麻浦屋

July 28, 2007

福富町『ソウル麻浦屋』でソルロンタン 〜山盛りおかずがとても嬉しい〜

ソウル麻浦屋
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:韓国家庭料理 / 韓国料理 / 冷麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


どうも最近、出勤前の朝があまりにだるい。
寝起きが悪いのは子供のときからだが、それにしてもひどい。
ウダウダがるるるる・・・とベッドから這い出す日々が続いていたが、ある晴天の朝
不調の原因がさっくり判明。
晴れている日は、スッキリ目が覚めるのだ。

んあぁぁ〜そういえば、今は梅雨だったっけなあ。
学生時代は札幌で、その数年後中東界隈に移って10年余。
ワタシの体は実に「湿気に弱い」のだ。
そうなってしまったのだ。
あ〜あ。
だから梅雨は天敵なのである。
毎年必ずどこかしら体調を崩す。
それを忘れて、毎年「あ〜」となるのも年中行事。
学習能力、ゼロだ。
猫並み。ヒメちゃん(プラグイン参照)には勝ってると思いたいが。

尚、照りつけるような暑さが襲うと「よっしゃあ」と戦闘モードな気分になる。
若い頃、仕事で炎天下の砂漠で一個小隊を引き連れてピラミッドに襲撃かけたりしてた
その名残らしい。
何の仕事って・・・現地ガイドです・・・(とほほ)。

だから(?)久しぶりに、ソルロンタンなど食べて帰ることにした。
さっぱり優しい味のスープで体を労わるのだ。
考え出すと止まらない。
タカタカと早足で、福富町の赤い灯〜青い灯〜を通り抜ける。
へっへっへ。

キムチ座るととりあえず白菜キムチとカクテキ。
一人でも二人でも同じ量が出る。
韓国の場合、知る限り「付け箸OK」なのだけれど
残ったら捨てるのかなあ。
普段は「持って帰ります」と言うが
なんとなくこの店ではいつも言いそびれる。

それとも韓国の人にとっては、中鉢二つのキムチなどお一人様でも一回食べ切りが
当然なんだろか?
誰か知っている人、教えてください。


おかずキムチを突付きながらビールなんか飲んでると
ドカドカと他のおかずもやってくる。
ここは種類が多くて嬉しいのだ。
辛いものも辛くないものもある。
一人ネオンの谷間で
怪しくも楽しい一人の晩餐となる。


ソルロンタンそして、ソルロンタン。
塩気に弱いナメクジ体質のワタシには
このくらいの味がちょうどいい。
ホロホロ崩れるまで煮込んだ牛肉と
春雨の食感が楽しいぞ。
優しい味のスープがしみじみ胃の腑に沁みる(幸)。


くふふふふ、と怪しく含み笑いながら、あみの塩辛やらカクテキやらを入れてみる。
こんな風にノッタリクッタリ食べていると、スープが冷めてしまうのがちょっと寂しい。

あと、おかずの小皿とは桁違いの鉢盛りで出るキムチが食べきれない。
これが毎度ながら、ナントモ悲しくももったいない。
持って帰りたいけど、いじいじ食べてるうちに「持って帰ります」と言い出すのも
なんだか気恥ずかしいような量に減ってしまうのだ。
ナンダ結構喰ってるじゃないか、って・・・ははは。

この頃、ヒトが変わったかキツネが憑いたか、ここで素直におうちに帰ってしまう。
まあ、たまにはいいか。
悪いわけがない。
そうにちがいない。


ランキングバナー人気blogランキングへ
梅雨よ去れ去れ、とっととイケ・・・(呪)


シズコズ・ドーター

淡々と静かに沁みる、雨の日向けの小説。梅雨は明けるけどなあ・・・。

KGBの世界都市ガイド

ガイドとはいうけど、実は世界各都市にまつわる読み物。
書き手は元KGB現地諜報工作員。
ロンドン、パリ、ローマ、カイロ、東京などなど、世界各地で散歩したりメシ喰ったり
奥方のゴキゲンとったり上司にむかついたり経理と揉めたり、
その合間に(?)仕事したりしてます。

arima0831 at 15:01|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 03, 2006

福富町『ソウル麻浦屋』で〆のソルロンタン・・・そして、その後・・・

ソウル麻浦屋
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:韓国家庭料理 / 韓国料理 / 冷麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夜食


華隆餐館で激辛三昧の後、男性陣はよいこで帰宅。
残る二名の女子、ワタシとメダカ嬢は「福富町」へと突入した。

一般的なパターンと比べてどうであるか、とかヤヤコシイことは考えないでおこう。

欲望の街、福富町の「赤い灯〜青い灯〜」に照らされて、深夜舌なめずりするワタシタチ。
頭にあるのは「ソルロンタ〜ン!」と、人生是食欲なのだ。とりあえず。

目指すは『ソウル麻浦屋』
雪濃湯(ソルロンタン)が売り物の店だ。
他のメニューは試していないが、お菜の品数の多さと、じっくりじんわり滋味深いソルロンタンがステキ。
店構えは小さいが、かの赤坂『一龍』の料理人が独立して開いた店で、庶民的な構えだがワタシは好きで、遅いランチに出かけたりする。

画像などは相変わらず人任せ。
こちらのメダカ嬢記事ご参照のこと。

ソルロンタンは一人前1500円。
これに山盛りのキムチ二種(白菜とカクテキ)と小皿が8種ほどつく。
一人でいっても二人でいっても同じ。
頼めば小皿やキムチはお替りもでるはずだ。
韓国通のメダカ嬢にすると現地価格がちらつくようだが、如何に周囲の雰囲気が
エスニック化していても、悲しいかなここが日本なのは致し方ない。
物価だけは日式(諦)。

『華隆餐館』で辛辣激絶にまみれた直後の舌には、キムチもピリ辛おかずも、たいそう優しい味わいに感じる。ソルロンタンの滋味は・・・確かにじんわり美味しいんだけれど「今日のスープは薄い」などと思ってしまう。

ところで、赤坂の『一龍別館』でも同じようなことを感じたのだけれど、ソルロンタンて、一日のタイミングによって味が濃かったり薄かったりするものなのだろうか?
午後三時半から翌朝五時まで通し営業、ということは、煮込むスープの濃さが変わったりすることもあるのだろうか?
赤坂の『一龍別館』なんて、24時間営業だし。

わかりません。
「そんなはずはない!」という場合は是非ご指摘下さい。

いや、十中八九、ワタシの舌がおかしくなってるだけの話だと思うんだけれど。
お酒もたくさん飲んでますしね・・・。

まあ、そういうことをチョビットだけ考えたけれど、やっぱり飲みの〆に
ソルロンタンはイイナァ、としみじみ思う。
ラーメンよりもいに優しい気がするの。
山盛りおかずに白御飯はナンダって・・・?
ああ、いや、まあ、全部食べちゃいましたけど・・・深く考えないことにしよう。
しょせんは酔っ払いのやっていることだし(あくまで酒のせい)。

白くトロンとした、あくまで薄味のスープに、ホクホクと口でほぐれる牛肉が沈んでいる。
これにアミの塩辛やらキムチの汁やらを入れて味を変えてみたりする。
あ〜、シアワセ。

お店を出ると、いい時間になっている。
じゃあ、そろそろ・・・と今度こそ解散。

普通なら「ここまで来たらどっかでひとつ飲み直すぞ〜!」と、アクセルを踏み込むところ
なのだが、実はこの数日前に同じパターンで夜明けまでぶっ飛ばしている上、
翌日も結構ディープな宴席が待っている・・・しかも・・・「辛辣激絶攻撃」に続いて、
タダだからと意地汚くワシワシ食べたキムチ(当然辛い)やら小皿(実は結構ピリ辛)やらの蓄積が、結構胃にキはじめていたのだ、告白すると・・・。

どうもワタシは「激辛大魔神」のように誤解されている向きがあるが、アトピー持ちなので、主治医から「辛いもの控えおろう令」が出されている身だし、そもそも本来、胃腸に刺激の強すぎるものには、必ずしも耐性が強くない。
ほんとうなのだ・・・でも、つい美味しいと食べちゃうんですけど。
ははははは。

ついでにいうと、まるで「大酒飲んだくれ大魔王」のように思われがちだが、
これも誤解で、実態は「普通のサケノミ」・・・まあ、飲んでますけどね。飲んでますとも。
でも、トシのせいか若かりし頃がウソのように酒量は激減しているのも事実
(昔はどれほど飲んでたんじゃ?!)。

帰宅後、じわじわ効いてくる「真っ赤なボディーブロー」を、胃薬とビオフェルミンで
なだめながら寝た。

翌朝、いぬわんクンはコーフン気味に電話してきて
「わんわんわわわんわんわん(ウマカッタなーーー! またいこーなーーー!!)」
と、電話越しに尻尾をブンブン振る音が聞こえるほどの喜びようであった。
「にゃぁ〜」と、ヘタレた猫ひろしのような声を出していたのは、ワタシ・・・やれやれ。

そして、メダカ嬢のランチは某所で「タイ料理のバイキング」だったということだ。

ワタシはつくづく当たり前で地味な人類である、としみじみ思いつつ、その日の晩に備えて
こつこつと体調を整えるのであった。


ランキングバナー人気blogランキングへ
メダカしゃん、ランチご一緒できなくてすみましぇん・・・。


青唐辛子イカキムチとソウルマッコリ[本場韓国の味]イカキムチにマッコリのセット・・・うう、いい組み合わせ・・・。



深い意味はない・・・。



たまにはライブドアデパート・・・。



arima0831 at 17:17|PermalinkComments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 18, 2006

福富町『ソウル麻浦屋』 韓式激戦区でソルロンタン

ソウル麻浦屋
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:韓国家庭料理 / 韓国料理 / 冷麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


「雪濃湯」と書いて、ソルロンタンと読む。
文字通り、雪のように白い、滋味深いスープ。
大好きなのだが、あまりお目にかからない。
あっても高い。

ところで話変わるが最近、AACSという奇病が蔓延しているのに皆様はお気づきだろうか?
某過食系先進国某所では、AACS研究機関も発足しつつある。

これは"Abnormal Appetite Chain Syndrome"の略。
和訳すると「異常食欲連鎖症候群」となる。

例えば、この人のブログ記事を見たりして、闇雲に同じ店に走って行って、同じものをむさぼり喰らわずにいられない、という、異常食欲者が数名寄り集まると連鎖的に集団発生する傾向のある症状だ。

ちなみに、この研究機関の創立者であるアリー・マァヤマグーチ氏によると、感染源は往々にして南区横浜橋付近、時によってはイヌを介した感染もありうる、ということである。媒介するのは主に「ブログ」だが、ブログで感染したモノからのクチコミ、というケースも散見される。
一種の病理学的社会現象として注目される可能性を孕んでいる。

現状では「特定の飲食店が儲かる」「特定の飲食店に、飢えた目つきでデジカメを握り締めた、ブロガーらしき人間が散見されるようになる」「そういったブロガーを通じて連鎖型に特定の飲食店の食物に中毒するものもある」「ヒトのいった店ばっかり行かないで、新規情報をあげろ!」と感染源が文句を言い出す・・・と、いった程度で、まあ実害はない。
そのため、日本政府は事態を重く見ず「勝手に好きなだけ食わせておけ」といいすてて無視されている、ということだ。

まあ、肝機能や尿酸値、血糖値などに問題のある向きは、お気をつけて・・・。

と、いうわけで(?)、ソルロンタンをいただいた。
感染源(?)は南区の某氏
 
特にこの数年、韓流ブームの追い風もあるのか、エスニック化が急速に進む伊勢佐木町界隈。
その中でもとりわけ密集度高いエスニック爆心地(?)、福富町あたりの裏小路にある小さな店だ。

ここのソルロンタンは、ひたすら薄味だがじんわり胃の腑に沁みて、しみじみと美味い。
韓国料理は「赤くて辛い」というイメージがあるが、赤くて辛いベースの旨みを凝縮させるとこうなるのだろうか。
 
この界隈では「韓式」にキムチくらい当たり前に無料で出てくるのだが、ここの場合、カクテキと白菜キムチがドカンドカンと二鉢まず出てきて、続いて小皿に少しずつ盛った、アミの和え物、韓国風卵豆腐、ナムル数種、お芋の煮つけ、ジャコの炒め物などなどが8皿。
 
韓式には当然、とはいっても、おかずが美味しくてご飯も進む。
 
実際、美味しいのも道理で、かの赤坂の一流店「一龍」の料理人が独立してやっているのだそうで(入り口に大書してある)。
 
これで1500円。
午後三時半からやっているから、遅めのランチにも使えそう。

ガッツリ喰えて栄養バランス抜群。
たまりませんわ、もう。


ランキングバナー人気blogランキングへ
あ〜、感染カンセン〜〜。


【送料無料】日本じゃ飲めない“本生”マッコリ 720ml 3本セット氷温貯蔵でフレッシュ&フルー...
マッコリにニッコリ。
三本セット。

日本の食材でつくるチャングム・レシピ―韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」


arima0831 at 22:27|PermalinkComments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote