長浜らーめん

December 25, 2006

博多ラーメン『どんたく』が浦舟町で新装開店!!

どんたく
最寄駅:黄金町 / 阪東橋
料理:博多ラーメン
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


夜逃げか?!と思われかねない状態で、旧店舗を置き去りにして消えた『どんたく』。
一部ファンがかなり気を揉む中、約束していた移転のご案内すら残さず消えた。
あの店舗では「やっぱり幻だったのか」と、妙に納得する人さえいたかもしれない。

そして、18日の開店を待ちかねるように、もうすでに、この人も、この人も、ダダダと土煙を上げて駆けつけた。
あとはこちらの御大のおいでを待つばかり。

どんたく新店舗しかも、店が・・・!






どんたく新店舗2噂には聞いてたけど、ピカピカのきれいな店舗に変身してるではないか!!

ワタシを捨ててカレの元に走ったのね!
ワタシのそばにいたときより・・・こんな・・・!
と、市大センター病院前で、呆然と佇む(単なるイメージ)。

惚れているとまではいわんが実は気にかけていた、割合身近にいた才能はあるのに身なりに構わないオトコが、よりによって「別のオトコ」に走った挙句の果て、キレイで知的なスーパー・オカマに変身したのを目の当たりにするような気分、と言おうか(どんな気分じゃい?)。

そもそも、どんなに一生懸命に住所握って地図をみても、どこにあるんやら見当もつかず。
どうやって行けば良いのかわからぬまま、オットを騙して車で出かけるという暴挙にでる。

「どこにあるの?」
「市大の浦舟町の病院の近く」
「それってどこなの?」
「・・・『ショー・ラパン』の、ち、近く・・・」
「・・・要するにわからないんだね・・・」(→微妙に怒っている。心が狭いなあ)

M1グランプリの予選をワハハとみて、気分が盛り上がっているのを見計らって
「美味しい博多ラーメンの店ができたんだって。今はサービス期間で、安いんだって」
と、猫だましのように車を出させてしまったので、店が見つからなかったらえらいことだ。
病院の裏手から正面へ、ぐるっと回って看板を見つけたときには、実にほっとしましたね。

開店サービスオヤジさんは、なんだかテンションが高い。
「いやぁー、やっと落ち着いてほっとしたよぉ」
というので、ソレハヨカッタデスネと相の手を入れたら、
「やっと今日から利益が出るんだよぉ。
昨日までは、売れば売るだけ赤字だったんだあ」


写真ではよくワカラナイだろうが(・・・嘆・・・)、オープン記念は博多ラーメンのみで、
18日の初日は50円、19日は100円、それから毎日100円ずつ上がって、25日から本格的に営業
・・・という、不思議なオープン記念サービスを行っていたのだ。
しかも替え玉無料だから、豪気なことではある。

18日の初日は650玉出たそうだ。
350人くらいは来店したことになるらしい。

「スープの原料やら麺の原価なんてもんは、たかがしれてるんだ。
ただ、ずっとつけっぱなしのガス代や電気代がかさむのよ」

そんなこんなで、昨日までは赤字だった、と。
忙しくて大変で、という話でないところが、実にこのオヤジらしくていい味を出してます。

「スープなんかさ、最近は業者が一斗缶でいろんなスープ売ってるから、ああいうのを使えばラクなんだよね。あれだって、別にそうまずくないよ。
最近は『とんこつラーメン』なのに、寸胴鍋置いてない店だってあるんだよな。
別にそれはいいけど、俺はやっぱり長浜出身の人がきた時に、まがいもんを出してるって思われたくないのよ」

前からそうだが、オヤジのトークは実は結構味があるのだ。
でも、旧店舗のときよりテンションは高い。

そんなこんなで、新規開店やる気満々な感じが伝わってくる(?)が、
「キレイな店になりましたねえ」などと桜木町旧店舗の話を振っても、なんだか聞こえないふりをするのだった。
まあ、いいか。

「食いもの屋は場所じゃないんだよ。
がんばって真面目に、いいもの作ってれば、お客さんは向こうから来てくれるから」

午後の暇そうな時間をめがけて行ったので、お客は一人、また一人・・・と、ぽつぽつ状態だけれど、過去の「あの店」を思うとこれだって「盛況」に近い。

と、横でオットが袖を引く。
「ねえねえ、替え玉頼んで」
「自分で頼めばいいじゃないの」
「・・・なんかさあ、僕が頼むと怒られそうな気がするんだよねー・・・」

さっきまで軽く怒り顔だったのは誰じゃ?!

すると、しばしカウンターを離れていたオヤジが突然戻ってきて、
「替え玉行く? 二人分で二個入れようか?」と、オットに言ってくれる。
ワタシも、最初は替え玉なしと思っていたんだけれど、開店記念でもらうことにする。

「無理しないで、残していいからねー」と、オヤジが言ってくれる。
ついでにワタシからスープを召し上げるつもりで、自分のスープがほとんどなかった
オットに「ほら、スープ。それじゃあ、ヤキソバだよー」と、スープを足してくれる。

ところで、最初店に入って「車はどこに止めたら・・・?」と尋ねたら、かわいらしい女性が奥に聞いて「スミマセン、わからないんです・・・」とのことだった(この女性は、まさか奥様であろうか?)。

店に入ったら、オヤジ曰く
「どこ止めたの? あ、コインパーキングあったの。いやー、ホントは店の前に止めても見てられるから大丈夫だと思うんだけどねー。でも、オレがイイって言うわけにもいかないじゃない」

だから、車は黙って店の前に止めて、知らん顔で店から見てるのが正解らしい。

そうそう、スープは相変わらず旨かった。
ちょっと塩からいのも変わらないけれど、でも旨かった。
オットも気に入ったようで、嬉しそうにスープを啜って、ワタシの替え玉を半分取り上げたのだった。

がんばれ、どんたくオヤジ!
年明けにでも、新作の「味噌とんこつ」と餃子を食べに行くのだ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
ところで、もう一度あそこにいきつけるかどうか、ちょっと不安。
どなたか「わかりやすい行き方」を教えてください・・・。





たまにはライブドアデパート・・・。




ブックスもあるでよ。




本を売るならブックオフ〜。大掃除に先駆けて、本を売ってしまいませう。

arima0831 at 01:07|PermalinkComments(15)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック