A菜

May 08, 2007

伊勢佐木モール『口福館』で、またまた台湾料理 〜御同伴コキザミ攻撃つき〜

口福館
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町
料理:広東料理 / 台湾料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:夕食


なんだか最近、台湾料理モードに入ってしまった。
オットに猫騙しをかけて、地味ながら「結構美味しい」という噂を聞く、
こちらでもオススメの『口福館』へ。

ここはランチをやっていないので、今までなんとなく来られなかったのだ。
伊勢佐木モールに面した立地は、一歩内側の福富町エスニックロード(?)とは
打って変わって健全ムード。
入りやすいです。
いや、入りにくいからどうした、ということもないわけだけど。

店内も明るくてキレイだ。
6時ごろの店内には中国語が飛び交う。
中国系の女性&どこかしらシオタレた感じのするヲヤジの組み合わせも目立つ。
これから御同伴、てやつですか?
羽振りよさそうに「なんでも好きなもの食べなよ」とか言ってるが、何故みな微妙に
シオタレて見えるのだろうな?
不思議だな。
界隈の韓国系だと、なんだかやたらに濃く熱いエナジーが無意味に漂うんだけど・・・
この違いはなんであろうか?(→素朴な疑問)

この店、メニュー数は相当なもの。
メニューがずっしり重い(?)。
海鮮が得意らしいけど・・・高いからやめる(貧)。
店先には魚が色々並んでいるぞ。
これはなんの魚かな、と思ったら・・・生きたカエルも店先に。
とりあえず今日はやめとくことにする。なんとなく。
グェッグェッ(・・・という声は聞こえなかった)。

そこまで外しても、果てしなく続くメニュー群。
どれも美味しそうなので、ものすごく悩む。
いっそ大珍楼別館のように壁メニュー責めにしてくれると、もっと悩んで判断力を失う
なーんて、ちょっとオバカな楽しみもあるんだが・・・いや、なくてもいいです。

悩みながら生ビールが一杯消える。
突き出しの、切り昆布の胡麻油和えも、さっさとなくなる。

スペアリブ黒豆蒸しまあ、やっぱりこれは外せない。
コッテリしてうまい。黒豆の風味がよいのだ。

口直し用に、香菜サラダもたのんだ。
サッパリしてよい。
こういうのを食べると、摂取した脂肪が一発消去される

・・・ような気がするけど・・・錯覚ですね(嘆)。

空腹のあまり瞬時に消えた「アヒルの冷菜」も錯覚のようだが旨かった。
そう、スタート時、あまりにお腹が空いて写真を忘れてたんである。
最近まじめに取ってるんだけどな。
まあいいか。

A菜の干魚炒め青菜各種は炒め方も指定できる。
シンプルにニンニクか、海老味噌か・・・と悩んで
結局「A菜の干魚炒め」にする。
お店の人が「ダイジョウブ?」と聞いてくれる。
クセがあるよ、と心配してくれたのだ。


ダイジョウブです、ダイスキです、と言ったら、嬉しそうにニコニコと笑っていた。

ここは接客が明るくて、非常に感じよい。
これだけで一割がた美味しく感じるから不思議なもの。

ピータン紹興酒を頼んだので
ピータンも一皿。
これはちょっと熟しきってない感じだが
まあいいや、と
紹興酒をグバグバ飲む。



黒鶏の薬膳スープこのごろ疲れ気味なので薬膳スープも。
黒鶏、というのが滋養ある感じ。
棗に朝鮮人参、クコなど入って漢方な味わい。
スープが胃にしみわたって、体が喜ぶ感じ。
何が入っているのか聞こうと思ったけれど
忘れてしまった。


ルーロー飯当然食べるぞ、魯肉飯!
このために来たようなものなのだよ。
単品で650円は安いと思う。
本当は〆に食べるものなのだろうけれど、
最後に回すと食べきれなくなりそうなので
途中で頼んでしまった。


スペアリブとヤム芋のココナッツミルク鍋台湾のタロ芋とスペアリブの煮込み鍋。
ココナッツミルクで煮込む一品。
タロ芋の口当たりとココナッツミルクの組み合わせは
悪くない感じなのだけれど、何か物足りない。
スペアリブがうっかり重なったのも失敗・・・
肉、多すぎたな。

オーダーするときにちゃんと考えましょう。
いや、考えたんだけどな。
考え、足りなかったな。
まあいいや。

仙草ゼリーその他色々食べて胃が重いので
「仙草ゼリー」なんか食べて誤魔化すことにする。
本当に胃がサッパリするから不思議だな。
こういう「漢方味」が苦手な人なら
匂いだけでダメなんだろうか?
好きなんだけどな。

全体に味が濃い気もしたが、キッチリした台湾料理。
なかなかよいお店だ。
また来て色々食べてみたい。

ちなみに、隣のシオタレは、ワタシらが山ほどの料理を貪り食う間、お連れの中華系
美形女子にせっせと料理など取り分け、どうでもいいような世間話を振りながら、
隙間スキマに「カワイイよねえ」「脚ほそいじゃん」「スタイルいいよね」などの
コキザミな褒め言葉を混ぜ込むところからスタートし、

「ちょっとみせてよ・・・ハハ(軽く出してすぐ引っ込める)」
「このままどっか・・・ハハ(これもすぐ引っ込める)」
「朝まで・・・ハハ(小刻みに出しては引っ込める)」

と、やはりあくまでどこかシオタレた調子で、しかし不思議な哀愁漂う明るさ(?)で
しゃべり続けていた。
でも、女の子のほうはコキザミ系が出ると、瞬間的に日本語がわからなくなるよう
なのであった。

最後まで見届けられずに、お腹一杯なだけで店を出たのは、ちょっと残念な気もするが
あのまま聞いていても進展はなさそう・・・というのが夫婦の一致した見解でもあった。

あ〜、喰った喰った。


ランキングバナー人気blogランキングへ
ところで、ここのトイレの内装は・・・一見の価値あり、かも知れない・・・。


仙草ゼリー。飲みすぎ食べすぎの後によいそうな。

薬膳レシピ―マダム・ヤンが女性のからだを考えてつくった


arima0831 at 00:04|PermalinkComments(13)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック