福豆

February 05, 2007

西麻布『青柳』で和菓子と福豆 〜祝!15万ヒット(初のキリ番)〜

まずは御礼を。

キリ番というのは節目として嬉しい。
嬉しいのだが、1万はキッチリと自分で踏んだ(かなり萎えた)。
3万はアレレと過ぎ、5万と10万は申告なし。
15万はどうなるのやら・・・と案じていたら、昨夜無事にコメントをいただけた。
夜10時10分ごろ。ぱちぱち。

k.kさん、ありがとうございます。
おめでとうございます、と言いたいトコロだけれど、めでたく思えるほどのことは
できないので(?)、まずは感謝の意を。
よろしければ、ご連絡下さい(いただいたコメントのところを御参照下さい)。

実は危うく自分で踏むところだった。
なんとなく開けたら、149,999。
ああ、危ない危ない・・・。

何度か書いたが、自分でもよくわからずにライブドアの某サイトをいじっていたら、
アレレという間にブログが出来上がっていたのが始まり。
ブログを始めるのは簡単、というが、ワタシのようなIT音痴のメカ駄目でも、
無意識のうちに作れてしまうほど簡単なのだ。
むしろ、うっかりできてしまわないように、気をつけたほうがいいくらいだなあ
(実はその後二箇所ほど、やっぱりうっかり出来ちゃったのがあるらしいが、
見なかったことにしてある)。

できちゃったものはしょうがないので適宜体裁を整えて、なんとなく過ごすうち
ソコソコ育ってしまった。
こんなにいいかげんなスタートを切ったブログも珍しいのではないかと思う。

喰い意地だけをよすがに、阿呆のようにうろちょろしている話ばっかりの拙ブログ。
どうも昔から写真が苦手なので、ろくな画像がみられるわけでもないのに、
わざわざ見に来てくださる方は、本当に嬉しく有難い。
皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございます。
一人でウダウダやってるだけであったら、とっくに飽きてやめていたかと。
嘘偽りなく、続いているのはひとえに皆さまのおかげです。

さて、節目ということで節分の話・・・(関係あるのか?)。

先日、原宿でランチをするついでに髪を切った・・・のではなくて、髪を切るついでに近くで
ランチをしたあと、ポクポクと散歩がてら歩いて六本木に向かった。
この区間の移動は、歩くのが意外と早い。
東郷神社前くらいから西麻布の交差点まで20分弱くらい。
もう一足で六本木ヒルズになる。
お天気もいいし、美味しいもの食べて、髪切ってさっぱりして、いい気分のお散歩。

途中で和菓子を買った。
甘い物は、実はそう強烈に好きなわけでもないが、たまには食べたいお菓子もある。
いつも酒ばっかり飲んでるわけじゃないんです・・・。

和菓子 青柳
最寄駅:表参道 / 外苑前 / 広尾 / 六本木 / 乃木坂
料理:和菓子
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ


西麻布の住宅街の入り口辺りに、昔からある和菓子屋さんだ。
一個200円前後で、季節のものをいろいろ売っている。

実は何年か前に初めて「桜茶」を買ったのが始まり。
桜の花びらの塩漬けだが、これが二日酔いに効く。
本当にそういう薬効があるそうだ。
どうぞお試しあれ。

hanabiramochiお店の前を通ったら「花びら餅」という紙が張ってあった。
白味噌餡に塩漬け牛蒡、白い求肥がふっくら・・・
ううう、今年のお正月は買いそこねてがっかりしていたけど、
まさかひょっとしてまだ売ってるのかしらん(ぎりぎりまだ一月だし)
・・・と、期待をこめて聞いてみたら、

「二日前に仕込んでいた材料を使いきって、売り切ってしまって・・・」とのことだった。
そういえば去年もここで、通りすがりに花びら餅を買ったのだ。
忘れていたけど、去年は偶然間に合ったのだな。

ちょっとがっかりしたが、せめてなにか似たようなもの、ということで桜餅を買った。

sakuramochi「なにか似たようなもの」と言いながら買ったので、
お店の奥さんが不思議そうな顔をしていた。
確かに、これは漉し餡だ。
いや、まあ、イメージ的に「花びらつながり」といおうか・・・
実は桜葉の塩漬けも好きなのだ。
だから、いいのだ。

しかも写真の桜餅は上下逆だぞ。
なんか変だなあと後から気づいたけど、まあいいや。
いきなり齧り付いているから、無意識のうちにこういう写真になるのかな。
ああ、不調法なこった。やれやれ。
テキトーに笑ってやってください。

ついでに、節分の福豆も買った。
毎年同じところから仕入れた大豆を炒って売っているのだそうだ。
ここの奥さんは、商品一個一個に実に愛情こもった説明をしてくれるので、
説明してもらうと買わないのが申し訳ないような気分になる。

「少しだけ撒いてですね、食べるとよろしいですよ」ということだったので、
節分の日の夜に結婚以来初めて豆撒きをした。

本当は年の数だけらしいが、いまさら自分達の年を数えるのも面倒なので(ふん)、
ほんの軽く一握りを二人で窓の外に撒いて、あとはビールのつまみにした。
薄青い大豆がほんのりしょっぱくて旨かった。


ランキングバナー人気blogランキングへ
あ、桜茶を買い忘れたぞ・・・。


 桜の花束。桜茶と金平糖つき。

 桜茶はこちら。

arima0831 at 14:02|PermalinkComments(22)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote