June 02, 2007

中華街『大珍楼別館』で、突然小宴会 〜チャーシュー美味い!〜

大珍樓
最寄駅:石川町 / 日本大通り / 元町・中華街
料理:広東料理 / 飲茶・点心
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


生活に何かが足りない、と、ある日気付くことがある。
最近、明らかに何かが欠けている。

まあ「横浜で昼時平日に喰えるもの」が欠落するのは、諦めきれぬものを孕みながらも
一応「想定内」として、その辺の「本来諦めるべき分かりきったこと」を外しても、
ナニカが明らかに・・・

ある日突然気付いた。
大珍楼別館に、すっかりご無沙汰なのだ。
なんか一時期、アホのように通ったおかげで「ちょっと飽きた」などとウッスラ思ったが
でもしばらくたつと蘇る欲望は、走り出すと止まらないのであった。

品川辺りに放してある某諜報部員に、「ダ・イ・チ・ンっ!!」とモールス信号を送ると、
何故か喰いもんのことだけは、絶妙にシンクロするもんで、即時大珍攻撃作戦が決定。

チャーシュー「各自任務終了後ハチマルサンゼロ現地特攻」
とか言いながら、8時15分に先着。
先着順攻撃開始の勝手な鉄則を以って、
生ビールとチャーシューを頼む。
この日はチャーシュー半額、600円。
少しは気を使ったのだ。一応は。


しかしまあ・・・ここのチャーシューは、相変わらず脂コッテリしながらも、この脂こそ
ニクヅキウマイっ!(月+旨)
うっひゃひゃひゃ、と一人アブナイおばはんになる。

危なさを喰い止めるため、いぬわんに写メールも送信。
抗議のメールが飛来するが、軽く無視する。

でもまあ、それだけではあんまりだ、と考え直し・・・

鶏のパー遅れて来る者のことも思いやり、
冷えても美味しく食べられる
「鶏のモミジの甘辛酢漬け」を注文。
グロテスクな鶏のパーにむしゃぶりつく。
怪しさが深まるような気がしたが、
気にしないことにする。

え?
チャーシューは冷えたら旨くなかろうって・・・
うむ、まあ、そういうわけで、鶏のパーをしゃぶりながら、何とか半分に近い量が
残るように尽力した次第だ。
まあ、熱いもんもいつかは冷めるわけだしね。

とかなんとか呟きつつ、写メールを飛ばす。

ところでここのモミジの下には、甘辛酢漬けの野菜が敷いてあって、チャーシューの
口直しにはぴったり。
鶏とジャンケン勝負をしたい場合でも、チョキをだせば確実に勝てる。
素敵な一品だ。

いまや暇を持て余してジャンケン開始、という丁度そのとき
「ヲイッ!」と四つ足でバウンドしながら、アフガン11無事到着。
座るやいなや、さあ、ナニ喰うべし・・・と、考えるが、なんとなくダラダラと
目の前の二品を堪能してしまう。

ここのチャーシューは冷えても美味いのだ。
ビールもいいが、紹興酒もね♪ということにすらなってしまうのだ。

そうだ、そうなのだ。
何度か繰り返した失敗を忘れていたが、ここは一品の量があるので、
二人じゃ食べられる品数が限定されてしまうのである。
アレがいい!、いやっ!コッチだっ!!と言い合ううちに、酒も進んでしまう。

浮き袋協議の結果の一品。壁メニューから。
魚の浮き袋のスープ煮込み。
浮き袋自体は白キクラゲに似た食感で無味だが
スープが美味いし、具沢山で楽しい。
浮き袋がスープをたっぷり含んで、
噛めばコリコリした歯触りが楽しい。


さて、この店で忘れてはいけない白飯をつけると、もう結構いい具合の量だ。

と、こうしているうちに、二人でもう一品は厳しくなってくる。
し、しまった・・・!とウロタエても、もう遅いのである。

しょうがないから店を出て、近所のバーで一杯飲みなおして家路についた。

こちらも参照:
ひさしぶりの再訪!中華街、大珍楼別館がやっぱりスゴイ!

こういうと徒に誰か彼かを刺激してしまいそうだが、やっぱりこの店は
人数を揃えたほうがよいようで・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
お食事は、計画的に!


モミジのお取り寄せ。1kg450円。



横浜中華街で楽しむ広東料理と世界のワイン

不思議な本だな・・・。

arima0831 at 18:27|PermalinkComments(16)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック