角平

June 05, 2007

平沼橋『田中屋』 〜鴨せいろの季節・・・なんだろか?〜

田中屋そば店
最寄駅:戸部 / 高島町 / 平沼橋 / 新高島
料理:そば / うどん
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食


つけ鴨。
変な名前だ。
鴨せいろ、ともいう。
あったかい鴨汁に冷たい蕎麦をつけて食べる。
すごく中途半端な代物だ。
だからどうも今まで、特に食指が動かなかったんである。
たまに食べているのは間違いないから、決して嫌いではないのだろうが、積極的に食べる
というほどではなかったと思う。

でも、ナンデだかわからないけれど、突如として蕎麦屋で「つけ鴨」を頼みたくなる
今日この頃。
まあ、冷たい蕎麦を体が求めるほど暑くなっておらず、かといって熱い汁物を食べるには
ちょいと暑い季節なのだろうか。
季節が中途半端だと、食い物も中途半端なものがよいのか。
よくわからないが、最近ふと気付くと、蕎麦屋で「つけ鴨」だの「鴨せいろ」だのを
ぼーっと啜っている自分がいる。

田中屋『田中屋』の「きざみ鴨せいろ」880円。
カレーうどんで有名な店だけれど
これは別の名物だとか。
鴨の脂を刻んで、つけ汁の上に張ってある。
蕎麦猪口は先が細め。
こうすると汁が冷めにくいそうな。


蕎麦は二枚来る。
「大盛りなんか頼んでないです」と言いかけたら、隣の席に「大盛り」が来た。
大盛りだと三枚来るのだな。
蕎麦の量、結構多い。
つけ汁の量にしては多い気がする。

しかしなんとこの汁は、たいそう「月旨」だ。
確かに鴨の旨みは脂にあるなあ、としみじみ思う。

汁もこのスタイルだと確かに冷めにくい。
蕎麦猪口が熱くて持てないのがちょっと辛いけれど、汁がこれより多いと塩分過多だな。
蕎麦湯で最後まで啜るには丁度いい量かもしれない。
こうしてみると、猫舌のワタシのためにあるような料理だったんだよね、と思う。

さて、この蕎麦なのだけれど、これはどうも「好みのタイプ」ではないのだった。
このときたまたま、なのかも知れないけれど、ちょっと茹ですぎた感じあり。
街の蕎麦屋さんとしては上出来だと思うけれど、ワタシはもうちょっと色黒で腰のある
ごついタイプが好きなのだ。
蕎麦の話です。オトコじゃなくって。

蕎麦の好みというのは、実はラーメンよりも多様なのではないか、と思うことがある。
日本の伝統文化の一部だけに、ラーメンを哲学すると単にウザいが、これが蕎麦ならば
堂々と哲学薀蓄三昧不心得者即刻江戸所払(ここは神奈川だけど)・・・という印象がある。
どっちみちウザいがな。
勝手なイメージだし。
すみません。

で、何故こういう好みになったのかなあとよくよく考えたら、亡父の好みをそっくり
受け継いだだけのことだ、とふと気がついた。

子供の頃、国分寺に住んでいた時期があって、家の近くに『一乃家』という名前の
手打ち蕎麦の店があった。
ここの「深山そば」という太い黒い蕎麦が、父もワタシもついでに弟も好きで好きで
家族でよく出かけたものだった。
ついでに、ここは饂飩も旨かった。
きゅっと腰のある饂飩を鍋に入れてもらったりしたな。
あの食感が今でも懐かしい。

思いついて調べたら、まだ以前と同じ場所でやっているらしい。
便利な世の中だ。すごいぞインターネット。
30年以上前の話だから、今はどうなのかわからないけれど。

行ってみたいと思うのだが、夢にまで出てくる荻窪『安斎』の鰻すら食べにいけない
根性ナシには、考えるだに夢のまた夢。

いつかそのうちに・・・(祈)。


ランキングバナー人気blogランキングへ
そういえば、鰻・・・嗚呼、ウナギ。



 蕎麦茶も好きだ。

自遊人 2007年 07月号 [雑誌]

こんな雑誌が出るくらいだから、蕎麦の季節なんですね、やっぱり・・・。

arima0831 at 00:14|PermalinkComments(22)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote