韓国料理

March 27, 2008

福富町『ヤンさんの台所』 〜ランチも深夜も赤いうまいスープ♪〜

ヤンさんの台所
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:韓国料理 / 韓国家庭料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


辛いもの控えおろう令が解除になった。
OKかNGか以前に、ダメなときは今ひとつ食べたいと思わないのだ。

そもそも、むやみに赤い汁物が食べたくなるのはOKな証。
以前から気になっていた『ヤンさんの台所』へランチしに出かけた。

数軒先に『李さんの台所』という店があって、ここは同じ家族の経営。
確かに、店に入ると以前「李さん」のほうにいたヲジサンが居る。
この人が「ヤンさん」らしい。
ヤンさんと李さんは夫婦なのである、という話をどこかで聞いた。

店の外店の間口は「ヤンさん」のほうが大きい。
入り口に張り紙があって
「李さんの台所」が「ヤンさんの台所」に
店はそのまま引っ越しました。
と大書してある。

気になる方は、写真をクリックして検証(?)してください。
事情はともあれ、李さんのところの赤い汁物は間違いなくウマイのだし
店がそのままなら、ヤンさんだって同じはず・・・。

ヤンさん 昼の突き出しランチには突き出しが5品付く。
シンプルだが野菜いろいろで嬉しい。
ここはキムチやナムルなんかもウマイのだ。
一人でも二人でも同じ量なので
一人で行くとオトクな感じ・・・(?)

ランチ定食は800円。
赤い汁物・・・と言いつつ、ロース定食を頼んだ。

ロースロース2





そこそこ大ぶりの肉が一切れ、ほいよ、という感じで皿に乗ってきた。
一人でもきちんとコンロに火を入れてくれる。
一切れだと微妙にみみっちく寂しい感じがしないでもないが、気にしないでじっと焼けるのを待つ。
ハサミとトングも付けてくれるので、自分でちょきんちょきんと一口大に切ってゆくのだ。けっこう楽しい。

スープランチにはスープも付いてくる。
「赤い汁物欲」が満たされる光景。
確かに「李さん」と同じ味だ。
肉の出汁がしっかり効いた旨いスープ。
ご飯を浸してシャブシャブ食べる。くっふふ♪


別の日、夜にも出かけてみる。
久しぶりに延々と飲んでいたら小腹が空いたのだ。
よく行くバーで顔馴染みの大学生を拉致して出かけた。
隣に座って閉店まで、ああでもねーこーでもねーとウダウダしゃべっていたのだった。

これを世間では「オモチカエリ」とか言うらしい。
しかも行く先は福富町だ。
へっへっへ♪

大学生「わ、なに〜、ここってなに〜〜?!」と驚いている。
彼を連れて野毛辺りを飲んだくれて歩くオッサンたちは数名知っているが
案外健全かつ安価に・・・いや、いわゆる「オトナの男飲み」だったらしい。

ちなみに、彼が驚いていたのは「日本じゃないみたい」という空気に対して
なのである。
地方出身で東京住まい故、この辺がどういう地帯かよく知らなかったと。    

どういう地帯って「エスニック食文化満載な地帯」ということですがね。

夜の突き出し夜の突き出しは7品。
種類も量もあって、気分は韓国だ。
おかわり可能かどうかは未確認だが。
大学生は「わ〜すげえ」と喜んでいる。
マトモな韓国料理に来るのは初めてだそうだ。

そうかそうか、となんちゃって説明を入れながら、若い女の子に小薀蓄を垂れたがるヲヤジの気分が、うっすらわかるような気がした。
ワタシにはフレンチで小薀蓄な甲斐性はないが。
そういう小薀蓄こきが、アホらしいと思う気持ちにも変わりはないが。      

しかしこの年頃のワタシって、こういう純真さがなくてイヤなコムスメだったよなあ、と振り返って反省してみたりする。

豆腐チゲ単に小腹が空いただけなので
ご飯二つで豆腐チゲを仲良く分け合う二人。
グツグツと煮え立つ赤い汁が
丑三つ時の怪しさを彩るのだよ。
ああ、ここのスープったらウマイ!


銀色の茶碗びっしりのご飯が、ものすごい速さで消えていった。
そういえば、こんな風に元気よく物を喰う風景を見なくなって久しい。

ふうん・・・と向かいの食欲を眺めながら、そういえばこんなトシの息子が
いてもおかしくないんだワタシ、と軽く不思議な気分になる。

勘定はワタシが払った。
そのくらいの甲斐性はあるぞ。
ビールもなんぼか飲んで三千円ちょっとだったけどね。
ハイ、ワタシの甲斐性なんてその程度のもんです。

そうそうところで「店ごとこっちに引っ越しました」とは言うものの、
『李さんの台所』もしっかり営業してマス。


ランキングバナー人気blogランキングへ
たまには夜遊び・・・いやもう、ホントごくたまに。



イドンのマッコリが安い♪

魅力探求!韓国料理


arima0831 at 18:06|PermalinkComments(14)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 19, 2007

福富町『庭』でスンドゥプチゲ 〜赤いグツグツ再び〜

なにしろこの福富町界隈、夜はあらゆる意味での「肉弾戦」が展開される土地柄。
この辺の喫茶店なんて、昼間座って周りを見ていると面白い。
あの笑えるほど似通ったファッション感覚、疑問を通り越して無意味なシンパシーまで
感じてしまうわ。
どんな?って・・・ジャンボ尾崎がグリーンから、そのまんま着替えずに町に出てきた感じ、
とでもいおうか・・・。

夜が本番の町ゆえに、辺りに並み居る韓国料理店は総じて強気の値段。
昼間開けていても、ランチ料金設定がなかったりする。
そもそもあんまり昼間に営業していない。

実は先日『李さんの台所』でカムジャタンを食べてきたのだけれど、
正直言って軽く欲求不満だった。
美味しいんだけれど、どうも量が寂しい。
別に取り立てて大喰らいでもないワタシが(本当ですっ!)そう感じるのだから、
本当に少ないんだと思う。

何度か行ったソウルでも、その他各国でも、韓国料理屋といえば
「ほれほれほれほれ、喰えクエもっと喰え!」という熱烈強烈なイメージがあるから
なんとなくそんな気分になるのだろうか。
おかずのオカワリをケチられたりすると、やっぱりなんだか薄ら寂しい。
単にワタシが卑しいだけかしら?

数日来抱えていた、そんな欲求不満の尻尾が、ある朝突然
「スンドゥプチゲ喰いたい!」というシンプルな衝動に変わった。


最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:韓国家庭料理 / 韓国料理 / 冷麺 / 焼肉
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


界隈の店でランチがあっても、なんとなく「ビビンバ、ユッケジャン、
カルビクッパ・・・」と、ごくごく普通のメニュー展開。
でもここは、10種類ほどアレコレ取り揃えているのだ。
全部850円。
スンドゥプチゲももちろんある。
「たこ丼」なんて魅惑のメニューに軽くふらつくが、ここは初心貫徹(?)。

オモニに「スンドゥプチゲ下さい」と言ったら、ニコニコと笑った。
愛想過剰ではないけど、感じは悪くないなあ。

庭 突き出しおかずは五品。
もやしのナムル、キムチ二種、さつま揚げの煮付けと
小エビのコチュジャン和え
850円のランチでこれだけつくなら文句ない。



庭 小エビアップにしたところでよくわからないとは思うが(うるる)
この小エビが美味しかった。
頼めばオカワリできたのだろうけど、
他のものもかなり量があるのでやめておく。

・・・うう、マッコリが欲しい・・・でも、ここで午後は捨てられない。


庭 チゲ1来ました、スンドゥプチゲ!
思いっきりグツグツ煮え立つ音が食欲をそそる。
どうも最近、赤い汁物がグツグツな状態に
無闇に興奮してばかりいるな。
喜んでいるうちに、卵が固くなってしまったぞ・・・あ〜あ。


チゲ2具はもちろん主に豆腐(ほぼ一丁分の量)なのだが、
アサリなどいろいろ入って、スープがしみじみ旨い。
しっかり辛いが、コクがあって濃厚。
韓国の汁物は一瞬軽く当たりが来るけど、
スッキリ引いていくから食べやすい。


ところで、最近誤解されているようだけれど、ワタシは「激辛大魔神」でもなんでもないし、
特に辛い食べものが好きなわけでもない。
ただ、美味しいものが辛ければ食べるだけのことなのだ。
辛いから好きなんじゃなくて、美味しくて好きなものがたまたま辛いこともある、
と、それだけなのだ(本当ですっ!)。

でも、この甘辛しょっぱい韓国汁物はたまに無性に食べたくなる。
四川やタイなどの辛さと違って、なんだか妙になつかしい感じがするのだ。
祖母は対馬の人だから、DNAにそういう因子が入っているのかもしれない。

反対側のテーブルでは、韓国・フィリピンそして日本のマダム三名が、和気藹々とランチ中。
どうもお子様つながりらしくて、子供や日々の生活の話に花が咲いている。
「今度みんなで持ち寄りパーティーでもしましょうよ」などと言っているので、
思わず「ワタシも参加させてください!」と挙手しそうになったけれど、やめておいた。
韓国人のお母さんが、あれこれ特に頼んだ料理が並んでいるらしい。
覗きこみにいきたいのをじっとこらえる。
ああ、いいなあ。

ランチは二時までだけれど、その後も休みなしで朝まで営業するそうだ。
でも、夜のメニューでも、単品が1000円程度から。
高値傾向のあの界隈では、良心的な値段設定だと思う。

店内はサッパリと食堂風。
小奇麗な店ではないけど、中に入れば居心地は悪くない。
週末もランチ営業しているから、なかなか便利な店でもある。
 
その後、ちょうどこの辺で本当の「肉弾戦」が発生して一名死亡・・・というニュース。
まあ、そういうこともあるエリアなのではある。


ランキングバナー人気blogランキングへ
ところで、Yahooカテゴリーにのりました。
こちらです。審査基準、どうなってるか良くわかんない・・・。




[冷蔵]【鶴橋キムチ】大人気!このコリコリ感がたまらない《韓国珍味の王様》チャンジャ・100g
 チャンジャが食べたい。



ソウルの食べ方歩き方―路地裏安食堂探検ガイド


arima0831 at 01:03|PermalinkComments(11)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 08, 2007

福富町『李さんの台所』〜カムジャタンであったまる〜

李さんの台所
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:ホルモン焼き / 韓国料理 / 韓国家庭料理 / プルコギ / 冷麺
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夜食


この日はなんだか機関車が脳裏を揺するように
「カムジャタンカムジャタンカムジャタン」
という音が止まらない。
音に引きずられていたら、仕事が早く終わったオットから電話。
「カムジャタンカムジャタンカムジャタン」
と呟いたら「おう、行くぞ」ということになった。

桜木町駅まで走っていって、忠犬ハチ公よろしく尻尾をブンブン振りながら
主の出てくるのを改札で待つ。

何度か出かけている『ソウル麻浦屋』にむかった。
でもなんと、行けども行けども店がない。
ナゼどうして?!と焦るが、店は現れない。
理由は・・・単に道に迷ったからです。
何度も行った店だろう、とかいわないで下さい。
方向音痴というのは、そういう病なのであります。

お腹を空かせて、オットの尻尾が垂れてきているのを微妙に感じる。
まあいいや・・・と『李さんの台所』へ方向をずらす。
こういう時は機敏な作戦変更が勝利の鍵だ(でも何に勝とうとしているのだろう?)。

無料の突き出しは五品。
数年前は嬉しかったものだが、最近開店した他の店に比べると若干内容や量が落ちる。
以前より悪くなったわけではないのだけれど、ちょっと寂しいな。

でも、真っ赤な汁がカセットコンロの上にのると、やっぱり心が浮きたつ。
最初ガツンと辛いが、煮えてくると味が丸くなって、じんわりした旨さが滲んでくる。
この店の鍋物の汁は、大変美味しい。
ああ、コレダこれこれ・・・わっふっふ。
豚の背骨肉をいじましくしゃぶり、ジャガイモをあちあちと頬張る。
これがまた、マッコリとよくあう。

暫しのち、満足印を頭上に掲げてほっこりする。
スープを足してラーメンを入れるのもまた楽しい。

確かに美味しいのだけれど、勘定をしたらちょっと高いかなあ、と思う。
実はクーポン持参で10%引きになったのだ。
四人いれば安上がりなコースもあるらしい。
ついでにワガママをいうと、鍋の具がもうちょっと入っていたらいいのにな。
スープがたいそう旨いので、好きなお店なのではあるけれど。
行くならできればクーポン持ってどうぞ。

なんだかんだ言って、やっぱりこの季節に旨い韓国鍋。
そういえばこの冬は、コプチャンチョンゴルがまだだっけ・・・
と、久しぶりの韓国味が、思わぬ欲望の蓋をあけてしまったような・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
尚、『ソウル麻浦屋』はウロウロしていた区画の目と鼻の先にちゃんとあるのを確認。
大丈夫、無くなってません(・・・何度迷えばまっすぐ行けるようになるのか・・・)。


 ネットで買うとワンパック520円。

 マッコリ壷セットもあります。

arima0831 at 22:11|PermalinkComments(9)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 23, 2006

六本木『酒楽』でお洒落にコリアン(?)

酒楽
最寄駅:六本木
料理:韓国家庭料理 / 冷麺 / 韓国料理
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


去年の夏に前を通った時から気になっていた。
なにしろ、六本木ヒルズの横っちょ辺りという小奇麗なエリアで、怪しげな階段と『中央会館』というコワモテなネーミングだ。

「ショウロンポーノチョウサ!」というイ・ヌワン先生様の指令は、ヒルズに向かう途中、この店の近所でついに忘れ去られたのだった。実をいうと。

韓国に本店のある『中央会館』という店の支店だとの由。
最初はこの、界隈では異色な入り口とネーミングに、なんだか鼻がヒクヒクしていたのだが、去年の末に酒楽(じゅらく)という店名にかえた、とやら。
 
「中央会館だと、名前が怖くてお客さんこないデス」とお店の人がいっていた。
この「怖い名前」が気になってやってきたワタシはなんなんでしょうか?
『酒楽』じゃあ、ただの居酒屋だと思うなあ・・・。
 
このお店、怪しげな階段を上ると、中はすっきりキレイでお洒落な内装。
ディープにコリアン、ではないよ、全然。

元々は「Korean Dining Bar」と称していた店を、居抜きで使ってるかららしい。
はぁ、なるほどね。

ランチで「サゴルウゴジタンセット」をいただく。
牛の足の骨(サゴル)を煮込んだスープに、大根の葉(ウゴジ)が入ったスープ(タン)です。
いや、ワタシも知らなかったけど「辛くなく」「ニンニクが強くなく」「弱り気味の胃によさそうな・・・」ということで、これにしただけ。
 
800円。サゴルウゴジタンに、大盛りご飯とキムチにおかず付き。
この界隈の物価を考えると、なかなかお買い得なのだろうな。
でも、ヒルズ内は「別世界」として、ヒルズから青山よりには、結構意外にこの程度の値段のランチはあるけど・・・まあ、リーズナブル。
 
ただし、味付けはわりと「和風」だった。
もうちょっとディープにくるかと思ったので、ちょっと拍子抜けする。

横浜のコリアンが、このごろ思いっきりディープさに拍車をかけてるせいか、いまひとつオドロキがない。
でも、天井高くて明るい店内は落ち着いているし、接客がとても丁寧で親切だから、まあよろしいのではないか、と思った次第。
特に悪くはない。
 
ボーッとしてお箸を落っことしたら、キビキビ動き回ってるお姉さんがサササとやってきて「あ、ダイジョブデスカ?」とお箸をくれた。
拾おうとしてたら「イイデスヨ〜!」と、爽やかな笑顔。
気持ちよいですね。

お店は先に書いた通り、昼間は明るくて居心地よいので、女性のお一人様ランチなどにはよろしいかも。完全禁煙コーナーもあり。

あと、7月から9月30日まで、生ビールはジョッキ350円、グラス250円。
近くで夕方になったら、ビール飲みに行くかなあ。
一人でビール飲んでも寛げそうだし。


ランキングバナー人気blogランキングへ
そしてその後、ヒルズの小龍包でキングギドラ化するのである。


ムービーモンスターシリーズ スタンダード キングギドラ
キェェーー、まあ、なんてカワイイ!

セブンアンドワイ
雑誌が買えるので、結構便利です。
セブンイレブン受け取りならば、なに買っても送料無料。

arima0831 at 10:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック