犬喰い

July 03, 2006

嗚呼!『天龍菜館』・・・!!(ごめんこうむりやす)

天龍菜館
最寄駅:石川町 / 日本大通り
料理:広東料理
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


某恰幅のよい方のブログで、ワタクシと「犬喰い」のMr.いぬわんが「チーム・ディープ中華はここにいってきて!」という指令がくだった。

何故面識もないのにチーム化されるのかわからぬまま、不可思議なメールを飛ばしあいながら、いってきた。

なんとなく突然売り出された「青春アミーゴ」ジャニーズコンビの、ディープ中華街バージョンだろうか?
どっちがどっちだ??とかいうと、今やまさに微妙な話にいこうとしてんのに、もっとややこしくなるからやめる(「じゃあ最初からするなよ」「でもまあいいじゃん」とブチリあう自分と自分)。

ここで愛が芽生えれば、管理人がマッタク意図しない「出会い系」な空気もあるんでしょうが、やり取りが「あ〜腹いてぇ」「なに拾い食いしたんだよ?」という調子の打ち合わせ。

まあ、これも出会いのひとつではあるかな。
さて!!!

で、上意ゲタ2(?)の結果・・・

3000円のコース、7名でいってきた。

「2000円は寂しい。4000円は贅沢。3000円がいいよ」と、予約電話したいぬわん氏はいわれたそうで・・・(「いいじゃん」「な、いい感じじゃん」という打ち合わせ)。

事前に顔を出し、例湯とモツ系が欲しいけれど、あとはお任せでお願いします、ということにした。
あんまりごちゃごちゃいうと「きちんとしたコースのコンセプト」のある店では、逆に悪く転じかねん、といういぬわん氏のアドバイス。
 
色々リサーチすると、ここはかなり広東料理系の知識があって、ご店主へのリクエストにも技術がいるらしい。

でも、先方の薦めた値段のお任せではある。

さて、結果に飛ぶ。
 
これほど五つ星をつけた方たちと、ワタシらがあの日食べたものの隔たりは、いったいなんなのか、結構悩んでる。
 
インターネットでちょっと神格化されすぎた嫌いがあるかな。
お店自体は、好き嫌いは別として、それなりの「味」はある。
突然香港の裏路地に迷い込んじゃったような。
 
もちろんまずくもない。
8品出て、完全なNGは(しょっぱすぎた)一品だけ。

(各料理の映像、内容などは、一緒に会を主催した「臨時青春アミーゴ」の相方、いぬわん氏の記事をご参照ください)。
 
でも、あとは、味付けも調理法も、わりあい平板な印象。
高度な知識を駆使し、ご店主に全面協力体制で臨むと違うの?

ワタシは、金を払ってまで皿を洗いたくない。
極私的な意見をいえば、そうしてでも食べたい料理はあるかもしれないが、あの店ではなさそうだなぁ。
 
ご店主はいい方なので「あの環境」にもかかわらず、辛い点がつけにくいのは心情的にわかります。何とかがんばって欲しい、と、ファンがつくお店でもありましょう。
 
また、ガレージのような店内など、東南アジアの裏路地的な雰囲気はあります。結局はお好みですね。

ただ、大勢で賑やかにご飯を食べられて、これは楽しかった。
ご一緒くださったみなさんに感謝!
やっぱり最高の調味料は、楽しい仲間だ。

最後に一言いうなら、曲がり角の、まるで大学の学祭みたいな「インターネットで有名な・・・」なんてかいた看板は、単にお店の価値を下げるだけだと思う。
私は正直、あれを見てがっかりしたな。
 
ランキングバナー人気blogランキングへ
あとは、Mr.いぬわんに解説していただきませう・・・(逃)。
でも、驚くほど意見が一致しましたね。驚いた。


中国四大料理 至極のレシピ集―北京・上海・広東・四川 歴史と伝統の最先端中華料理


横浜中華街で楽しむ広東料理と世界のワイン


arima0831 at 03:04|PermalinkComments(19)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote