったのかい。
まったく、どこにでもあるな。
マカオにまでねえ、ふうん・・・


・・・しばしのち・・・

小龍包豆乳




気がついたら店内にいて、小龍包が目の前にあった。
あれ、なぜかしら?
まあ目の前にあるものはしょうがないから一応食べなくちゃ・・・
これが驚いたことに、横浜高島屋で以前一度食べたやつとそっくりの味。
汁はそこそこ熱かったし、値段は三割安くらいだったが。
どうも微妙に肉汁が生臭いような気さえする。

だから「どこでも小龍包を脊髄反射的に注文する習慣を改めよ」と理性が常に言っているではないか。
でも「喰い意地」という別人格が勝手なことをする。
やれやれ。

冷たい豆乳も来た。温かいのを頼んだはずだけどな。
たぶん自分で間違えたのであろう。面倒くさいから飲んでしまう。
ウマイが冷たいのだ、冬だというのに・・・。

マカオは不思議な街だ。
ギンギラな巨大カジノ乱立地区からほんのちょっと歩いただけで、南欧の風情漂う瀟洒な古い街並みに変わる。
これだけだったらハウステンボスもどきだが、路地や道端に中華な生活感が違和感なく溶け込んでいる。
ただホケララと歩いているだけで、なんだかとても楽しい。

サトウキビのジュースジュース屋の軒先にはサトウキビ。
エジプトでよくのんだなあ、と
懐かしさに駆られて一気飲みする。
ほんのり甘くてウマイが
この寒い時期にかなり冷えてる・・・

そろそろ薄闇を被った街の大きな通りを、何故かスクーターに乗った老若男女の大集団がパルパルパルパルと埋めている。
イベントやデモというものでもなさそうだ。
どうも帰宅時間らしい。
マカオ市民の足はラッタッタなのかしらん?

もうちょっと街をぶらぶらしたかったが、いつの間にか日が暮れていた。
まあ、明日ゆっくり出直せばいいや・・・とタクシーを探すが、いない。
つい今さっきまで、町のそこかしこにいっぱい走っていたような気がするけど、一体どこに消えたのだ???

たまたま大きなホテルの近くを通ったので、ドアマンにタクシーを頼んだら
「いまねえ、ちょうどタクシーは交代時間だからいないんだよね」と。
タクシーまでがオウチに帰る時間なのだ。
ワタシもオウチに帰りたい。
聞けば歩いて15分かそこらの位置だ。
十分歩ける距離だが、なんだか妙に疲れてだるい。

何とかホテルに辿り着き、ベッドにぱったりと横になり・・・
ああ、遠く昔に流行った歌がきこえてくる・・・

♪なつかし〜い〜〜、イタミだ〜わ〜〜♪
♪ずうっと前にぃぃぃ〜、忘れていたぁぁ〜〜〜♪♪

しばしのち、ワタシは悲しく情けない思いをキリキリと噛み締めながら
ベッドの上で海老のように丸まっていた。
まさか何故かこの期に及んでこのタイミングで、しかもマカオで「大アタリ」を引いたのだった。

バクチじゃなくて、バクチリアでっ!!
犯人は・・・たぶんサトウキビのジュースだな・・・(萎)

詳細省略。
ご関心ある向きは、こちらをご参照いただきたく・・・。

かくしてマカオの夜は過ぎた。
どうにかして這ってでも何か喰いにいくぞ・・・と呻いてみたが、ウィルスとの戦いに忙しくてそれどころではなかった。
ああ、なんてこった。

高価な燕の巣を食べていなかったのが、せめてもの慰めかしら・・・(嘆)


ランキングバナー人気blogランキングへ
思い出と感傷は、痛みと苦しみを伴うものである。ちぇ。



これだけで何とか自力治療。皆さんは真似をしないでください。

マカオノスタルジック紀行 (アジアの街トラベルガイド)

こんな本まで買い込んでいたがなあ・・・きー、必ずまた行ってやる!

arima0831 at 03:55|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote