銅羅湾

January 09, 2008

香港ほにゃらら記 其の二 〜到着即大食〜

ほぼ徹夜で早朝5時に家を出たけれど、ようやくホテルに辿り着いたのは夕方ごろだった。
やはり香港は、熊本の山奥や真夏の渋滞を踏み越えた先の伊豆よりも
多少遠い。
さすがは海外だな。

到着後ちょっとゴタゴタしたが、とりあえず省略。
(食べ物がらみ以外は「ぶらぶら」のほうに上げようかなあ、と思っているので、あわせてご参照いただければ幸い・・・といいつつ、ナニをどっちに振るかまだ思案中)

右も左もまったくワカランので、とりあえずホテルのフロントに「ここはどこなのでしょおか?」と尋ねたら、銅羅湾エリア周辺、ということだった。
銅羅湾と書いて「コーズウェイベイ」と読む。
中華系の漢字変換の規則性って、なんかよくわからん。

「近くて賑わっててレストランなんかがあるのはどっちのほうだろか?」と尋ねたら、「タイムズスクエア」という大きな商業ビル辺りが賑やかで、歩いて5分くらいだよ、との由。
もらった地図をポケットに突っ込んで、だらだらとそっちに向かう。

houjoushukaタイムズ・スクエアを目指したはずが
いつの間にか微妙に方向がずれていた。
超級方向音痴のワタシが地図をにらみ
究極方向音痴のオットが
ほけらほけらとあとをついてくると
まず目的地にストレートに辿り着けない。
だからこういうときには
目的地をなるべく設定しないことにしている。
ここは Leighton Rd.という通り沿い。

houjoushukaくたびれていて思考停止状態なので
とりあえず目に付いた大きな看板の店に入る。
そういえばお腹が空いた。ビールも飲みたい。
夕方5時ごろでまだ時間は早いので
店はがらがらだ。


ビールの色々塩P





まずお茶の種類を聞かれるので、とりあえず普洱茶をたのむ。
そうそうビールもちょうだいね、と言ったら、ほいと別のリストをくれた。

サンミゲル=生力、ハイネケン=喜力

規則性はワカランが、こういう漢字変換センスは素晴らしい。

イキルチカラのほうがヨロコブチカラよりも安かったのでサンミゲルに。
生きているだけより、生きて喜ぶほうが少しばかり贅沢なのだ。
ううむ。

それにしても何故「スタウト=波打」なんだろうか?
理不尽さと素晴らしさに混じって、たまに規則性らしきものも顔を出す。
要するに、そういう国のそういう人たちなんだろうな。
きっと日本人観光客にありがちな行動なんだろうが、
オットと二人しばし漢字変換をネタにひゃあひゃあ喜んで過ごす。
突き出しにくれた塩茹でピーナツがウマイ。

スープスープ(アップ)





豆腐ほか色々入ったスープ。
器が小型の洗面器並み。コレだけで二名一食分の大きさだ。
しかし、薄味だがこくがあってウマイ。
豆腐以外に、みじん切りの叉焼やら野菜やら蓮の実やらがどっさり。
小さなお椀に何回取っても減らない、不思議なスープなのであった。

海老湯麺なぜかいきなり海老湯麺がきた。
こちらは小型ラーメン丼程度だが
てんこ盛りの具がすごい。
海老はぷりっぷり。
野菜はシャキシャキ。

スープがまた違う味わい。
日本の中華料理で出てくるいわゆる中華麺とは違う味の出汁。
サッパリ味で、しみじみ胃の腑にしみる。
なによりこの固めの細麺がステキだ。
何度か「香港にあるような麺を出す店は中華街にないか?!」という声を聞いたことがあるが、確かにコレはまた食べたくなるなあ。
特に凝った麺には思えないのに、何故日本にあまりないのだろう?

ウマイぞウマイ!
が、コレも侮れない量がてんこ盛りの具の下に潜んでいるのだった。

玉子の白身と蟹の炒め玉子の白身と蟹の炒め。
ちょっと味が濃いが、食感が面白い。
ご飯がほしくなる味だ・・・と
ついチャーハンを追加オーダーしてしまう。

これもまた、食べても食べても減らない不思議な一品・・・嗚呼。

チキンのロースト鶏のローストを半分。
鶏の味がまるで違うぢゃないかーー!
外側はパリパリなのに
肉にはしっとり弾力があって
噛めばジュワァジュワァと肉汁が・・・

鳥インフルエンザがどうした!と強く激しく思いつつ骨にむしゃぶりつく。
はぁはぁ。
素手で骨をしゃぶっていると、何故呼吸が荒くなるのかね?

しかーーーし!
量は要するに鶏半羽分なのだ。嗚呼。

チャーハンふと我に帰ると店は満席になっていた。
最初はヒマだった厨房が
各メニューをイッキ出ししたのだが
チャーハンがなかなか来ない。
来たら・・・爆量だった、嗚呼。

某店のブタニクチャーハンを思い出す。
ナイスなルックスの通り、味も似ているがちょっと薄め。
何故まだ喰えるのかわからないまま、二人無言で喰い続ける。
刻んだ叉焼のようなものがやたらにウマイ。
海老もぷりぷり。

ここで「あのブタニクチャーハンはいくらだったっけ」などと考えるのは
野暮ってもんだろうが・・・恵比寿の方が安い(笑)

ぱりぱりちょろメニューには楽しい日本語訳付き。
この「ぱりぱりちょろ」とは
要するに「パリパリに焼いた腸」らしい。
食べたいよう・・・と呟くが
どんより濁り始めたオットの目に殺気。

「お持ち帰りにしても・・・」の一言を満腹の体内に押し戻し飲み下す。
ふう、嗚呼。

「初日ではあるし、さらっと街に出てさらっとなにか軽く食べよう」と言った
そんな記憶は既に遠く、全身を胃にして街を転がりホテルに向かう。

大晦日のタイムズスクエア周辺は、そろそろかなりな人出になっていた。
派手なカウントダウンがあるそうだ。
これはホテルの部屋で胃部をさすりつつ「イキルチカラ」とともに寝転がってテレビで見物した。

教訓: お食事は、計画的に。


ランキングバナー人気blogランキングへ
まだ一食目。



蓮の実は鎮静と整腸に薬効あり、とか。
特に「下り線乗車中」に柔らかく煮たやつが良いそうな。
はあ、なるほどね・・・(となぜか納得する)。

D09 地球の歩き方 香港/マカオ 2007~2008 (地球の歩き方 D 9)

最近の「地球の歩き方」は、けっこうアテになります。

arima0831 at 02:10|PermalinkComments(16)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック