餃子

September 10, 2007

馬車道『福源楼』のとりねぎそば 〜無理に行けとお勧めはしない、が・・・〜

福源楼
最寄駅:桜木町 / 関内 / 馬車道
料理:中華料理一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食


何度か前を通ったことはあった。

福源楼うむむ、と一瞬考えさせる店構え。
これでも立派に営業中。
この空気は、小当たり又は大ハズレだ。
中を覗くと、たいていご近所関係風の
ヲジサンヲバサンがぽつぽつとお食事中。
アンタもヲバサンだろうって・・・

いやまあ、ワタシの視点からもそう見える年齢層、ってことです。
まだそれは「おじいさんおばあさん」では、ないと思う!
ちがいます。

ある日、この辺に用があって、そのとき一緒にいた知人に「この辺でさくっと晩御飯
食べられるところって、どこかないでしょうか?」と聞いたら、ここをお勧めいただく。
ふうん、と店に入って「とりねぎそば」を頼んだ。
700円なり。

店に入ると、コップの水とスポーツ新聞が、これまた古ぼけたテーブルに置かれる。
まあ、スポーツ新聞など普段は読まないけど、せっかくのお気持ちなので
朝青龍の悪口なんかを熟読する。


とりねぎそば地味なルックスだが良い匂いがする。
スープを啜れば、素直でサッパリした味。
そこいらの「自己主張哲学系ラーメンスープ」とは
品性(?)が違う感じだ。
麺は細麺で、いやみなく普通に和む食感。
そして、なんとなく鶏を噛んだら・・・

ジュワァ、と鶏の旨みが口に溢れた。
ちゃんとした中華の蒸し鶏が、無造作にほいほい乗っかっているのだ。

ギョーザ普段は頼まない焼き餃子も食べてみる。
なんの変哲も無いようだけど、
ぱりっと焼けた薄皮に薄味の餡。
これはビールにあうなあ。
うまいよう。


いわゆる「街中華」だけれど、こういう真面目な街中華ってありそうで案外ないと思う。

あとで調べてみたら、イヌ、マーキング済みであった。
この方も出没するという。

尚、デート向きじゃないです。
ここでデートできたら、愛は本物どころか夫婦倦怠期です。


ランキングバナー人気blogランキングへ
馬車道シリーズ、じゃなくって、たまたま続いただけで・・・。












arima0831 at 23:48|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 11, 2006

渋谷『すずらん』の焼き餃子

中華そば すずらん
最寄駅:渋谷
料理:ラーメン一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


1時ちょっと前という、最悪と思える時間帯だったけど、意外に8人待ちくらい。
並ぶ。餃子食べたさ。

行列と混雑はありとあらゆる手段を駆使して避け、逃げ、よけて回るワタシだけど、
Mr.いぬわんがあんな美味そうな餃子の写真をUPするからいけない(人のせい)。
http://inu1.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_acc4.html

ここはお昼は水餃子をやっていないので、前回「なんだ、焼き餃子か」とパスしたけど、オーダー。

我が実家は、満州育ちの父の遺言にて「餃子とは水餃子である」という厳しい家訓があるが、亡父の遺志に背いてまでも、並んでまで焼き餃子食べに行くなんて・・・しかも「すずらん」に。
パパ、ごめんなさい・・・って、生きてりゃ一緒にくっついてきてたと思う、この人。
で、きっと5分で並び疲れて「帰る!」とか言い出してたかなあ、などとしばし亡父を思う。

で、いぬわんサマサマと申し上げませう。

皮は歯ごたえしっかりもっちり。焼いてあるのにジューシー。
この餡は、ヘタな「餃子の名店」よりも、じんわり味わい深い。
おいしーよ、これ。

いきなりビール頼みたくなるけど(そういう味です)、ふと外を見たら、さっきまで「ちょっと並んでる」程度だった列が膨れ上がってる・・・
そもそも、諸般の事情で主治医に「向こう数日絶対禁酒令」を発令されたばかり。

ち、と思いつつやめた。

しかしそうか「焼き餃子はあるけど水餃子はない」っていうことは、
水餃子はまた別の逸品の可能性があるわけだね・・・
ああ、これはまた来なければ、夜に!

ついでですが、といっちゃ悪いが、太打ち麺で醤油つけ麺も頼みましたが、こっちは普通だった。ナメクジなワタシには、ちょっと塩気が強いの・・・。
でも、麺は美味しい。
これは「焼きそば」とかでも美味しいのではなかろうか。
冷麺とか、夏に出ないのかなあ・・・と、つい思う。

平打ちとは違う食感が面白いです。

しかし平日と違って、土曜のすずらんは、いかにも午前中で授業の終わった近隣大学の学生さん風カップルが主体。
近隣の男性サラリーマンが主体の週日より回転は悪いかも。

もうひとつ、ここはお店の人が実に感じが良くて、自然にてきぱき動き回っているから、あんなごった返したカウンターでも居心地の悪さを感じさせない。
並ぶ店って、すぐエバリだすから、この姿勢は貴重だと思う。

一応申し添えておきますが、私はこの日、どうしても渋谷に行かねばならない用件があったのです。
すずらんは「ついで」です。

本当です。


ランキングバナー人気blogランキングへ

arima0831 at 03:36|PermalinkComments(7)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック