鶏御飯

June 09, 2006

謎の食堂『栄楽園』〜中華街蘇州小路で、ほんわか美味しい豚バラ御飯〜

栄楽園
最寄駅:石川町 / 日本大通り / 元町・中華街
料理:広東料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食


一見したところ単なる町の中華食堂。
何でこんな店がわざわざ中華街に???と、通り過ぎる人はみなそう思う。
私もそう思ってたし「な〜んで営業成り立ってんのかねぇ」などとオットと不思議がってすらいた。
 
中華街の奥の深さを、まるでわかってなかったのである。
そういえば、なんとなく覗くと、混んでいるというほどではなくてもいつも誰かしらちらほら食事をしていた。
 
それでも「実はひそかに美味いのだ」と聞いたときすら、半信半疑。
それを見たのが、かの名だたる「ハマのスター食らいヤー」(→10万ヒット記念?Mr.いぬわん命名)、ほんまサンのブログ記事で、いかにも美味そうなのに、それでも「ほんとぉかぁ」と、うっすら思ってた。

以下参照。
http://taputapu.blog18.fc2.com/blog-entry-213.html

でも、先日たまたま近くで用があって、大荷物で動けない時、その店がすぐ目の前だった。
神のご意思であろうか。
 
豚バラご飯、680円をオーダー。
鶏ご飯とどっちにするか悩んだけど、豚にした。
翌日、アルカーイダのザルカウィがアメリカの爆撃で死亡したのは、関係ない、と思う。

あ、どうでもいいですね。そっちはあとでこれ読んで・・・http://arima.livedoor.biz/archives/50503743.html
 
見てびっくり。
豚バラ御飯良くある見るからに濃く味付けした豚バラでなく、柔らかそうに煮込まれた肉の塊が、ゴロンゴロンしている。
下に敷いてあるのはレタス。
 
絡めた餡も薄味で、バラは皮のあとのある正統派のバラ肉。
湯気のたった具が、生のレタスを程よくしんなりさせて、ちょいとご飯に豚バラレタス巻き、なんてのもやってみちゃいました。
おいしー。 
脂身がくどくなくて、旨みたっぷり。
 
680円。うっすらしょうゆ味のさっぱりスープ付き。
二切れついてくる黄色いたくあんが、なんだかいい味出してる(食べなかったけど)。
 
ご参考までに、ラーメン420円から。
 
ただし、これはあくまで近隣の住人向けで、やっぱり「わざわざ中華街」という向きはやっぱり別のお店でしょう。
でも、この辺に住んでる人や、用事で通りかかった人の一人御飯にはおすすめ。

帰り道、強烈な風邪の後遺症で痛めた左肩をかばいつつ、重たい荷物を苦労して持ち上げようとしたら、お店のオバチャンが「あれあれ」といいながら手伝ってくれた。
優しいの・・・。

そして今、ついに10万ヒットを超えた「スター食らいヤー」のブログを見て、
「鶏御飯にすればよかった」と思いつつ、左肩をさすっているワタシです。

人気blogランキングへ
ほんまさん、10万ヒットおめでとう!記念クリックをどうぞ!(難しく考えないこと)

追記:
大荷物の中身は、家電製品。
長年お世話になった、ショウさんとウーさんという整体のセンセたちが、翌日中国に帰ってしまうので、ご挨拶かたがた出かけて、ついでに「普通紙ファックス付き電話(うちのはまだ感熱ロール紙で、電話も鳴ったり鳴らなかったりする)」「空気清浄機」「電気湯沸しポット(うちのは一ヶ月前壊れた)」をもらってきたのでした。

ショウさんのおかげで、どれだけ助かったかわからない(治療の話です)。
中国でもどうぞお元気で。
追っていくため、ただいま北京語学習中です(美味しいものを食べるため)。




必殺風邪引き39度越えダイエットはやってみたけど、あとがつらいんでお勧めしません・・・。



arima0831 at 01:46|PermalinkComments(7)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック