陳麻婆豆腐

November 02, 2006

ついに!『華隆餐館』〜突如「壁」への挑戦!〜

華隆餐館
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:四川料理 / 担々麺
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


さて、野毛『庄兵衛』で念願の「初入毛」を果たしたいぬわん氏、主賓でありながら遅れてきたので、美味しいところは全て同席者に貪り食われてしまったあと。

「牡蠣味噌・・・」
「おしまい」
「バラ葱」
「それもおしまい」

・・・と、あれもこれも9時かそこらでほぼ売り切れ御免状態で、若干気落ちしたかと思えば「ツギッ、次はっ?!」と目が異様な光に燃えている。
そういえば、いままで「周辺部」はうろついたが、毎度野毛の手前であえなく終電を迎えていたのだったっけね。

さて、それではどこに・・・相談しよう、じゃあ行こう・・・と、勘定をしてタクシーで、
いとも簡単に野毛を出てしまった。

目指すはそう『華隆餐館』である。
はっきり言って、こういう面子でも突然揃わなければ不可能な「壁への挑戦」が可能なことに気付いたのである。
突然と言おうか、事前確信犯的に、と言おうか、なんとなく、といおうか、わんわんわん、といおうか、まあ各人各様の思惑(?)はありながらも、よぉし、いっちまえということになったわけだ。

このへんの以心伝心ぶりは、素晴らしいものがある。
まるで犬猫の群れのよう。

「壁」とは即ち「壁メニュー」。

壁この様にこちらあちらで話題になった『毛血旺』はじめとした、字面を見るからに真っ赤な炎が「オラオラオラ」と壁から挑発をかけてくるような「辛」で「辣」で「激」で「絶」なメニュー群・・・。

一人で一品だけタックルかけて、地道に食べてもツマランし、食べきれない。不肖ワタシとseikoMTD氏は「既に経験済み」なので、なおさら「壁への道連れ」が欲しかった。
ダレカいないかなあ・・・と思いながら、ユビを咥えて壁を眺めながら、地味に辛い麺だけを啜っていたのだ。

しかも、この「挑戦」は、空腹時は避けるが賢明である。
なにしろ「辛辣激絶」な代物、ヤワな並の日本人の胃袋ならば、それなりの防護壁を胃に張っておくに越したことはない。
いまや串焼きをザクザク食べたので、スタンバイはOKなのだ。ふふふ。

で、店の近くまで来ると、イヌは激しく興奮しはじめた。

「な、ななななんやぁぁぁ〜っ!」
「どおしたの?」
「ナンやぁこのニオイはぁ〜〜〜っ!!」
「???」
「ええニオイするわぁ、たまらんわぁ、ここどこやぁぁぁ〜!!」
「華隆餐館だよ」
「ここに行きたいぃぃーーー!」
「だから、ここにきたんだってば」

メダカ嬢も「わー、いい匂い!」と素直に嬉しそうだ。
そう、このヒト、実はこの四人の中では一番「辛辣激絶系エスニック」が得意なのだ。

極度の興奮状態に陥って混乱気味のイヌを曳いて、四人小さなテーブルに仲良く身を縮めて座り、壁をみる。
まあ、三品くらい頼んで、後は刀削麺でも・・・という心算で皆なめるように壁をみる。

毛血旺、麻婆豆腐、あとは・・・「鴨舌!」とワタシが我を張る。
「でなきゃ、空芯菜炒め!」

ナゼって、辛くないメニューが一個くらいないと、口の中が持たないからだ。
「大珍にもあるやんか」と、イヌは文句をいうが、ナンノカンノ騙してオーダー入れる。

「だってね、普通に食べたら激辛の『モツ冷菜』が、タダの箸安めになってしまうんですよ」
と、seikoMTD氏がイヌをなだめてくれる。

「辛い、辛くないアリマス。どっちいいですか?」
「辛くないほうで」

プラス、お茶碗一杯白ご飯。
なんか、フシギな一家の晩餐のような雰囲気(・・・違うか・・・)。

毛血旺を久しぶりに食べて驚いた。
味も具も、なんだかいい具合にこなれている。
前も美味しいと思ったけど、進化しているではないの。
しかも、掘ればザクザクでてくる豚の血豆腐、センマイ、ランチョンミート、そしてキャベツにモヤシ。

もちろん、忘れちゃいけない「香菜」の追加・・・このお店、黙っていると香菜抜きになり、言えば軽く一掴み入れてくれ、もっとぉもっとぉ!!と騒ぐと、思いっきり入れてくれる、というシステム(?)をとっているのだ。

麻婆豆腐も、血がたぎるようなルックス。
実に香気高い。でも、鼻一杯に吸い込むと、鼻水が出る。
辛いわね、こりゃ。わかっちゃいたけど。
一応「普通」でオーダーしてるんだけれどね。

それぞれをご飯にのせながら食べる。
辛いけど、辛さとスパイスが違う。
激辛二品が、まるで違う味わい。
もう、主治医がなんといおうが、あとでどうなろうが、知ったことではないわ、どうにでもして・・・と、紹興酒をがばがば飲んで辛さに拍車をかけながら、ワシワシいってしまう。

そして、鴨舌が予想外の美味さで驚く。
大珍楼別館のも美味しかったけれど、こっちの方が美味いかも。
・・・辛くない方って言うワリに、それなりに辛いような気がするけど・・・気のせいかしら。
でも、しっかりと箸やすめになる。

ここまで食べて、皆酔っ払いと化し、お腹もいっぱいで刀削麺まで辿り着けなかった。

それにしても、辛いわけだよね・・・だって、店先にあったのが・・・

とうがらしどぉーん!
みよ、抱えるほどの大袋入り唐辛子(10キロ米袋大)。
なんか壮観です。
思わず携帯カメラ向けたら、店のお兄さんが撮り易いように置き直してくれたんでした。
親切です。

とにかく結論。
「辛いものが多少食べられれば、アソコの『壁』は、美味い!」
ううむ。
ひとりで来て半分のこして、家で一晩置いたら、また味がなれて美味しくなりそう。
でも一人は厳しいなあ・・・やっぱり中華は、一人二人で食べるものじゃないのですよね。

店を出ると11時をまわっている。

「さー!どうする!!」と言ったらば、男性陣は「オウチに帰る」との由。
あら、そうなの・・・と、二人を見送って、メダカ嬢とワタシは次に向かったのだった。

(なんとなくだらだら続く)


ランキングバナー人気blogランキングへ
チャーハン、食べとうございました。
今日は牛肉刀削麺食べたいな〜、と一日思って過ごしました。
壁制覇を目指して、再挑戦を誓うワタシ・・・お医者さんがなんと言おうが知るものか。
(まあ、とにかく続くのですよ)



唐辛子(ホール・鷹の爪)/島根県産 250g一抱え分、これがドサッと店先にあったわけです・・・。

SEIKO MATSUDA 七歳きもの七五三聖子 七五三15点フルセット
SEIKO MATSUDA 七五三着物15点フルセット・・・あったんですね、seikoブランドの着物。
ちなみにピンクは軒並「在庫なし」。
こういうものを自分の娘に着せたいオトウサンなら・・・やっぱり絶対ピンクなんでしょうか、
seikoMTDサン・・・。


arima0831 at 00:02|PermalinkComments(20)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote