田中屋

June 05, 2007

平沼橋『田中屋』 〜鴨せいろの季節・・・なんだろか?〜

田中屋そば店
最寄駅:戸部 / 高島町 / 平沼橋 / 新高島
料理:そば / うどん
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食


つけ鴨。
変な名前だ。
鴨せいろ、ともいう。
あったかい鴨汁に冷たい蕎麦をつけて食べる。
すごく中途半端な代物だ。
だからどうも今まで、特に食指が動かなかったんである。
たまに食べているのは間違いないから、決して嫌いではないのだろうが、積極的に食べる
というほどではなかったと思う。

でも、ナンデだかわからないけれど、突如として蕎麦屋で「つけ鴨」を頼みたくなる
今日この頃。
まあ、冷たい蕎麦を体が求めるほど暑くなっておらず、かといって熱い汁物を食べるには
ちょいと暑い季節なのだろうか。
季節が中途半端だと、食い物も中途半端なものがよいのか。
よくわからないが、最近ふと気付くと、蕎麦屋で「つけ鴨」だの「鴨せいろ」だのを
ぼーっと啜っている自分がいる。

田中屋『田中屋』の「きざみ鴨せいろ」880円。
カレーうどんで有名な店だけれど
これは別の名物だとか。
鴨の脂を刻んで、つけ汁の上に張ってある。
蕎麦猪口は先が細め。
こうすると汁が冷めにくいそうな。


蕎麦は二枚来る。
「大盛りなんか頼んでないです」と言いかけたら、隣の席に「大盛り」が来た。
大盛りだと三枚来るのだな。
蕎麦の量、結構多い。
つけ汁の量にしては多い気がする。

しかしなんとこの汁は、たいそう「月旨」だ。
確かに鴨の旨みは脂にあるなあ、としみじみ思う。

汁もこのスタイルだと確かに冷めにくい。
蕎麦猪口が熱くて持てないのがちょっと辛いけれど、汁がこれより多いと塩分過多だな。
蕎麦湯で最後まで啜るには丁度いい量かもしれない。
こうしてみると、猫舌のワタシのためにあるような料理だったんだよね、と思う。

さて、この蕎麦なのだけれど、これはどうも「好みのタイプ」ではないのだった。
このときたまたま、なのかも知れないけれど、ちょっと茹ですぎた感じあり。
街の蕎麦屋さんとしては上出来だと思うけれど、ワタシはもうちょっと色黒で腰のある
ごついタイプが好きなのだ。
蕎麦の話です。オトコじゃなくって。

蕎麦の好みというのは、実はラーメンよりも多様なのではないか、と思うことがある。
日本の伝統文化の一部だけに、ラーメンを哲学すると単にウザいが、これが蕎麦ならば
堂々と哲学薀蓄三昧不心得者即刻江戸所払(ここは神奈川だけど)・・・という印象がある。
どっちみちウザいがな。
勝手なイメージだし。
すみません。

で、何故こういう好みになったのかなあとよくよく考えたら、亡父の好みをそっくり
受け継いだだけのことだ、とふと気がついた。

子供の頃、国分寺に住んでいた時期があって、家の近くに『一乃家』という名前の
手打ち蕎麦の店があった。
ここの「深山そば」という太い黒い蕎麦が、父もワタシもついでに弟も好きで好きで
家族でよく出かけたものだった。
ついでに、ここは饂飩も旨かった。
きゅっと腰のある饂飩を鍋に入れてもらったりしたな。
あの食感が今でも懐かしい。

思いついて調べたら、まだ以前と同じ場所でやっているらしい。
便利な世の中だ。すごいぞインターネット。
30年以上前の話だから、今はどうなのかわからないけれど。

行ってみたいと思うのだが、夢にまで出てくる荻窪『安斎』の鰻すら食べにいけない
根性ナシには、考えるだに夢のまた夢。

いつかそのうちに・・・(祈)。


ランキングバナー人気blogランキングへ
そういえば、鰻・・・嗚呼、ウナギ。



 蕎麦茶も好きだ。

自遊人 2007年 07月号 [雑誌]

こんな雑誌が出るくらいだから、蕎麦の季節なんですね、やっぱり・・・。

arima0831 at 00:14|PermalinkComments(22)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 10, 2006

横浜西口『グリルつくし』 カレーうどんに振られた日

グリルつくし
最寄駅:横浜 / 高島町 / 平沼橋
料理:洋食 / グラタン
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食



ある日、突然カレーうどんが食べたくなった。
こんなことは生まれて初めてだ。
よくよく考えて見ると、ワタシってひょっとして「カレーうどん」というもの自体を食べたことないかもしれない、とすら思う。
「なんだか薄気味悪い」というだけの理由。
ワタシにとって「いちご大福」と同じラインに並ぶ代物。

オマエのよーな悪食なもんに「この食べものは薄気味悪い」とか、誰も言われたくなかろうよ
と諫める自分の中の自分。

ところが、ここやら、あそこやらから、なんだかやけに食欲を刺激するササヤキが聞こえて、なんだか「カレーうどんな気分」にまでなってしまったわけで。
どうしてわたしは、こうも他人に影響されやすいんでしょうか。
ヤダヤダ。

それでテケテケと歩いて出かけたら、なんと「祝日で休業」だった。
唖然呆然と立ち尽くす。
な〜ぜ〜だぁ〜〜〜?!

でも、せっかくここまできたので、気を取り直して別の店に向かう。
気分は「カニクリームコロッケ」に切り替わっている。
そうそう、南区の某氏も現れたらしいわ。

店はどうも不思議なロケーションにある。
自分でも何故行きつけたのか不思議。
どうも横浜西口の近くらしい。

入ると、なんとなく店内が暗い。
昼間は節電する主義なんだろうか?

そして「エビカニクリームコロッケ」を食べた。
南区の方と同じく「ポークマンション」なるメニューに心は激しく揺れたが、初志貫徹
(10分前まで「カレーうどん」だったクセに、よくいうよ)。
しかし凄いネーミングだわ。

ここはなんだか不思議な店だ。
セットでスープにちょこんとしたサラダまで付けているのに、ライスだけ「別料金」。
微妙に釈然としない気分で小ライス150円を頼む。

食べた結果・・・「カニクリームコロッケ」は、とりあえず諦めることにした。
普通の洋食屋では、サクッときてクリームとろりん、というのは無理な注文らしい。
冷やし固めたベシャメルに素早く衣をつける、というのは、きっと余りに面倒なのだろう。
だから、中身がモッタリ重たくて舌触りが悪くても、不満を言うべきでないのだ。
そういえば、うちの母もよくそんなことを言っていたなあ、とイマサラ思い出す。

そう、自分でやれよってことですね・・・でも、我が家は自宅で揚げ物を食べないのだ。
オットが嫌いなの。
自分で作るほどの情熱もない。

「ポークマンション」には相変わらずちょっと未練はあるから、ひょっとして近くに行ったら寄ることもある、かなあ。

まあ、お天気もよくて、いい散歩にはなりました。
それで良しとしよう。

それにしても、今年はいつまでも冬の気配が薄い。
お天気がいいのは有り難いんですけれどね。
でももう立冬を過ぎたというのに。
不思議なのだ。


**お詫び**
記事冒頭、当初「浅間町」と書いてありましたが、激しい勘違いでした。
お詫び申し上げます。

**おわび2**
気付いたわりに、最寄り駅が「戸部」のままでした・・・しくしく。
申し訳ありません・・・(泣)。一番近いのは「平沼橋」です。
訂正しました。


ランキングバナー人気blogランキングへ
それにつけても、カレーうどんがまだ食べたい・・・。




読書の秋です(相変わらず送料無料)。



いらない本は売ってしまって・・・



入れ違いに別の本が山ほどやってくる・・・
部屋はいつまでも片付かないのです。



arima0831 at 22:13|PermalinkComments(19)TrackBack(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote